お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

「ぼうぜ」の姿寿司

2009/12/05 23:12 ジャンル: Category:野草料理&料理
TB(0) | CM(4) [Edit]

  田舎からの帰り購入し食べた、懐かしい 「ぼうぜの姿寿司」。 帰宅してからもずっと頭の中に
         あった。(また食べたいなあ、家人にも食べさせたいなあ・・・) と。

        ネットで調べ、送ってくれる業者さんを見つけ注文するとさっそく届いた。
 田舎では「ぼうぜ」と呼んでいるが、「エボダイ」の事らしい。私はこの干物が好きで、「ぼうぜ」
     に似ているなあ・・・と思いつつ食べていた。 でも調べる事はしなかった。

           作り方を母に聞くには遅い。 もう寝てしまっているだろう・・・。
 届いた20匹のぼうぜ、背開きをするのだが80~100gの魚を扱うのは厄介だ。でもそれをしなければ
  食べられない。 jumee☆faceA110 少々時間を掛けてやっと綺麗になった。その後塩水に浸し、柚酢で〆る。
                     続きの作業は翌日だ。
 

    DSCN9524_01.jpg    DSCN9526_01.jpg    DSCN9529_01.jpg
    届いたぼうぜ20匹        開いて塩水へ          柚子液に漬け込む

         小さい頃、田舎では秋祭りの定番がこの「ぼうぜの姿寿司」だった。
     92歳で他界した祖母の得意料理だ。 その頃は、それ程好きだったわけではない。
    それから年を重ね・・・ いつの間にか柚子の効いたこの味を好むようになっていた。
   柚子味の酢飯を詰め、柚の皮を削りお腹に「ぺタ」、これに少し押しをして出来あがり。        

    DSCN9530_01.jpg    DSCN9533_01.jpg    DSCN9535_01.jpg
       〆た魚             出来あがり           中骨は唐揚に

   さて、味の方はどうかと言うと・・・ 「う~ん、違うなあ・・柚子の香りはいいけれど・・」 jumee☆faceA138

         塩が強すぎで、酢飯もちょっと濃くて・・・ 修行がいりますわ・・・

       まあ作れただけで満足! 作り方、今度ちゃんと聞いておかなくては・・・


姿寿司
私もエボダイの干物が大好きです。
干物にするものより姿寿司には、少し小さめのサイズを使うのでしょうか。
名前の通り、頭も付いたままですので、頭から食べるのですね。
私はアジの干物も頭から尻尾まで全て食べています。
そのうち一度、ご相伴に預かりたいです。
[ 2009/12/06 07:43 ] [ 編集 ]
No Title
エボダイ、ご使用のは、何処で獲れたものでしょうか?
姿寿司の仕上がり、芸術的、美味しそうです!
[ 2009/12/06 13:17 ] [ 編集 ]
No Title
        アウトライダーさま

 仰る通り、少し小さめの魚を使います。
田舎へは昔、魚屋さんが車で売りに来ていました。
今回の失敗でちょっと次への気持ちは薄れていたのですが、
また挑戦してみます。その時は・・・毒味などを。
[ 2009/12/06 19:09 ] [ 編集 ]
No Title
         サモアッチさま

 魚は徳島の業者さんから送って戴きました。
伝統料理をにわか作りではちょっと・・・(単なる料理下手)
でも柚子の香りはいいものです。
[ 2009/12/06 19:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム