FC2ブログ

お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

中国桂林を訪ねて・・・

2010/03/30 18:10 ジャンル: Category:観光・小旅行・温泉
TB(0) | CM(8) [Edit]

 「桂林なら行ってみたいなあ・・・」と言う相方の一言で、珍しく観光ツアーに参加した。
静岡に空港なんて要らないよ・・・などと言っていたのだが、その静岡空港からの出発だ。
上海経由で午後出発し、桂林到着は夜。帰りは上海で宿泊し、静岡に午後1時に到着。
  22日~26日の4泊5日の日程だが、実質、3日間桂林周辺での観光となった。

    DSCN2738_01.jpg    DSCN2756_01_20100328032604.jpg    DSCN2809_01_20100328033508.jpg
    上海経由し桂林に        長い髪のヤオ族           段々の棚田

 観光初日は、市内から200㌔離れた龍勝の棚田へ。 ヤオ族の暮らす町で、高台まで登り、
棚田を眺めた。途中には、日本で見る花に似たものやら、見かけない花があり、遅れない
               よう気にしながらも目は足元へ。
  シャガがもう咲いていた。ツボスミレは紫の物が多い。 う~ん、これは何だろう?
    花の白い桐?やら日本でも見られる紫の桐、ノイバラの大きいのは何だ?

    DSCN2763_01_20100328032603.jpg    DSCN2758_01.jpg    DSCN2799_01.jpg
      キケマン?         タツナミソウの仲間     エンゴサクの仲間?        

    DSCN2790_01_20100328032913.jpg    DSCN2774_01.jpg    DSCN2765_01.jpg
      ツボスミレ               ?              ?

  メインの「漓江くだり」は大小の数え切れない石灰岩の山並を次々と眺めながらの数時間。
水量が少ないとの事で、途中からUターンしたのはちょっぴり残念だったが、小雨に濡れ
               ながらの時もまた楽し。

    DSCN2881_01.jpg    DSCN2898_01_20100330034602.jpg    DSCN2914_01_20100330034149.jpg
                         漓江くだり

        この辺りも色々なお花が咲いていたが、どうもよくわからない・・・・・


    DSCN2946_01.jpg    DSCN2840_01.jpg    DSCN3064_01.jpg
        ?            ジンチョウゲの仲間       インパチェンスの仲間 

 芦笛岩の洞くつは、とてつもなく大きかった。 ライトアップはかなりケバクきつかったが、
 広さ100m近くもある空間の地底湖?に映る風景は思わずゾクッと迫るものがあった。
 さすが中国、スケールがデカイ! 数え切れない程の石灰岩の山々、まだまだ人に
      知られずひっそりと眠っている洞くつもあるんだろうな・・・

    DSCN3108_01.jpg    DSCN3096_01.jpg    DSCN3027_01.jpg
                洞くつ内部                 パンダさん食事中

        上海空港近くのホテル庭には、大きな石が設置されていた。
 ガイドさんに問うと、大湖石との事、こちらは石灰岩。香川県のサヌカイトは安山岩だが、
風化した縁取り石と呼ばれるものにそっくりだ。 彫刻品のように見えるものも両石にある。

    DSCN3133_01.jpg    DSCN3034_01.jpg    DSCN3129_01.jpg
                大 湖 石                 桂林の夕暮れ

  現地ガイドの崔さん、同行の24名の気のいい仲間たちに囲まれ、とても楽しい旅をする
     事が出来、色々な場面を思い出してはニンマリ! ありがとうございました!

                        謝々    

             

お帰りなさい
こんばんは。
桂林に行っていらっしゃったんですね。
キレンゲショウマさんの行動力にはいつもびっくりです。
私も学生の時に中国を旅し、桂林にも行きました。
山水画のようなぽこぽことした山を見ながら、船で
川を下ったことを思い出しました。今でもこの景色は
素晴らしいですね。
また、洞窟は幻想的で感動しました。
中国はだいぶん植生が違うのでしょうか?
[ 2010/03/30 20:40 ] [ 編集 ]
          たけちPさま

 こんばんは!
たけちPさんが訪ねられた時は、もっと自然の中って感じだったのでしょうか? 
私はもっと山深い地を想像していたのでアレッ?と言う感じでした。 でも見飽きぬ景色でしたよ!

中国の植生と言うのは全く知りません。私が目にしたのはこの地域の中のホンの一部でした。
でも見なれたものに出会うと懐かしく、初めて目にするものに「これは何じゃ?」と驚き、
楽しかったです。それ以上追求する気もなく、満足してしまっています。
 
[ 2010/03/31 03:52 ] [ 編集 ]
v-16こんにちは。実家の弟のお嫁さんは、中国の人です。昨年キュウキョ入籍結婚しました。叔母さんと隣の長岡市に長く暮らしていたので、日本語、中国語それに仕事の関係で韓国語まで話せるそうです。1ヶ月くらい前に二人で向こうへ行ってきたのですが、かなり疲れたらしいです。新潟から飛行機で1時間半、駅までタクシーで1時間、それから汽車で6時間。実家まで?とにかく親戚中集まっての大騒ぎだったそう…。お土産のほかに乾燥ワラビとトウモロコシのお茶、コチュジャン、いただきました。キレンゲショウマさんの行かれたところよりずっと北の様です。辛くにつけたワラビはおいしかったですよv-237
[ 2010/03/31 10:38 ] [ 編集 ]
          りんさま

 弟さんのご結婚おめでとうございます!
国際結婚の方は随分多くなりましたね。 色々な国の言葉を話せるのはとても
羨ましいです。(とにかく英語から逃げていましたから・・・)

 旅先でも現地の言葉を話せたら何倍も楽しいでしょうね。とにかく中国は広いですね~。
大勢の親戚の方々に囲まれ戸惑う弟さんの様子が目に浮かびます。
乾燥ワラビって家庭でも出来るのでしょうか?ゼンマイは乾燥させますが・・・・・
あ~、ワラビ・ゼンマイが食べたくなって来ました。 もう少しの辛抱です・・・
[ 2010/03/31 14:54 ] [ 編集 ]
v-16ありがとうございます。うちの近所にも中国の方と結婚(ずいぶん前ですが…)された方がいらっしゃいます。乾燥ワラビただ取ってきて、ゼンマイの様にゆでて後は干すだけだそうです。(揉まなくてよいv-237)どうやら、あのビビンバの具材の一つは、ゼンマイではなくワラビなんだそうです。また、たべたくなっちゃいました。辛みがあってご飯がすすみますよ。御用心のほど…。
[ 2010/03/31 17:40 ] [ 編集 ]
          りんさま
 ワラビの処理方法を教えて戴き、有難うございました。
(揉んだりしたらグチャグチャになりそうですものね)
たくさん摘めた時にはためしてみます。
中国ではワラビの方が手に入りやすいのでしょうかね?
あちらでは必ず辛い豆板醤がついてきていました。
ある程度の辛さは好きです。
[ 2010/03/31 21:11 ] [ 編集 ]
豆板醤って…
v-16こんばんは。豆板醤は『味噌』とチャイニーズの義妹が言っていました。『豆板醤、みそ汁』って…。ちょっぴり片言の日本語。何だか実家が中国化していくような…。そういえば『豆板醤』は『ソラマメ』が原料でした。キレンゲショウマさんの行かれた桂林は緯度が九州くらいでしたよねぇーv-237義妹の実家は広州、牡丹公の側。緯度は北海道位…。場所的に昔の日本やロシアの建物が今も残っているそうです。朝鮮、ロシア、中国の文化の混ざったところだそう。勿論、ご年配の方は、日本語も話されるとか。ちょっと、複雑な気分でもあります…。この間生の大根にコチュジャンを付けたのを勧められました。韓国でも(知り合いがいて)生人参を食べる習慣があり、やっぱり勧められしぶしぶ頂ました。で、今去年採ったゼンマイを戻しているところです。
[ 2010/04/02 20:46 ] [ 編集 ]
          りんさま

 豆板醤って何気に使ってて、原料を考えた事はありませんでしたが・・・
ソラマメですか~。ありがとうございました。辛味噌なんですね?

中国は広いですので北と南、東と西では全く様子が違うのでしょうね?

新潟の人はゼンマイを良く食べられますね。新潟出身の友人も大好きで、
お裾分けを戴く私はラッキーです!
[ 2010/04/04 22:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

ブログ内検索
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム