お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

シモバシラ、その一週間後

   観察会の下見をしてから丁度1週間経ちました。 今も寒波の真っ只中です!
  11人でウィークデー観察会の始まりです。 多くの目があるのは頼もしい・・・・・
        サルトリイバラの実・サイハイランの葉っぱが見つかりました。
 
 サルトリイバラを見て「これでお団子を作る所があるみたいね・・・」 の声に、
「そうなんですよ、私の田舎でもこれを使います」 と答えました。 同行されていた
            九州出身の方も同じように使われていたようです。
祖母や母はダンゴ作りが上手でした。 サルトリイバラの葉っぱを摘みに行った事や
 湯気の上がる団子をフウフウ言いながら頬張った事を懐かしく思い出しました。

    DSC06678_01.jpg    DSC06683_01.jpg    DSC06685_01.jpg
      サルトリイバラ         サイハイラン         流れも凍り・・・
 
   シモバシラはどうなってるだろう? ちょっとドキドキしながら先を急ぎます。
 途中、小さなものがいくつか見つかりましたが、一番の見どころの所へ行くと・・・・・ 
 横に波打ちながらシモバシラはグ~ンと伸びていました。 こんな風になるんだね?

    DSC06691_01.jpg    DSC06694_01.jpg    DSC06705_01.jpg
               シ  モ  バ  シ  ラ

  通常のシモバシラもずいぶん成長しています。 同行の方が数えてみると・・・ 8段も!
       水路の氷も綺麗に結晶しています。 水路に咲く花です!

    DSC06711_01.jpg    DSC06720_01.jpg    DSC06719_01.jpg
            通常のシ・モ・バ・シ・ラ             氷の結晶

      タマアジサイ・コアジサイも多く見られる天子の森キャンプ場です。
         まだ胞子の残っているホコリタケもカラカラです。
     1000m近くあるこの地に早くも、春の足音が聞こえて来るような?・・・  

    DSC06717_01.jpg    DSC06729_01.jpg    DSC06732_01.jpg
      タマアジサイ          ホコリタケ          フキノトウ

     午後からは田貫湖畔へ移動して野鳥の観察ですが、風もあり寒い事!! 
     オオバン・カワウ・カモの仲間を確認し、早目に観察会を終えました。

    DSC06743_01.jpg    DSC06734_01.jpg    DSC06747_01.jpg
       観察風景           カワウ?           富士山も・・・

                    お疲れさまでした~。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)