お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

猪の頭(いのがしら)の春探し・・・

            13日は、所属の会のウィークデー観察会だった。
前日の天候からすると、中止になるかも?・・・という状態だったが、朝目覚めると明るい
       9時に集合し、「猪の頭」 の駐車場へ向かい、観察会が始まった。
 
   ここを歩くのは数年ぶり・・・ コースも少し自信がなかったが、リハビリ中のIさんが
地図と付近で見られる植物を記載した資料を、わざわざ届けて下さったので、大助かり。

   富士山も雲の間からきりっとした姿を見せている。どうやら昨日頂上は雪だったようだ。
石垣に葉っぱを見つけた。「薬草のトウキだよ、匂ってごらん」と言うので、ちょっぴり葉を
戴いて嗅いで見ると・・「漢方の匂い!」N先生がいらっしゃらなければ通り過ぎていた所。
  「キスミレはまだですよね?」「そうだね・・」 と話した矢先、キスミレのひと塊!
 

    DSCN4578_01.jpg    DSCN4581_01.jpg    DSCN4584_01.jpg
      富士山が・・・            トウキ             キスミレ

   途中、保護されているカタクリを見せて戴いたあと、林の中をお花を探しながら歩いた。

    DSCN4590_01.jpg    DSCN4600_01.jpg    DSCN4608_01.jpg
   マメザクラ・コヒガンの2種の桜     カタクリ1            カタクリ2

見晴らしの良い広場はとても気持ちがいい。 澄んだ空気をいっぱい吸い込んでさらに進む。
カントウミヤマカタバミ・ニリンソウ・ツクバネソウなども多く、この時期早咲きのスミレたちが
野を賑わしてくれる。
    パノラマ 3    DSCN4632_01.jpg    DSCN4666_01.jpg
        毛無山山塊        ニッコウネコノメ       カントウミヤマカタバミ

      ナガバノスミレサイシンも多く、今年初のヒカゲスミレも少し確認できた。
 ヤマエンゴサク・ジロボウエンゴサクは”花の付け根の苞にギザギザがある無し”で区別。

    DSCN4615_01.jpg    DSCN4659_01.jpg    DSCN4693_01_20100414092358.jpg
       ヒカゲスミレ          ヤマエンゴサク       ジロボウエンゴサク

  暫くぶりの「陣馬の滝」に着き、お昼です。 ここは源頼朝が、陣を構えた所からついた
    名前らしい。水量が多く、水汲みの人もペットボトルに水を詰めていました。 
    とても水が綺麗で、これを利用してわさび作り、鱒の養殖が行なわれています。 
 駐車場も広くなっていました。近くの遠照寺には滝つぼから見つかったとされる「太鼓石」
(溶岩樹形)も設置されています。脇にワサビ田があり、そこをカワセミが飛んで行きました。

    DSCN4634_01.jpg    DSCN4645_01.jpg    DSCN4646_01.jpg
        陣馬の滝           ワサビ田           太鼓石

 ワサビの花・ピンクに染まったニリンソウ、周囲の景色を楽しみながらゆったりと歩きます。      
 
    DSCN4647_01.jpg    DSCN4660_01.jpg    DSCN4652_01.jpg
        ワサビ           ピンクのニリンソウ      豊かな流れ

  木々もお花をつけて来ました。 この時期の 「クロモジ」 はなかなか凛々しくもあり
   可愛い姿をしています。ヒュウガミズキのこんな豪華なものは見た事がありません。
 コノテガシワの実はなかなか面白く。クラフトの材料に少し落ちているものを貰って来ました。

    DSCN4670_01.jpg    DSCN4673_01.jpg    DSCN4675_01.jpg
          クロモジ          ヒュウガミズキ         コノテガシワ

         12名で、とてもゆったりとした観察会が出来ました。 

                 お疲れさまでした~・・・
 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)