丸火自然公園で小学生と・・・

梅雨の中、今日もどうにか天候が持ちそうだ。 6日の午後、小学生と丸火を楽しんだ。
2時間半の観察会だが、溶岩樹型・溶岩洞穴・ショウレンドームの見られる富士見ケ池
          まで1時間弱せっせと登って行った。
  丸火はこの前よりもずっとキノコが多くなっていた。子供たちも色々なキノコを
    見つけては「宝石キノコ」(表面がキラキラしていた)と名付けたり、
         コケを触って感触を楽しみながら登って行った。

   そんな中、賑やかに歩いていると、目の前にニュッと立っているものがあった。
「オニノヤガラだ!」 見たいと思いながら縁のない植物でした。 やっと出会えました。
大小5本地面から伸びていました。 足元には手折られたものが3本転がっています。
   「おばさん初めて見たよ」 と言うと 「レアもの?」 「そう、超レアもの」
           などとお喋りをしながら池を目指します。
       近くにはシロバナノイナモリソウ・カンアオイなども見られます。

    DSCN9401_01.jpg    DSCN9411_01.jpg DSCN9416_01.jpg
        オニノヤガラ        オニノヤガラのアップ   シロバナイナモリソウ

やっと富士見ケ池に着きました。みんな元気ですが、ずっと登りなので汗をかきました。
     一息ついて、池の周辺で見られるモリアオガエルの観察です。
       greennさんからモリアオガエルの話を聞いています。 
その後、楽しみにしていた溶岩樹型に入ります。 ここには横型と立木状で樹型と
なった縦型のものがあります。少し火山の話をしてからいよいよ道の脇に入ります。
 縦型のものは直径1.5m程あります。 冷えて収縮するようですので、丸火の森
      には縄文の時代にかなり大きな木が育っていたようです。
中に入った子供たちからは 「ひんやりしている、気持ちいい~・・」
    の声が上がりました。  少し奥に入るとほんとに体がすーっとします。

20人程づつ交代して溶岩樹型の観察を終えました。 残りの子供たちはgreenさんの
用意してくれたミニ磁石?を使って磁鉄鉱を含む丸火の溶岩がくっつくかそれぞれに
       実験中でした。 そんな様子はとても楽しそうです。

    DSCN9402_01.jpg    DSCN9403_01.jpg    DSCN9419_01.jpg
  池の周りにモリアオガエルの卵塊   磁石につくかな?      ジャコウアゲハ

  ツチアケビは終わりかけていました。 帰りは1つのお楽しみを残し、車道を
ひたすら下ります。 みんなの早い事・・・・・  途中からgreenさんのコカリナに合わせ、
 歌いながら下って行きました。 最後のお楽しみ? 何処から運ばれたのか、黒曜石の
             混じったお宝の山で宝探しです。 

    DSCN9410_01.jpg    DSCN9406_01.jpg    DSCN9407_01.jpg
         ツチアケビ       コカリナに合わせて・・      全員集合です 

              暑かったね、お疲れさまでした~ 


    

comment

管理者にだけ表示を許可する

楽しそうです。

まだ明るいけど今晩は。
タマゴダケが、近くにもあるんですね。
毎年鳴沢のキノコ屋さんで買ってきます。
初めて食べるときは、かなり不安でしたが・・。
暫く丸火にも行っていませんでしたが、興味深い植物がいろいろ生えていますね。

         やまぶどうさま

 はい、こんな近くにあるのにはビックリでした。
でも最初このキノコを食べた人はかなり勇気がいったんじゃないでしょうか?
猛毒のベニテングダケの仲間だそうですね。

自然の残る丸火、季節を変えてもっともっと楽しみたいですね。
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる