今年最後の山歩き(越前岳)

  寒いながらも天候は安定している。 お昼近くになって・・・今年最後の山へ出掛けた。
     休日だから人が多いかも?・・・とちょっと心配しつつ、須山へ向かった。
相方が送迎してくれると言うので、山神社~黒岳~越前岳~十里木のコースをとる事が出来た。
山神社の駐車場まで来ると・・・マイクロバス&乗用車7台ほどの先客があった。 kao05 

(ヤッパリね・・・) 「まあいいや、ノンビリ行こう・・」と歩き始める。11時35分の出発だ。

    DSCN0089_01.jpg    DSCN0091_01.jpg    DSCN0093_01.jpg
        登山口             コースタイム          杉の木オブジェ?

   最近はここから割石峠へ抜けるコースを歩く事が多いので、このコースは数年ぶりの事。
  暫くの間は杉林が続き、葉の落ちた広葉樹の林を抜けて暫く行くと愛鷹山荘が見えてくる。
        あとひと登りで富士見峠だ。 ここから1086mの黒岳を往復する。

 冬は沖縄で過ごされているMさんご夫婦・現在富山在住のKさん・所属の会の先輩Iさん・
   M代さんと6人で、黒岳頂上で雪遊びをしたのが懐かしく思い出された。 スッキリーィ

 頂上近くまで来ると、30人位の団体さんの姿があった。 今から越前岳へ向かうと言う。
     じゃあ一足お先に・・・と富士山を眺めてすぐに出発した。 
          お昼は、あの鋸岳の雄姿を眺めながら・・・という思いを胸に・・・

    DSCN0096_01.jpg      DSCN0106_01.jpg  DSCN0103_01.jpg
        愛鷹山荘            富士見峠          黒岳からの富士山        

      登山道沿いはアチコチでシモバシラが伸び、足元は凍っているようだ。
 クマ除けの鈴をしまい静かに歩くと、風の音・鳥の声が良く耳に届く。コツコツと鳴らしているのは
コゲラ? やがて「鋸岳展望台」に到着した。 この時間だと鋸はシルエットしか見えないのが残念・・
        しばし休憩をしながら、鋸岳・位牌岳・前岳を楽しんだ。

    DSCN0114_01.jpg    DSCN0117_01_20091224114133.jpg    DSCN0128_01.jpg    
      シモバシラ          ギザギザの鋸岳          前岳・位牌岳

      相方には3時過ぎに下山と伝えているので少し急がなきゃ・・・
アセビ・ツルシキミ?の花や赤い実を目にとめ登って行く。ヒメイワカガミのエンジ色をした小さな
葉っぱが照りを放っていた。木々の新芽も付いて・・・春に向かってみんな準備を進めているんだね。

少し気温もあがり汗ばんだ頃、「富士見台」に着いた。 ここは昭和13年発行された50銭紙幣の図案
   が撮影された場所で、岡田紅葉さんもよくこの地を訪れていたとの案内板がある。

    富士山の双ツ塚や宝永山下方に掛かる雪はまるで粉砂糖を振りかけたみたい。 おいしい

    DSCN0121_01.jpg    DSCN0148_01.jpg    DSCN0140_01.jpg
  ツルシキミ?ミヤマシキミ?      ヒメイワカガミ       富士見峠からの富士山

  右手に富士山、左手に愛鷹の峰々、遠くに箱根の山並を眺めながら3時間弱で越前岳に到着。
        二人の先客がいた。 駿河湾の海が光って目にまぶしい。
    雲をかぶった富士山は見えるものの、南アルプスは・・・まあこんな時間じゃね!

    DSCN0152_01.jpg    DSCN0168_01.jpg    DSCN0169_01.jpg
        越前岳頂上       ガマズミの仲間?        アブラチャンの実

       2時45分、頂上をあとにし、ひたすら「タッタッ・・」と下ります。
  前を行く人が足音で道を譲ってくれました。 「ありがとうございます。お気をつけて・・・」

 富士山を前に見ながらの下りは快適です。(相変わらずアチコチよそ見観察しながらですが・・)
   駐車場が見えてくる頃、登山道に相方の姿がありました。41分かけて到着です。
  
 これで今年の山歩きは終わりです。 年賀状 kao04(え~っ?) ・ お正月準備、頑張らなきゃ!


 

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

 今年最後の山歩き、晴天に恵まれ楽しそうでしたね。
相方さんと二人だけとはいえ、皆さんが揃う正月を前に 年末の主婦はお忙しいことでしょう。
 私もいま年賀状と格闘しております。

 年明けの1~2月は いつも積雪量の少ない奥多摩の山ばかりで、たまには別の山域へと思うの
ですが、タイヤチェーンを付けるのが億劫でノーマルタイヤで行ける登山口を探しています。
 
「真っ白な富士を間近で眺め、その後、寸又峡温泉付近の峰へ・・・」が第一候補。
貴ブログで 御殿場から越前岳、河口湖から御坂山塊、或いは朝霧高原・毛無山か、それとも
最近レポされた海岸近くの浜石岳か などと検討しております。

No Title

お早うございます。
ヒメイワカガミの冬の姿は、初めて見ました。
同じ日に、私は十里木口の展望台まで歩き、富士山の写真を撮ってきました。
時間が無く、山頂へは登らずに返りましたが・・。
昨年の冬は、山ちゃんが登る時ご一緒させていただこうかと思っていたのですが、雪で断念しました。

こんばんわ

 山神社から黒岳、越前岳へとあなたの山行はスケールが大きいですわ。もちろん優しい相方さんのご協力があってのことですわね。
黒岳での雪遊びも思い出してくださったこと、私も目に浮かびとってもうれしかったですよ。私はこの日、沖縄へ。年賀状は半分仕上げて、あと持参。暖かかったですよー。

No Title

           我歩人さま

 こんにちは! コメントを戴きながらお返事が遅くなり申し訳ありません。
年明けの山行予定は決まりましたでしょうか?
御坂の山もいいでしょうし、海と富士山を見る山歩きもいいですね。
でも我歩人さんでしたら、どちらを歩かれてもご自分の中で楽しめる方
ですので行き先は関係ないかも知れませんね。

 素敵な山行になりますように・・・・・
また魅力的な山のご紹介を期待しております。
来年もよろしくお願い致します。

No Title

        やまぶどうさま

 同じ日に同じ場所を歩かれていたのですね。
ブログを拝見して気がつきました。
それにしても細かく観察されていますね~。
霜?の結晶には 「うわ~綺麗・・・」 と感激しました。
結晶は素敵で不思議な世界ですね。
貴重種まで見つけてしまうとは流石です。私も今度探してみます。
来年もよろしくお願い致します。

No Title

           フジアザミさま

       こんにちは!
相変わらず、寒い地・暖かい地・海の外へとお忙しくご活躍ですね。

 数年前に楽しく時間を過ごさせて戴いた時の事がほんとに
懐かしく思い出されました。もっと一人でゆっくりしたかったのですが、
あれだけ大勢いらしたのでは・・・・・

 二日の痛みに耐えて、娘に男児が生まれました。バンザ~イ!!
来年もまた楽しみです~。

 来年もどうぞよろしくお願い致します。

No title

こんばんは!
杉の木オブジェ、かっこいいですね☆
自然は不思議で、魅力的ですね。
人が作ったものは及ばない何かがある気がします。

No title

今年、最後の山行に地元の大好きなコースを選ばれたのはさすがですね。
今年も、沢山の山行き、花巡り、自然探勝のレポを有難うございました。
来年も、又、宜しくお願いします。
今日(28日)から1月2日まで、NZのケプラー・トラックを歩いてきます。

No title

          祐子さま

 祐子さん、コメントを有難うございました。
自然の造形は凄いものがありますね。芸術センスのある祐子さんですから
自然からのメッセージも、より深く感じられるのではないでしょうか?

 本年も残す所、2時間余りとなりました。
新しい年がみんなに幸せをもたらしてくれるといいですね。
今後ともよろしくお願い致します。

No title

         サモアッチさま

 こんばんは!
お正月はNZでお過ごしですか?
そちらでの素敵な写真を楽しみにしています。

 やっぱり大好きな鋸岳が見たくてこのコースを歩きました。
団体さん以外は7名ほどの方にお会いしましたが、歩いている間は
自分ひとりの歩きが出来、心地良かったです。

 新年は竜ケ岳・・・と思っていますが、なかなか寒さが厳しそうです。
相方には断られました。どうしようかなあ・・・?

 よいお年をお迎え下さいね。 来年もよろしくお願い致します。
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる