お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

山麓をフラリフラリ・・・

    9日、暫く山歩きもしていない。 「ちょっと歩いて来よう!」・・・と相方と出掛けた。
      「そうだ!ついでに松ぼっくりやカシワのドングリ拾いも・・・ ぷぷ 」 とは私の胸の内。

  朝霧の道の駅では、何だか素敵な雲が・・・・・ 「これってもしかして 笠雲とつるし雲 ?」
        反対方向に目を移すと、少し雪の残った毛無山も見えています。
 本栖湖辺りまで来ると、雪を抱いた北岳・間ノ岳・農鳥岳がうっすらと姿を見せてくれました。

    DSCN9683_01.jpg    DSCN9684_01.jpg    DSCN9687_01.jpg
    つるし雲のある富士山        毛無山            農鳥岳・間ノ岳・北岳

    まずは、先月見つけておいたツガとヒマラヤスギの松ぼっくり・・・ どうかなあ?
 残念ながら、まだ早かったようでしっかりと木にくっついています。 ヒマラヤスギという名前ですが、
これは松の仲間で、先端部がまとまって落ちた姿は、まるでバラの花! とても可愛いのですが・・・
  足元にはたくさんの雄花が落ちていました。 年が明けてからまた出掛ける事にしましょう!


    DSCN9688_01.jpg    DSCN9689_01.jpg    DSCN9710_01.jpg
        ツガ             ヒマラヤスギ        ヒマラヤスギの松ぼっくり

         おっ、たくさんあります。・・・ 松ぼっくりを戴きました。
    これは何でしょう? 面白い種です。 にこ 毛のようなものは種を守っているのかな?
 最後に・・・なかなか実を付けているのを見る事のないカシワの木。 どうやらちょっと遅かったようです。
      殻斗はいっぱい見つかりましたが、ドングリはホンの少し・・・ 

    DSCN9705_01.jpg    DSCN9706_01.jpg    DSCN9697_01.jpg
           ?             ?の種         カシワの殻斗

     最後に楽しみにしていたのは、「ツメレンゲ」 にこ  こちらも花期は過ぎていましたが、
 3年ぶりに出会えました。 その尾根に立っていると、真っ赤な顔が下からヒョッコリ!お猿さんです!
   目が合うとビックリして逃げてしまいましたが、かなりの頭数いるようで、暫く賑やかでした。
  ハナミズキの真っ赤な実と来年の花芽を確認し、ひとっぱしり~、「ゆらり」の温泉で温まります。

            DSCN9696_01.jpg        DSCN9700_01.jpg
             ツメレンゲ           ハナミズキの実と花芽?

    

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No Title

幻想的な雲の富士山、素敵です。
ツメレンゲ、どんな花でしょうか?
マツボックリ、色んな種類で、これも楽しそうですね!

サモアッチ | URL | 2009/12/11 (Fri) 21:36 [編集]


No Title

           サモアッチさま

よく観察していると、もっと色々な雲を目にする事が出来るのでしょうね。
暫くこのままの姿を見せてくれていました。

ツメレンゲはキリンソウの仲間で、岩場のカラカラの所で健気に生きていました。
穂状?に小さな白いお花をいっぱい付けます。
お花の少ない季節(11月)に咲いているので、出会うととても嬉しいです。

松ぼっくりにも色々ありますねえ~。 また拾いに行かなければ・・・

キレンゲショウマ | URL | 2009/12/12 (Sat) 00:32 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)