FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

麻機遊水地の観察会

2009/10/19 12:59 ジャンル: Category:植物
TB(0) | CM(6) [Edit]

  色々な用事の重なった18日・・・。 誘って戴いていた静岡の麻機遊水地を歩いてきた。
  5月に所属の観察会で案内して戴いた事もあり、その後の秋の様子を心待ちにしていた。
色々な帰化植物も多いが、こんなに街に近く、広範囲に貴重な湿地が広がっているのは驚きで
あるし、とても嬉しい事だ。 今回、特に色々な種類のタデの仲間に出会ったのには、ビックリ!えぇ
            初めて出会うもの、名前すら初めてのものもあり、はてな  汗
 また、写真で初めて気がついたヤノネグサの腺毛。 (写真上でクリックし大きな画像で見られます)

    DSCN7313_01.jpg    DSCN7333_01.jpg    DSCN7334_01.jpg
      今朝の富士山           ヤノネグサ1            ヤノネグサ2

 地元の会の方とご一緒させて戴いたのですが、事前に案内板が取り付けられ観察した後は、回収
    されていました。お陰さまで少し遅れても見所をちゃんと確認する事が出来ました。
ナガバノウナギツカミも初めての出会いです。 ミゾソバは良く目にしますが、優しいピンクのお花が
    一面に広がっている姿には思わず 「うわ~、いいなあ・・・」 と声が出てしまいます。

     DSCN7336_01.jpg    DSCN7315_01.jpg     DSCN7340_01.jpg
    ナガバノウナギツカミ        ミゾソバ1          ミゾソバ2

 「アレ、これは何だろう?」 ママコノシリヌグイのように棘はびっしり付いているが、葉っぱが違うし、
 お花も白っぽいし・・・ 先生に伺うと・・・「サデクサ」との事。名前を聞くのも初めてです。 くり抜きハート1
      「サデ」 とは「さする」 という意味だそうです。チクチクと痛そう・・・ビクッ


    DSCN7407_01.jpg    DSCN7349_01.jpg    DSCN7354_01.jpg
       サデクサ           ヤナギタデ            ヌカボタデ

   「アカマンマ」と呼ばれ、おままごとにも使われた「イヌタデ」の濃いピンクも鮮やかです。
    ここにもありました、初めて出会ったお花 「ヤナギヌカボ」と「ウスゲチョウジタデ」
        食用になるヤナギタデに似て辛く無いボントクタデもあります。

    DSCN7397_01.jpg    DSCN7463_01.jpg    DSCN7462_01.jpg
       イヌタデ            ヤナギヌカボ          ウスゲチョウジタデ

  こ~んなにあった「タデ科の仲間」、サクラタデのお花は特に優しい感じなので大好きです。
      イシミカワも痛そうだけど、色の変化がある実がなかなか素敵です。 
   「タデ」と名前がつきながら、ウスゲチョウジタデは「アカバナ科」だそうですが・・・・・

    DSCN7401_01.jpg    DSCN7414_01.jpg    DSCN7417_01.jpg
       イシミカワ           サクラタデ1          サクラタデ2

        第3工区を歩いたのですが、タデの仲間ばかりではありません。
咲き残っていたホソバニガナ、貴重種ながら多く残っている「タコノアシ」、「イグサ」や「イネ科」
      「カヤツリグサ科」の仲間・・・色々な植物が見られます。 

     DSCN7345_01.jpg     DSCN7372_01.jpg     DSCN7461_01.jpg
      ホソバニガナ           タコノアシ         ホソバヒメミソハギ      

    DSCN7357_01.jpg    DSCN7381_01.jpg    DSCN7430_01.jpg
       オギノツメ           ビロードエノキグサ       ケイヌビエ 

  20数名の参加があったでしょうか・・・いつものようによそ見が多く、段々遅れてしまいますが、
青空の元、最高の気分で歩けます。 風に揺れる「ヨシ」が銀色に輝き、思わずカメラを向けました。

    DSCN7403_01.jpg    DSCN7394_01.jpg    DSCN7400_01.jpg
        案内板            最後の方を・・・          ヨシ   

   もっと嬉しかったのは・・・・・以前から見たいと思っていたカヤネズミの住処を見つけた事。 
 何方かが最初に見つけたのは、ヨシに作っている巣、私の身長より少し高い位置にありました。
そっと手繰り寄せて見ると・・・「あれ?入口が無い?」 生き物に詳しいKさんを追っかけて聞いて
   みると、小さな穴から出入りし、出る時は入口を塞いで外出?するそうです。 へ~・・・
次に見つけたのは・・・40~50㎝の高さにカサスゲを使って巣を作っていました。 チビの私が見つけ
やすい位置です。 カヤネズミの重さは5円玉位、葉っぱを割いて上手に空中に営巣することなど
                   興味深い話をいっぱい伺いました。   

    DSCN7439_01.jpg    DSCN7469_01.jpg    DSCN7470_01.jpg
   高い位置のカヤネズミの巣   カサスゲを使って1    カサスゲを使って2

               今度は浮島で見つけたいなあ・・・・・

     色々な方にお世話になりました。とっても楽しかったです。ありがとうございました!照れ笑い 
 
  

No title
またしても、知らない名前の植物ばかし。
有る所には有るのですね!

カヤネズミの巣を見つけるなんてすごいですが、カヤネズミそのものから知りません。 少し勉強しなきゃいけませんね。 ハイ。
[ 2009/10/20 00:21 ] [ 編集 ]
色々ありますね
お早うございます。
一人で行ったら、知っている植物の名前を付けてしまいそうなくらい似たものがありますね。イシミカワという植物の実は、我が家の畑に生えているママコノシリヌグイにそっくりです。図鑑だけでは良く分かりません。やっぱり実物を見ないとダメですね。
[ 2009/10/20 07:58 ] [ 編集 ]
No title
          サモアッチさま

 良く似た植物があるものですね。ここはもう少しすると草紅葉がいいようです。
自然のままに残しておこうという言う方達の運動のお陰でまだこういう状態に保たれているのですね。
それでも周辺の開発は進んでいますが・・・

 カヤネズミには会いたいですねえ・・・
[ 2009/10/20 17:57 ] [ 編集 ]
No title
         やまぶどうさま

 イシミカワとママコノシリヌグイ、似ていますよねえ。
ママコの方が葉っぱの先が少し尖り気味でしょうか?イシミカワはこの実しか記憶にありませんでしたが、お花は小さくて薄いクリーム色だそうです。今度気をつけて見てみます。 
[ 2009/10/20 18:05 ] [ 編集 ]
カヤネズミの巣がありましたか
見つけられてよかったですねー。
自分も大学時代に見たっきりなので、うらやましい。
あ、全国カヤネズミ・ネットワーク(http://kayanet-japan.com/)で、営巣情報を集めていますので、もしお時間があったら報告してあげtください。

浮島ヶ原自然公園の西側に広がるオギの草原にカヤネズミが来てくれたらなぁと思っていますが…。
富士宮で営巣報告があるので、富士にもいると思うんですけどねぇ。
[ 2009/10/24 22:52 ] [ 編集 ]
No title
         NOZOさま

 カヤネズミの巣が遊歩道沿いに3つもあり、驚きと嬉しさでいっぱいでした。
「今度は浮島で!」 と思いながら麻機をあとにしましたよ。
         探しましょ、探しましょ・・・・・

      巣の主にもお会いしたいものです。

カヤネットの事はここの主?Kさんにも教わりました。 浮島から発信できるといいですねえ。
[ 2009/11/01 03:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム