お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

ちょっとした四国の味

   
           今回の四国では、香川・徳島・高知県の地学ポイントを歩いて来た。
 せっかく香川県に足を踏み入れたからには、 「さぬきうどん」 を食べなくては・・・・・
     と言う事で、地元でお仕事をされている方にお勧めのお店を紹介して頂いた。

             その1つ、 「長田うどん」 の暖簾をくぐった。

    DSCN1739_01_20101118152026.jpg    DSCN1741_01.jpg    DSCN1742_01.jpg
       長田うどん入口       しょうが・ネギ・熱い汁        釜揚げうどん

        香川県内にはいったいどの位のうどん屋さんがあるのだろうか?
隣の県、私の出身地徳島にもうどん屋さんは結構ある。 徳島では 「御所のたらいうどん」
             もユニークで、時々出掛けている。

     地学ポイントから高知県に向かう途中、 「オッ、あれは谷川では?」
以前兄に連れられて来た事のある 「谷川米穀店」 お米屋さんでうどん??・・・
   お店には何の看板もなく、とてもうどん屋さんとは思えない店構えだ。

      「せっかくだから食べて見よう」 と言う事になり、注文した。
注文はいたって簡単! 「大か小」「熱いか冷やしか」 それに生醤油を掛けて食べる。
  自家製の青唐辛子とネギが置いてあり、大方の人は2~3杯はいけるようだ。
               これ以外のメニューはない!

    DSCN1780_01.jpg    DSCN1782_01.jpg    DSCN1781_01.jpg
        谷川うどん            厨房             うどん作業台 

 少し前に食べたと言う事もあり、「熱い小」を頼み120円、(生卵入りは30円プラス)
  代金は食べてから自己申告し、支払うがそのお金は常に受け皿に置きっぱなし。
        休日には店の前の坂道は列をなす。 (平日も満員でした)

              お~、食べた食べた・・・・・ 美味しかったね~

 翌日の1ケ所目の調査のあと、 ジオパーク構想から生まれたという 「付加体ケーキ」
   の「海土」(かいどう)で一休み。 お店は木を上手に使い、店構えも素晴らしい。
 干柿が飾りのように吊られ、看板もユニーク! 「やりゆう」?? 「そうか!開店中
    第2駐車場までの距離は 「スキップで15歩」 とあった。 これだけでもう 

    DSCN1959_01_20101118152553.jpg    DSCN1965_01.jpg    DSCN1966_01_20101118152554.jpg
        行当の海岸           海土入口          付加体ケーキセット

  出て来た付加体ケーキセットにビックリ! 美味しいシフォンケーキの大きい事! 
 その上、柿&リンゴに生クリーム付き。 コーヒーもとってもまろやかで飲みやすい。 
   コーヒーはお代りも可能だとか・・・ モーニング・ランチセットも美味しそうで
         リーズナブル。 近くにこんなお店があればなあ・・・・・ 

             お近くの方がモーニングに出掛ける訳だ・・・・・

               さ~て、次は室戸岬での調査です。

         *** 付加体とは *** (ウィキペディアより)
(海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込む際に、これらの堆積物が海洋プレートから
     剥ぎ取られて大陸プレートに付加したものを付加体と呼ぶ)

    

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)