お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

伊豆大瀬崎から井田地区へ

                (その1からの続きです・・)

 大瀬崎を後に、10分ほどで井田地区に着きました。 少し前に 「菜の花まつり」 が開催
   されたようで、海岸沿いには最盛期を過ぎた菜の花が畑一面に広がっていました。
 あとですれ違ったおばあちゃんが 「明日か明後日にはみんな片づけるんだわ・・・」
          と話されていましたが、ちょっと勿体ないなあ。 

 近くの明神池へ行ってみました。 ここは ”過去の入江が湾口を閉ざされて次第に淡水に
       代わった「海跡湖」のひとつ” という案内板がありました。
        1周すると植栽や自然のお花を楽しむ事が出来ました。

    DSCN9917_01.jpg    DSCN9923_01.jpg    DSCN9930_01.jpg
       菜の花            アオノリュウゼツラン        水仙と明神池

    今年初の白花タンポポもありましたが、総苞を見ると反り返っています。
これも外来種と混じり合ったようです。 トサミズキとヒュウガミズキ、トサの方が開花が
早いようでスッキリと咲いた姿が素敵です。 ヒュウガはまだ蕾が多いようですが、当日
楽しむ事が出来そうです。 水仙・ツワブキ(花あと)・桜などを楽しみながらの散策です。

    DSCN9942_01.jpg    DSCN9943_01.jpg    DSCN9949_01.jpg
        トサミズキ          シロバナタンポポ           ツクシ

       オオイヌノフグリ・ホトケノザが陽だまりで元気よく咲いています。
           ノミノフスマ・レンギョウも咲き始めました。
 畑の畔道の散策は心地よく、ゆったりとした田舎の時間の流れを楽しんだ1日でした。

         帰りにもう1度大瀬崎の眺めを楽しみ帰途に着きました。

    DSCN9966_01_20110310161511.jpg    DSCN9980_01.jpg    DSCN9975_01.jpg
         明神池          展望台?への急階段    大瀬崎の奥に雪の愛鷹
          
         残念ながら富士山を望む事は出来ませんでしたが・・・・・



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

伊豆半島 大瀬崎

 夏のハマユウ、ビャクシンの林に囲まれた神池、海上に浮かぶ富士の美しい
岬ですよね。
私も昭和20年代の終わりの頃、よく父母につれていってもらいました。
大瀬崎~戸田~堂ヶ島~雲見・・・と。
いまやスキューバダイビングの講習所のようになってしまったようですが。

 雪原を離れて紺碧の海へ、四国の海とはまた異なった風情でしょう。
そちらからは渋滞も無く近くて羨ましいことです。
観察会は山麓だけではないようですね。

俄歩人 | URL | 2011/03/10 (Thu) 17:52 [編集]


No title

            我歩人さま

 大瀬崎は我歩人さんにとって思い出深い地なのですね。
大切に愛おしく育てられていただろうご様子が目に浮かびます。
そうそう、ハマユウもたくさんありました。

 平日でしたので、渋滞に巻き込まれる事もなく、快適な往復でしたよ。
海はあまり縁がありませんでしたが、ずっと広がる静かな青い海、砕け散る
力強く白い波・・・ それぞれに海の性格もあって・・・
こんな様子を見ていると飽きませんね。

 これからも機会があれば海岸植物を楽しみたいものです。

キレンゲショウマ | URL | 2011/03/10 (Thu) 20:58 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)