お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

噴火するハワイ島へ その1

       先週、予てから計画中だったキラウェア火山を訪ねて来た。
総勢19名での出発。 機内からブロッケン現象を確認する事が出来、幸先のよさを感じた。
        このブロッケンは徐々に大きくなりパッと目の前から消えた。
ホノルル空港からヒロ空港への国内線に乗り換え、古いヒロの街・キングカメハメハ像・虹の滝・
            ナニマウガーデンを見学し、ヒロにて宿泊。
        ハワイ島の広さは四国の半分、岐阜県とほぼ同じという。

    2009_1024_024251-STA_2145_01.jpg    2009_1024_092740-IMG_2154_01.jpg   2009_1025_024131-IMG_2164_01.jpg
       ブロッケン?          虹の滝         ホテルからマウナケア(4205m)を

               翌日は・・・いよいよキラウェア火山だ!ファイト
 まずはボルケーノ・ビジターセンターでキラウェアの予備学習? 駐車場からは広い丘のような
   盾状火山のマウナロアが横たわっているが、どうみても4000mを越える山には見えない。
  余りに広すぎる山体ゆえなのだろう。体積比で富士山の30倍以上と言うから驚きだ! えぇ

    2009_1025_041730-IMG_2167_01.jpg    2009_1026_030906-IMG_2199_01.jpg    2009_1025_052836-IMG_2172_01_20091103045252.jpg
     キラウェアの地図         マウナロア         プウ・フルフル途中

 プウフルフル噴石丘を目指し、溶岩台地を歩く。 往復1時間ほどと言うが、何しろ溶岩を見たくて
      出掛けたメンバー故、あっちこっちと興味いっぱいで時間通りには行かない。
溶岩樹形がアチコチでぽっかりと穴をあけ、遊歩道沿いにはアア溶岩がすぐ手前まで押し寄せている
いつの間にかいつものように最後尾・・・ 展望台に着くとマウナウルが目の前に。振り向くと
            マウナロアが広い裾野をどこまでも広げていた。

    2009_1025_052836-IMG_2172_01_20091103045252.jpg    2009_1025_062534-IMG_2178_01_20091103051348.jpg    2009_1025_060507-IMG_2176_01_20091103045252.jpg
   こんな中にも溶岩樹形    遊歩道まで迫るアア溶岩      前方にマウナロア

  ケアラコモ展望台で海を一望し、チェーン・オブ・クレーターロードを一気に海まで下って行く。 
                頂上からの標高差1200m余りだ。
車で行ける最終地で下車し、お弁当を食べる。 海辺に近寄りホーレイ・シー・アーチを覗き込む。
             海の色も波も溶岩の作った自然美も豪快だ!

    2009_1025_065047-IMG_2179_01.jpg    2009_1025_071747-IMG_2181_01_20091103045251.jpg    2009_1025_075749-IMG_2183_01_20091103051347.jpg
    ケアラコモ展望台より     ホーレイ・シー・アーチ      溶岩に埋まる道路 

 お昼を終え、黄色いジャケットを羽織りゲートを抜けて、プウ・オウ・オウから流れ出た溶岩が今も
  海に注ぐと言う場所に向かう。 途中から噴煙が上がっている様子が目に入るがずっと遠い。

道路を覆った溶岩を越えると新鮮な溶岩が色々な模様を作っていた。縄状溶岩は至る所で見られ、
それが競り上がっているもの、流れの想像がつかないようなものまで・・・興味の尽きる事はない。

   新鮮な溶岩はガラス質でパリパリと音がして割れる。誰かが手に刺さったと話していた。

    2009_1025_082105-IMG_2186_01.jpg    2009_1025_091627-IMG_2187_01.jpg    2009_1025_094317-IMG_2189_01.jpg
     パホイホイ溶岩           原住民の絵        黒い方が新しい溶岩

 溶岩の流れる傍まで行きたかったが、時間の関係で叶わない。 うるうる
 遠くの噴煙に別れを告げ、帰り道 「プウロア・ペトログリフ」で岩に彫られた絵を見る為、再度
           溶岩歩き。 地学から歴史へと目を向けた。 

 今日の日程はこれで終了だ。先程下った道を登り返し、今夜の宿 「ボルケーノハウス」へ向かう。
120年余り、暖炉が燃えているという宿で、部屋からもキラウェアの火口・噴煙が眺められる絶好の
場所だ。 まだ早いので再度ビジターセンターへ向かった。メンバーが声をかけてくれた話の流れから
    ここでレンジャーをしておられるMさん(日本人、結婚されてハワイ在住)のご厚意により
         夜のハレマウマウ火口と絶景の星空を目にする事が出来た。

    2009_1025_132613-IMG_2196_01.jpg    DSCN8299_01.jpg    DSCN8225_01.jpg
    ボルケノーハウスの暖炉   昼のハレマウマウ火口   夜のハレマウマウ火口


   それにしても・・・・・またやってしまった! 2日間撮りためた写真が数秒で消えて・・・ ねこ

      と言う事で・・・・・これまでは全て相方の写したものばかり・・・・・ありがとう

                          (その2へ)


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

流石の行動力

すごい。ついにハワイまで足を延ばしましたね。
相変わらずのすごい行動力です。
奇石博物館の仲間とのツアーでしたか?
その2、その3を楽しみにしています。

アウトライダー | URL | 2009/11/03 (Tue) 07:53 [編集]


No title

やはり、やはり、ハワイだと思っていました。

天気も良かったようでしたね。 日ごろの行い!
昨年の1月のハワイ行き、私は大雨で、山に登れなかったのですが!

飛行機からのブロッケンもお見事(ご主人の撮影ですね!)

今回はキラウェアに集中されたのですね。 

続編の花、植物、期待してまーす!

サモアッチ | URL | 2009/11/03 (Tue) 09:53 [編集]


No title

            アウトライダーさま

 はい、相方と一緒に出掛けて来ました。
もう1つの所属の会のメンバー18名+添乗員さんでした。

 博物館のKさんには数年前に行かれた時のフィールドノートをコピーして戴いたり、
アドバイスを戴き助かりました。ただ、上手く活かしきれなかったのが残念でしたが・・・
前半の写真は消してしまうし、書きとめたノートは見当たらず・・・ハ~ッ・・・!

キレンゲショウマ | URL | 2009/11/03 (Tue) 17:16 [編集]


No title

            サモアッチさま

 夜に雨が少し降ったものの、昼間は晴れ続きの日々で、万々歳でした!
でもマウナケア・マウナロア・イキ火口歩き・熱い溶岩歩きが宿題です。
また行く機会があれば訪ねてみたいです。

 天気には勝てませんものね。 サモアッチさんならホイホイっと登ってしまうでしょうに・・・

 お花は・・・初日にいっぱい撮ったものが消えてしまい・・・
アップしようとは思いますが、まともなものはありません。
みんな大きく、華やかな花ばかりなので、地味好みの私には「ちょっときついなあ・・」
それ以降あまり写しませんでしたから・・・・・でもみんな綺麗でしたよ!

キレンゲショウマ | URL | 2009/11/03 (Tue) 17:35 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)