お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

富士山麓森の中

    富士山麓、標高1500mの水ケ塚周辺は雪の中です。 気温はー5度・・・・・ 
 少し移動した所から雪の森へ入ります。 時折りザクッと足をとられますが、締った雪を
     踏む足音は心地よいものです。 真白い雪に映る木の影は絵になります。
      ザクッザクッと雪を踏みしめながら、富士山に向かい歩を進めます。

    DSC07333_01.jpg    DSC07335_01.jpg    DSC07345_01.jpg
    水ケ塚からの富士山     須山御胎内登山道     木の間から富士山

     笹枯れが進み、森の中の笹は歩くとポキポキ簡単に折れてしまいます。
 大きなミズナラの木です。 近づいてよ~く見ると、まだ新しそうなクマの爪跡がありました。
それ以外に、ブナ・シナノキ・ウラジロモミにまで爪跡が見つかりました。 Kさんが数mの
 距離で出会ったのもこの近くだそうです。 (いつも冷静なKさんは事なきを得たようです)
           ここは熊さんお気に入りの場所なのかなあ?・・・・・

    DSC07352_01.jpg    DSC07353_01.jpg    DSC07354_01.jpg
    笹枯れが進む森        ミズナラの巨木        クマの爪跡

  ウラジロモミの巨木が多い森でした。 でも・・・・・ 多くのウラジロモミはあと少しでダメに
    なりそうです。 3m近くあるウラジロモミも、根元を1周食べられたのでは堪りません。
     水分・養分を葉っぱへ送る事が出来なくなります。 増えた鹿による食害です。 

    DSC07374_01.jpg    DSC07370_01.jpg    DSC07375_01.jpg
  今は元気そう(根元は・・)    やがて・・・       シカの落し物

 一面の雪で、緑は殆ど見られません。 そんな中、アンモナイトのように丸まって元気な
   緑色を見せてくれるものがいました。 オシャグジデンダというシダ植物です。
通常はまっすぐ伸びているものの、乾燥気味になると、こんな風に丸まるのが特徴だとか。
  苔むした中にたくさん見られました。 冬に元気で夏に枯れてしまうようです。
  ノキシノブの仲間も、こんなにクルクル・・・ まるで新体操のリボンです! 

   DSC07393_01.jpg    DSC07391_01.jpg    DSC07401_01.jpg
      オ シ ャ グ ジ デ ン ダ          ノキシノブの仲間 

      冬の森の中は葉っぱも落ち、見通しもよくてなかなか面白い。
 変な形をした木もあり、色々な樹種の巨木あり・・・・・  アレ?これってナツツバキ?
      木肌がやけに赤いなあ・・・・・ 空に向かって伸びる枝に気持ちもスッキリ!

    DSC07405_01.jpg    DSC07448_01.jpg    DSC07442_01.jpg
    窮屈そう・・・      ナツツバキ?          ダケカンバ

  雪の上には色々な動物の足跡がいっぱいありました! 
      シカ・ウサギ・キツネ?・・・・・ ヒメヒミズの足跡は初めての出会いでした。 
   

           DSC07443_01.jpg        DSC07411_01.jpg
          ミズメの実          ヒメヒミズの足跡    

           青空の広がる気持ちのいい森での一日でした。 

  

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)