FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

楽しみな・・・秋田駒ケ岳 (前半)

2009/08/21 05:00 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(2) [Edit]

                    8月3日の記録です・・・・・ 笑

早池峰山から予約した最後の一部屋 「乳頭温泉 鶴の湯別館」 は期待通りの素敵な宿でした。
食事も美味しく、温泉も、周りの雰囲気も・・・もっとゆっくりと時間を掛けて楽しめれば良かったなあ・・
  本館には大きな露天風呂があり、車で出掛けました。(送迎もあり) いいお湯です! ほっ

    DSCN3327_01.jpg    DSCN3333_01.jpg    DSCN3313_01.jpg
         別館                 本館       貸切風呂(あいていれば入れます)

     *********************************

       昨夜からの雨、今日は雨具をつけての歩きかあ・・・・・ と覚悟を決める。
 お結び弁当を作って貰い、少し遅めの出発。 この時期は 「アルパこまくさ」前からバスで
           一気に8合目まで移動。  楽チン登山の始まり~・・・

 案内看板で確認し、登山道に入る。 さっそくウゴアザミやヤマハハコ・モミジカラマツのお迎えだ。
   モウセンゴケはもうすぐ白いお花が咲きそう・・・ 初めてのトウゲブキも顔を見せてくれた。


   DSCN3338_01.jpg   DSCN3348_01.jpg   DSCN3354_01.jpg   DSCN3360_01.jpg
      案内看板         オニアザミ        モウセンゴケ      ハクサンチドリ

    なだらかな優しい登りに気を良くしていると、道の両側は見事なまでのお花畑!
 霧の中なのでより幻想的に見せてくれる。 先客たちの中にはもう下山している人達もいた。
   「どうでしたか?」「池も真っ白で何も見えませんでした・・」 と少々がっかりの様子。

    DSCN3377_01.jpg    DSCN3382_01.jpg    DSCN3379_01.jpg
       トウゲブキ             道の上も・・・        下もお花畑

 足元に赤く熟れたイチゴ、「これがノウゴウイチゴか」と口に含む。モリイチゴと同じくらいい味だ・・・
   おじいさんのクシャクシャ顔に見えるセリ科の仲間は何でしょう?開くとこんなに豪華!
               セリ科はいまが一番いい時期のようです!

    DSCN3385_01.jpg    DSCN3387_01.jpg    DSCN3388_01.jpg
       ノウゴウイチゴ          セリ科?蕾           開花中

 片倉岳を過ぎて角度を変えて、阿弥陀池に向かいます。 この辺りもずっとず~~~っとお花畑。
        昨日、早池峰でご当地自慢をされていたのも頷けます。 クラッカー

 ハクサンシャジン・オヤマソバ・ミヤマリンドウ・イワオトギリ?・・・、池付近まで来るとキンコウカ・
イワショウブ?・ヨツバシオガマ・セリ科の仲間・・・まあよくもこんなに・・・と思えるほどの賑やかさ!
雨も上がり、時折陽も射し始めました。 避難小屋で昼食を済ませ、相方は最高峰の「男女岳」へ。
       私は横岳から大焼砂、さらにその下方に続く遊歩道を目指す事にしました。

   DSCN3434_01.jpg   DSCN3432_01.jpg   DSCN3410_01.jpg   DSCN3420_01.jpg
       キンコウカ       イワショウブ?    シロバナトウウチソウ   霧の中の遊歩道

避難小屋を挟み、阿弥陀池の反対斜面にはチングルマでしょうか?白い花が一面に広がっています
ルビーのような赤い実は「ベニバナイチゴ」、横岳への尾根に出ると、ガスも消え、池とその向こうには
          1637mの男女岳(おなめだけ)が展望できます。
   
    DSCN3441_01.jpg    DSCN3453_01.jpg    DSCN3448_01.jpg
   白い点々はチングルマかな?   ベニバナイチゴ       阿弥陀池を望む

                   長くなったのでちょっとひと休み。 ダッシュ

                         後半へ・・・
   

No title
 早池峰、秋田駒と花の名山をすっかり楽しまれたようで何よりです。 エーデルワイスに最も近いといわれるハヤチネウスユキソウ、それにハクサンシャジンの群落も素晴らしい。

 たった一軒だけの宿場のような鶴の湯(本館)の乳白色の露天風呂も風情がありますよね。
私も10年ほど前の晩夏、テレビもないこの宿に連泊、往く夏を楽しんだことを思い出しました。
 続きを楽しみに待っております。
[ 2009/08/21 11:26 ] [ 編集 ]
No title
                        我歩人さま

              こんにちは!
 今回はセリ科の仲間とハクサンシャジン・トウゲブキに明け暮れたような気がします。
色んなお花にも出会いましたが、まともな写真が無いのに愕然としました。(いつもの事ですが・・・)

 鶴の湯の雰囲気はとてもいいですね。 露天も広く、乳白色で・・・・・
浸かった時間帯はたったひとり。 ノ~ンビリ出来ました
相方が以前宿泊したと言うのでお願いしました。 
別館はちょっと「法師温泉 長寿館」のような雰囲気がありましたよ。

[ 2009/08/21 16:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

ブログ内検索
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム