噴火するハワイ島 その2

            ハワイ島最終日の夜明けは、霧の中だった。
昨夜お世話になったMさんが8時から1時間ほど周辺を案内して下さると言うのに先立ち、旅慣れた
M代さんが 「いい散策場所を見つけたのよ!」という誘いに乗って明るくなるのを待って出掛けた。
   周遊道沿いに設けられた遊歩道で、周りにはアチコチから蒸気が上がっている。
    大型ゼンマイ・ジンジャー・ランなどが茂るジャングルをゆったりと散策をした。

     DSCN8253_01.jpg     DSCN8241_01.jpg     DSCN8246_01.jpg
       ジャングル        ジンジャーの仲間           ランの仲間

 朝食後、8時になり約束通りMさんが到着する頃にはガスもとれてきた。 ハウス裏の火口を眺め、
話を聞いて出発! もしかしたら同じコース?とちょっと心配だったが、別コースだったのでラッキー!
    神聖なフラの場所やサルファーバンクスなどをたくさんのお話を交え、案内して戴いた。

    DSCN8264_01.jpg    DSCN8269_01.jpg    DSCN8274_01.jpg
     ボルケノーハウス      散策出発前、左が火口        (新婚?の)Mさん

「ペレーの毛が見たいのだけど・・・」と言うと、場所を教えてくれ、見学ポイントに組み入れて貰った。
            これらは予定外の、飛び上るほど嬉しい出来事だった


    DSCN8276_01.jpg    DSCN8284_01.jpg    DSCN8292_01.jpg
       フラの場所        サルファーバンクス         硫黄の結晶

 9時半になり、昨夜火口を眺めたジャガーミュージアムへ向かった。庭に立ち、昼間の火口を眺め、
   モクモクと湧く噴煙に生きている火山を実感した。 館内でも色々な展示があり興味深い。  

   DSCN8320_01.jpg    DSCN8338_01.jpg    DSCN8344_01.jpg
 広がる溶岩原とハレマウマウ火口    ペレーの涙        溶岩中のペリドット

 見学を終え、ペレーの毛が見られる場所に移動。 少しの時間だったが確認できたのでGOOD
蒸気の噴気孔のスポットへ寄り、「大型車が通ると蒸気がよく出る」ガイドさんの声にみんなで
    「せーので!」とジャンプ。 ウソのようだが、ホントにモクモクと上がって来た。

    DSCN8356_01.jpg    DSCN8357_01.jpg    DSCN8359_01.jpg
     ペレーの毛1      ペレーの毛2(見えるかな?)        噴気孔

        次に対岸?のキラウェア「イキ展望台」からの眺めです。
1959年に大きな噴火があり、火柱はナント570mも上がったそうです。 火口底に下りるトレールも
     ついていて下りてみたくなりましたが、団体行動ですので諦めます。 うるうる
数名の方が歩いている様子が目に入ります。 その奥にはプウ・プ・アイという噴石丘が聳えて
          います。今もアチコチで蒸気が上がっているようです。
    さらに右手奥からは先程眺めたハレマウマウ火口の噴煙が見えています。

    DSCN8365_01.jpg    DSCN8366_01.jpg    DSCN8367_01.jpg
      イキ展望台の案内        イキの火口           火口壁
 
 そこから僅かの移動でサーストン・ラバー・チューブの見学です。大きな溶岩洞穴なのですが、
内部はオレンジの灯りがともり歩きやすいです。私はいつものように最後尾です。野鳥好きなOさんは
鳥を眺めていて遅くなったようで、私の少し前を歩いていました。出口まで来てふと気がつくと洞穴は
      さらに続いていました。でもこちらは真っ暗です。 皆に追いつくべく急ぎます。汗

      DSCN8370_01.jpg     DSCN8383_01.jpg     DSCN8377_01.jpg
    ラバー・チューブ案内板         内部             周囲の密林 

        今日の地学ポイントの最終地はプナルウ黒砂海岸です。
キラウェアから南西方向になります。名前の通り、真黒い砂浜で日本で見る海岸とは様子が違います
真黒な砂を手に取り観察するとたくさんの黄緑のカケラが見えます。 ペリドット(カンラン石)です。
            光にあたるとキラキラしてとても綺麗です。

      何やら賑やかなので近づいてみるとウミガメが上陸していました。
  (車中ではくれぐれもウミガメに触れないように、近づかないようにとの注意がありました。)

    DSCN8396_01.jpg   DSCN8408_01.jpg   DSCN8403_01.jpg
        黒砂海岸       ペリドット混じりの砂         ウミガメ


        さ~て、名残惜しいハワイ島ともお別れで、今夜はホノルルです。 

           あと1泊して、間近に流れる溶岩が見たかったなあ・・・・・            

    

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

浅学なのもで、ベレーが分かりません。

教えて下さい。

教えてください

誠に申し訳ありませんが、全く知識が無いので、いろいろ教えてください。
1.ペリドット 2.ペレーの涙 3.ペレーの毛
ウキペディアで調べれば分かるのでしょうが、よろしくお願いします。

No title

 さすが!二部に分かれてのハワイ島のレポート、楽しませていただきましたよ。(*^_^*)

No title

          サモアッチさま・アウトライダーさま

 不親切な文章で申し訳ありませんでした。
ペレーはハワイの火の女神だそうです。さしずめ富士山のコノハナサクヤヒメといった所
でしょうか?・・・
ペレーの毛もペレーの涙も火山からの噴出物です。形態から名前がつけられたのでしょうね。
ハワイのような流れやすい溶岩で見られるようですよ。これ以上はお手上げです~。

 

No title

         フジアザミさま

 天候にも人にも恵まれて、とても楽しかったですね。
お花も・・・と思うのですが、名前もわからず、写真もイマイチで・・・・・
ボチボチ続きも・・・と思っています。
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる