お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

負けるなヤブ漕ぎ

 何かお花ないかなあ・・・・・
と出掛けたのは市民の憩いの場、大棚の滝方面。
色々探してみるが、この辺りはお花の端境期なのか・・?
既に終わってしまったものやら、これから咲いて来るものが殆どで、コレといって見あたらない・・・・・

   う~ん、こりゃ参った! 4名での観察だが私以外はみんな初めての場所なのに・・・・・

 でも綺麗な水の流れ、野鳥の声、少しづつ濃くなってきた緑の木々の中は気持いい・・・・・うふ 

 おっ、石ころの間で窮屈そうに咲いているのは 「ミズタビラコ」! クルッと巻いた蕾の下の
方から順に咲いてきます。
腐生植物のキヨスミウツボはやっと顔を出したばかり・・・・・花の命は短いよ~
花を求めてさらに沢登り。 ここからは二人です。さっそく 「イワユキノシタ」 が待っていてくれました。


      ミズタビラコ    キヨスミウツボ    イワユキノシタ


 右岸・左岸・沢歩き・・・と道を辿ったりヤブこぎしたり、なかなかスリルのある山歩き。
でも心強い山のベテランさんと一緒なので安心! GPSと地図・コンパスもリュックの中。

           休みは最小限で歩を進める。
立派なアミガサタケを発見し写真を撮ろうとしたら・・・・・「アッいけない、カメラが入ってない。
そうか、先程休んだ所だ!」途中までヤブ漕ぎをし、下りにかかったが思い直し、帰りに探す事にした。

 ここは箱根や古い富士山の噴火と同時代だそうで、地学的な見所もある。
            立派な貫入岩やこんな素敵な滝も! 

    こんな中を・・    貫入岩(ダイク)    コピー ~ DSC03896
        ヤブ漕ぎも         貫入岩(ダイク)               滝

 1070m辺りまで登り、時間に余裕が無く引き返すことにした。

               さあて・・・・・カメラは??

             「あった~!良かった良かった・・・・・」


      この見事なまでの垂直な堰堤の階段!えぇ   でもここまでくればもう安心にっこり

                      垂直の堰堤の下り

            ヤレヤレ、あとは1時間余りの歩きで駐車場に到着です。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)