お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

塩見岳へ  その1

 8月の下見の為、御殿場太郎坊から幕岩・双子山を歩いたあとの夕方、数年来温めていた
塩見岳へ向かうべく夜叉神峠へ向かった。 今回のコースは、広河原から北岳・間ノ岳・
        塩見岳を登り鳥倉林道に下山すると言うもの。 
      相方に協力して貰って可能な山行という贅沢コースだ。

  朝、目覚めると「んっ?どこ?」 てっきり芦安の駐車場と思っていたら、夜叉神峠!
ここからバスに乗り、広河原へ向かった。 登山届を提出し、いよいよ北岳への登りにかかる。
    青空をバックに、今日(7月28日)の目的地、北岳が光を浴びて輝いている。

    DSC09729_01.jpg    DSC09747_01.jpg    DSC09749_01.jpg
     広河原からの北岳         水量の多い沢          センジュガンピ

 水量の多い沢を何度か渡りながら少しづつ高度を上げて行く。 登山道沿いのミヤマ
カラマツ・モミジカラマツ・ベンケイソウ・グンナイフウロなどを楽しみながらの歩きは足も
  軽快だ。 気がつくと目の前に雪渓が広がっていた。 今年は残雪も多いらしい。

    DSC09780_01.jpg    DSC09772_01.jpg    DSC09800_01.jpg
     何度目かの沢渡り       タマガワホトトギス       キタダケタンポポ?

    二股で休憩する。雪解けの冷たい風がヒンヤリと、汗ばんだ体に心地いい。
       多くの登山者は草すべり方面経由で北岳に向かうようだ。
 ここからはお気に入りの八本歯経由で登る事にした。 2度雪渓をトラバースし、急斜面を
      ゆっくり登って行った。 振返ると鳳凰三山の山並が目の前にあった。

    DSC09801_01.jpg    DSC09805_01.jpg    DSC09864_01.jpg
        雪渓を行く             鳳凰三山           シナノキンバイ

  前面右手には見事な北岳バットレスが迫って来る。 目を凝らすが今日は岩を登って
いる人はいないようだ。 草付き斜面ではミヤマハナシノブ・ミヤマキンポウゲ・ヨツバシオ
          ガマなどのお花畑が目を楽しませてくれる。

    DSC09810_01.jpg    DSC09837_01.jpg    DSC09844_01.jpg
      ミヤマオダマキ       タカネグンナイフウロ       キバナノコマノツメ 
 
 最初の梯子までやって来た。 ここですれ違うのはなかなか時間がかかる。 最盛期に
       団体さんと出会うと厄介な所だ。 次から次へと梯子の連続だ。
           梯子の間からも可愛い花が顔を覗かせている。
    いくつの梯子を登っただろう?・・・ やっと八本歯のコルに到着だ。
    切り立った崖を覗き込むと、岩場で可憐な花たちが風に揺れていた。 

    DSC09873_01_20100802041101.jpg    DSC09911_01.jpg    DSC09909_01.jpg
    いくつも掛けられた梯子       タカネツメクサ?       北岳山荘への分岐

  北岳山荘への分岐を分け、岩場の北岳山頂を目指す。 途中の岩場で軽く昼食をとり、
    さらに登る。 直下の分岐にリュックを置き、空身で3度目の北岳へ立った。
 昼前からガスが掛かり、残念ながら明日向かう予定の塩見始め周辺の山はスッキリとは
 眺められない。 出来れば熊の平小屋まで足を延ばしておきたいので、早目に下山する。

   「んっ?」 目の前を何かが横切った。 猿だ! こんな所にもいるんだ~・・・・・
  下を覗き込むと、別な個体と共に何やら摘んで口に入れていた。 周りはお花畑だ。
    

    DSC09975_01.jpg    DSC09996_01.jpg    DSC09959_01.jpg
         北岳山頂          直下の花畑と猿          岩場の花畑

北岳周辺の岩場はどちらを向いてもお花が多い。 北岳のミヤマクワガタはより色鮮やかだ。
ベンケイソウ・ムカゴユキノシタ・ハクサンイチゲ・チョウノスケソウ・ミヤマキンバイ・
ウラジロキンバイ・キタダケヨモギ・クモイナズナ・・・・・数えきれないほどの花たちだ! 

    DSC09927_01.jpg    DSC09921_01.jpg    DSC09916_01.jpg
        キンロバイ           シコタンソウ           ミヤマクワガタ   
      
   北岳山荘に到着したのは、2時近くだ。 ちょっとお花を楽しみ過ぎたようだ・・・ 
          小屋で相談し、今日はここで宿泊をする事にした。

   ホッとし、荷物を置いて暫くすると頭がズキンズキンし始めた。 薬を飲んで横になる。 
      寝床の窓からは富士山が見えているが、写真を撮る気も起こらない。 
 
                      明日は塩見か?? 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいなぁ~

今晩は。
御殿場太郎坊から幕岩・双子山・・春先に幕岩の上の富士砂の河原に立ち、次回は右手に見える双子山へ登ってみようと思っていました。
しかも、その次には夜叉神峠の名が出て来たので、とても羨ましくなりました。昨年の秋、甲斐犬の故郷芦安に行って、いつかはその先にある夜叉神峠、北岳にも登ってみたいと夢見ていたからです。無口な河口湖山草園の親父さんから、幾度か話を聞かされました。いろいろな山へ登って来た親父さんにとっても、北岳は特別な山だったようです。
でも、高いところの苦手な私にはちょっと無理かな・・。
それにしても、山ちゃん(最近ヤマピーに変わったようですが・・)といいキレンゲショウマさんといい、タフさに驚かされます。

やまぶどう | URL | 2010/08/02 (Mon) 22:50 [編集]


       やまぶどうさま

 こんばんは!
幕岩から双子山の遊歩道コースは1日ゆっくりできるいいコースです。
お花ももっとあった筈なのですが・・・今回はイマイチでした。

 夜叉神峠からの北岳・間の岳方面の景色はまさに絶景です。
子供が小さかった頃、お気に入りで何度か行っていました。
いつか登ってみたいと思っていた目の前の山が、北岳だったのです。
夜叉神へは是非お出掛け下さいね、お勧めです。

やまぶどうさんは高い所は苦手なのですか? 山なら大丈夫かも?・・・

甲斐犬の故郷は芦安だったのですね?

キレンゲショウマ | URL | 2010/08/03 (Tue) 00:46 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)