四国で出会った海岸の植物

  四国への地質調査に同行させて戴き、見所満載の地質見学、また、いつもはあまり縁の
 ない浜辺の植物を楽しんできた。 海岸のグシャグシャに折れ曲がった地層の隙間に咲く
              お花たちに感動を覚えた3日間だった。
 初めて出会った自然のキクの仲間の名前は難しい・・・・・葉っぱの付き方も違うので別の
                   種名だと思うのだが??・・・・・
   ツルソバは駐車場付近に、イソギクの仲間は少し入った所に群生していた。

    DSCN1978_01.jpg    DSCN1896_01.jpg    DSCN1895_01.jpg
        ツルソバ             イソギク?            シオギク?

        さらに海に近づくと、ハマアザミや咲き残りのハマグルマが見られた。
           みんな潮風に負けない為か、葉っぱは厚めで照りがある。          

    DSCN1986_01.jpg    DSCN1874_01.jpg    DSCN1981_01_20101118121546.jpg
        ハマグルマ           ハマアザミ             トベラ

  アロエは蕾を持っていたが、ハマユウ・ハマゴウ・ハマナタマメは既にお花を終えていた。
一番多く目に入って来たのは、「アゼトウナ」 室戸岬の大きく変成を受けた地層の隙間に
          沿うように、黄色いお花が広がっていた。

    DSCN1906_01_20101118121548.jpg    DSCN1994_01_20101118131120.jpg    DSCN2012_01.jpg
         アロエ              アゼトウナ           ハマナデシコ

  調べて見るとハマナタマメは可愛いお花のようだ。 残念ながら3枚の葉っぱの先には
      大きめの豆が付いていただけ。 今度はお花に出会ってみたい・・・ 

    DSCN1884_01.jpg    DSCN1898_01.jpg    DSCN1710_01.jpg
       ハマナタマメ          テリハノイバラ           ハマナツメ? 

    山へばかり向かう私の足だが・・・・・今度は浜辺のお花も楽しんでみたい。 

海辺のお花は 「ハマ・・・」 「イソ・・・」 という名前が多い。 どう使い分けているのだろう?

    山の花の名前は、地名以外に 「タカネ・・・」 「ミヤマ・・・」 が多いなあ・・・ 

                    う~ん・・・・・

comment

管理者にだけ表示を許可する

エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる