FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

富士山は遠く・・・

2009/07/26 23:01 ジャンル: Category:富士山&周辺の山歩き
TB(0) | CM(6) [Edit]

  ここ数日、夜中はずっと雨、昼には曇ったりちょっと晴れ間も見えたり、また降ったり・・・・・
             同じようなパターンの日が続いていた。

       相方の元職場仲間6人が長野から富士登山にやって来たのは24日金曜日。
4時過ぎに 「ふもとっぱら」 で落ちあい、雨の中をとりあえず「白糸の滝」「田貫湖」の見学。
   雨が降り水量も多く、「音止の滝」も「白糸の滝」もナント迫力のある事・・・・・ えぇ

      200907241652000_01.jpg     200907241657000_01.jpg    200907241701000_01.jpg
       音止の滝          白糸の滝        ??クリックすると見えます

    まだ雨は降ったり止んだり。 田貫湖へ移動し、湖を眺めながら想像力をフル回転!
              ほんとは正面に富士山が ド~ン!の筈・・・・・sn 

    DSCN2740_01.jpg    DSCN2749_01.jpg    DSCN2742_01.jpg
     湖畔の木道にて        富士山は雲の中        豪華なヤマユリ

      夜はバーベキューに舌鼓。 朝霧牛はとってもジューシーでした。
 飲んで、食べて・・・・・明日の相談です。 25日夜間登山をし、26日のご来光に手を合わす予定
だったのですが、まだ明日(25日)の方がマシ、と言うことで、「絶対ご来光を・・・」と言うNさんの
         悲願も空しく、「25日早朝登山」 に決定し、床につきました。jumee☆faceA82

    DSCN2763_01.jpg    DSCN2764_01.jpg    DSCN2772_01.jpg
     焼けた焼けた・・・         富士宮やきそばも・・・     酸素着装練習? 

          一晩中降り続いた雨もやっと小降りになり、出発です!
 先日の落石事故で駐車不可となっていた500台分も可能となり、ヤレヤレ・・・と思っていましたが、
それでも1,5キロ下方からの登りです。道端にはクルマユリ・タイツリオウギ・ミヤマオトコヨモギ・
      ミヤマシャジン・キソチドリ・ホタルブクロなどが迎えてくれましたが霧の中です。

 登山口で 「今日は7合目から上は雨と強風です。事故も起こっています。リーダーの指示に従って
危険と感じたら勇気ある撤退をして下さい。電池の消耗を防ぐ為、携帯の電源もきっておいて下さい」
      と案内を受けた後、出発した。6合目まで来ると雨脚が強くなってきた。
  そこから50分ほどで新7合目に到着。雨のやむ気配はなし、風も段々強くなってきた。
 5時頃出発した人が8合目まで登り「半端な風じゃないです!」 という。このまま風雨の中
     元祖7合目、8合目を目指すより、次に期待しようと、下山することに決めた。

     DSCN2780_01.jpg    DSCN2790_01.jpg     DSCN2793_01.jpg

 グショグショになった体を 「天母の湯」(あんものゆ) で温め、すぐ近くの 「奇石博物館」見学
をした。 みんな初めてとの事で、曲がる「コンニャク石」音の出る「サヌカイト」文字の浮き上がる
    「テレビ石」などに 「オ~!」と感激。 優しいお姉さんの解説を聞いて納得?!
たっぷり1時間以上館内を楽しみました。度々展示替えも行っており、私のお気に入りスポットです!

    DSCN2809_01.jpg    DSCN2813_01.jpg    DSCN2820_01.jpg
     テレビ石の解説風景     入口ホールの展示     新展示「デザ in stone」コーナー

 いつも天気を見計らっての富士登山ばかりなので、今回初めての悪天での登りでした。
     せっかく出掛けたのにネ!・・・・・今度は富士山のご機嫌のいい日にリベンジですね!

                   とにもかくにお疲れさまでした!
 



No title
本当に今年は天候不順ですね。
これが恒常化したら大変ですが。

まあ、 途中で下る判断の方が、勇気が要ると思いますが、正解でしたね。 富士山の山頂付近の風は半端でなかったと思います。
[ 2009/07/27 14:22 ] [ 編集 ]
No title
今年の富士山は天候不順で大変です。記事の中のヤマユリですが沢山の花がつき、茎が平たく成長する「帯化現象」です。ユリ科やマメ科キク科、サクラソウ科、ヤナギ科などに発生しやすいのですが、最近では農家や家庭菜園のナス、キュウリ、トウモロコシなどにも発生しています。原因は成長点(植物の頂端分裂細胞)が何らかの原因で異常を起こし並列に分裂する事で1本の茎が数本並んで合着した状態で成長するための起る現象です。私はこの現象が近年頻繁に起る事に注目して調査を進めています。現在のところ電磁波による影響が最も有力な原因の様です。この様な現象を見かけたら是非ご紹介下さい。
[ 2009/07/28 00:49 ] [ 編集 ]
Re: No title
         サモアッチさま

 意気揚々と長野から参加の6名に頂上を踏ませてあげられなくてとても残念です。
太郎山・飯縄山など富士登山のために準備をされて来たのに・・・・・
でもまあ富士山は待っていてくれますので、今度は笑顔の富士山に会いに来てくれる事でしょう。

 私も今年初の富士山に早く行きたいです。
[ 2009/07/28 02:00 ] [ 編集 ]
Re: No title
            長敬さま

 私のいい加減ブログに目を通して戴いていたのですね。嬉しいような恥かしいような・・・
ちょっと気が引き締まります。間違いに気が付きましたら教えて下さいね。

 ご指摘の花つきの多い植物は「豪華!」の一言で片づけていましたが。やはり通常ではないという事
ですね。知人がタカサゴユリでも茎の平らな花つきの多いものを見た、と話されていました。
色々な科に及んでいる事、その原因が電磁波によるかも知れないとのお話、驚きです。
私もせめてもう少し踏み込んで、「何でだろう?不思議だな?」と考える位の探究心だけは
持ちたいものです。また色々な事教えて下さいね。

 ご活躍をお祈りいたします、ありがとうございました。

[ 2009/07/28 02:16 ] [ 編集 ]
No title
勇気ある撤退をご一緒させていただいた
一番の若手男性です。
富士山のご機嫌は悪かったものの、色々と案内して頂き
とても楽しいひと時を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。
また、近いうちにリベンジに行きます。
相方、そして富士山にもよろしくお伝えください。
では。








[ 2009/08/05 21:03 ] [ 編集 ]
Re: No title
> 勇気ある撤退をご一緒させていただいた 一番の若手男性です。
  →コメント有難うございます。ほんとに残念でした。 お疲れ後の運転大変だったでしょう?
   でもでも・・ 「またいらっしゃい!」という事ですね。
  
> 富士山のご機嫌は悪かったものの、色々と案内して頂き
> とても楽しいひと時を過ごすことができました。
  →良かったです。他にもご案内したい所もあります。皆さまで是非お出かけ下さいね。

> また、近いうちにリベンジに行きます。
  →はい、是非とも!!

> 相方、そして富士山にもよろしくお伝えください。
  →富士山にもお願いしておきます。相方も秋田駒・早池峰に「これがいっぱいいっぱいだ」と
   言いながらもどうにか歩いてきました。         では次回・・・
[ 2009/08/06 21:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム