お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

今年最後のカタクリを求めて・・・

            今年は色々な所でカタクリに出会えた。
 「そうだ、まだ見られるかも知れない」と言う思いで、昨日、用事を片づけた午後も遅くに
出掛けて来た。 既に盛りはずっと過ぎてはいたが、なかには皆に少々後れを取っている
   可愛い姿の子もいて、しっかりと目に焼き付け、また来年までの楽しみとした。

    DSCN5169_01.jpg    DSCN5191_01.jpg    DSCN5138_01.jpg
     中の模様が可愛い          カタクリ2          ヒトリシズカ

  ここで一番今賑やかなのは、ヒトリシズカ・ナガバノスミレサイシン・キクザキイチゲだ。
   ヒトリシズカはまだ出始めの株も多く、葉の照りと出だしの初々しさが何とも可愛い。

    DSCN5150_01.jpg    DSCN5181_01.jpg    DSCN5148_01.jpg
       ヒトリシズカ          キクザキイチゲ1       キクザキイチゲ2

 ナガバノスミレサイシンの中に、花弁の先がピンクにお洒落をしているものがあり、
          葉っぱは傷んでいるけどなかなか色っぽいでしょ! 

 そんな中に、「アレッ?」 これは何だろう? ナガバ・・・のようだけど、葉っぱが丸っこくて
    短いなあ・・・シコクスミレの葉っぱに似てる気がするけど、それよりも長いし・・・
お花を見ればヤッパリ、ナガバ!「う~ん、でもなあ・・・」と納得できず、お花の中を覗かせて
  貰うと、ナガバにはない側弁に毛があるよ! ここはシコクも多いし、ナガバも多いけど・・
            やっぱりナガバノスミレサイシンかなあ?・・・  

    DSCN5160_01.jpg    DSCN5142_01_20100422171957.jpg   DSCN5185_01.jpg
      花弁がピンクのナガバ・・  ナガバノスミレサイシン       シコクスミレ

エイザンスミレもアチコチで咲き始め、隠れん坊をしていた1株だけのヒナスミレもいます。
       キスミレも少しですが、黄色の花の存在感が際立っています。

    DSCN5178_01.jpg    DSCN5180_01_20100422171958.jpg    DSCN5174_01.jpg    
    側弁に毛のあるタイプ      その葉っぱ(5cm弱)      エイザンスミレ
     (「ナガバノシコクスミレ」だったようです)

 フタバアオイ・チゴユリ・ユキザサ・マムシグサの仲間は、まもなくカタクリからバトンを受け
               とり、春本番の野山となるようです。

 明日(22日の今日の事、ややこしい書き方・・・)は雨だとか、無理して出掛けて良かった~。 
        

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

v-16今年はすみれを…なんて言っていたら近くの山は同じ、たぶんツボスミレの花盛りです。他のはたくさんあって区別ができません…。もう音を揚げてしまって、先が思いやられてしまいます。特にすみれはマニアの間では隠して公表しないものもあるとか…。唯の『スミレ』と『ノジスミレ』の区別も出来ない私でした。

りん | URL | 2010/04/22 (Thu) 20:20 [編集]


        りんさま

 りんさんと同じく私もスミレをもう少し知りたい・・・と思ってはいましたが、
          頭を悩ませてばかりです。
とりあえず今年は身近なものを確かなものにしていきたいと思っています! 
      が! はや怪しくなり始めています。 難しいです・・・

キレンゲショウマ | URL | 2010/04/23 (Fri) 01:01 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)