お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

岩石勉強会

 河原で石の勉強会の筈だったのだが・・・ 大型台風がノロノロと、四国沖を通っているので、
                 時折り大雨がざ~っとやってくる。
     集合場所へ行ってみると・・・ 残念! 室内学習に変更となっていました。
事前に集めておいてくれた石を使ってのお勉強です。 若い先生たちが頑張っています。

    DSC00593_01.jpg    DSC00600_01.jpg    DSC00605_01.jpg
     河原の石の勉強会           これは?         石の仲間分け作業

 今日は 「石ころパネル」 を作ります。 博物館の観察会では、もっと身近にと、石に
  フィールドネームをつけて親しんでいます。 泥岩は「マックロクロスケ」、
砂岩は「ザラザラ石」他にも「ごま塩おにぎり石」「あばた石」「お茶目石」「バリバリ石」・・・
             何となく身近に感じられ、楽しくなるでしょ?

    今回まずは、「火成岩」 「堆積岩」 「変成岩」 で大まかに分ける作業です。
  はっきりとわかるものもありますが、見た目だけではなかなか難しいものもあります。

    DSC00596_01.jpg    DSC00597_01.jpg    DSC00598_01.jpg
    岩石名で分けたパネル   フィールドネーム用パネル      フィールドネーム

 作業に合わせ、プロジェクターを使っての勉強も入ります。 岩石がどんな場所で出来て
 いるか、それらがどんな状況で今の場所にあるか、火成岩・堆積岩・変成岩はずっと
  そのままではなく、色々な力を受け、長い時間を掛けて循環?している事など。
       また、石と動植物の関わりなども興味深く、楽しいものでした。
    ”金” の陰にヤブムラサキやヘビノネゴザあり、 これもよく知られた話です。

    DSC00606_01.jpg    DSC00603_01.jpg    DSC00617_01.jpg
     石ころパネル           天竜川の石            石の生まれる所

  次は、作った石ころパネルの確認です。 2名のプロが確認し、詳しく説明する姿が
      ありました。 優しいお二人ですから、当然の事なのですが・・・・・

  河原にある植物をわかる範囲で・・・と、参加していた私は、室内では用無しなので
            一緒に石のお話に耳を傾けていました。
  最後に、「マイ石ころパネル」 を手に、記念写真です。 12時5分前に終了です。

    DSC00621_01.jpg    DSC00624_01.jpg    DSC00628_01.jpg
     石と動植物の関わり         石の鑑定中        石ころパネルを手に・・

                   なかなか楽しい一日でした。


    

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

石の生まれる所なんて、考えたこともありませんでした、石の種類も。
ただそこにあると思っているものでも、
地球が生み出したものなのだなあ、と改めて実感しました。
地球は面白い星ですね。

絵、ありがとうございます。
ああいうおバカなイラストが大好きで、ちまちま描いて楽しんでいます!

ぼやっち | URL | 2011/09/07 (Wed) 06:11 [編集]


        ぼやっちさま

 こんばんは!
いつもコメントありがとうございます。
世の中みんなリサイクルですね、石も水も・・・・・
絵本に「石ころ地球のかけら」と言うのがあり、とてもいい本ですよ。
1度目を通して見て下さい。ぼやっちさんならきっと好きになってくれる
と思うけどなあ・・・・・

 ぼやっちさんの絵はとても素敵ですよ!
私も綺麗な景色をもながら、自分の思うようにかければいいのに・・・
と思いますが残念ながら絵になりません。

キレンゲショウマ | URL | 2011/09/08 (Thu) 20:55 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)