お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

温泉好きのK太

 (だいぶ時間が経ってしまったが) 3月のある日、K太を伴って 「中の湯温泉」へ出掛けて来た。
お正月を挟み、2ケ月程一緒に暮らしたものの、じい・ばあと3人で1泊できる
    だろうか? とちょっぴり不安を抱えての信州行きだった。

 2歳3ケ月のチビながら、ちゃんと話し自分が納得すれば大丈夫だろう・・・と何度か
「パパもママもいなくて、じい・ばあとK太の3人で温泉でお泊まりだよ、大丈夫かな?」
    と言うと 「大丈夫、おんしぇん(温泉)に行く」 と言う心強い返事。

 当日迎えに行くと、ニコニコと待っていてくれた。 眠りのお供のぬいぐるみを2つ、
   オムツに着替え、我家からはK太お気に入りの 「はじめてのおつかい」
「うさこちゃんのてんと」 の本を2冊、なかなかの荷物である。 「行ってきま~しゅ!」          
                    と元気に出発!

    DSC08339_01.jpg    DSC08312_01.jpg    DSC08293_01.jpg
      途中の景色       雪の中の 「中の湯温泉」     玄関にて

  疲れも知らず、ご機嫌の内に中の湯に到着した。 この時はまだ雪も多くスノータイヤは
   履いてるものの、四駆ではないので心配・・・と言う事で途中まで迎えに来て戴いた。
     ゆったりとした後は、K太と温泉に・・・・・  嬉しそうに温泉でも大活躍だ。 

            DSC08305_01.jpg      NEC_0530_01.jpg

         さて、そろそろ・・・・・ 問題の時間がやって来た。
 「本読もうか?」 と声を掛けると・・・ (本を読む=寝なければいけない=いやだ)
      ぬいぐるみを両脇に抱え部屋の壁にピッタリ! うつむいている。
      大丈夫・・・と言った手前、(帰る・ママ・パパ・・・は言えない)
      そこで彼から出た言葉は・・・・・ 「おしょと(お外)行く!」 
  じいがロビーへ連れて行き、ひと遊びして帰って来た。その後、また壁にピタリ。
   暫くして自分の中で納得したのか、やっと布団の中に入って来た。 ヤレヤレ・・・ 

    DSC08316_01.jpg    DSC08325_01.jpg    DSC08351_01.jpg
     卜伝の湯 内部       卜伝の湯入口       ザゼンソウの里

           翌朝は、快適な目覚めでまたまた活躍を始めた。
     帰りに、ずっと気になっていた「卜伝の湯」 に入れて貰う事にした。
    少し熱めの洞窟風呂だ。 それ程広くはないが、貸切なのでいいねえ~。
 少し雪遊びを楽しみ、フクジュソウはどうだろう? と諏訪の有賀峠方面へ向かうが・・・
              まだまだ雪深い峠でした。

        さ~て、パパ・ママの待っているK太の家へ向けて出発です。

  ************************************

 「中の湯温泉」 昔は上高地へ向かう道の対岸に見えていました。 学生時代の山帰り、
   (大人になったらあそこへ入りに来よう・・・) とずっと思っていました。
  そのまま時は過ぎ、安房トンネル工事の影響による水蒸気爆発により閉鎖。
         その後、現在地へ移転されたとか・・・ とても残念です!

 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

これから先、よき想い出創りが続くことでしょう

 幼くとも男の子ですね。
やさしいジジ・ババに包まれて少しずつ成長されていかれることでしょう、楽しみですね。
 移転後の中の湯、すっかり立派になって私も 昨年、吃驚しました。
この中の湯さん管理の「卜伝の湯」は、昔、よく苔が浮かんでいましたが・・・。

 いつも季節の山野草の情報をありがとうございます。

俄歩人 | URL | 2012/04/03 (Tue) 10:52 [編集]


こんばんは

ふふふ、ちょっとドキドキの温泉旅行、
大好きなじいじとばあばと一緒の、楽しい思い出になったでしょうね。
いろんなところへ行って、いろんな経験をして、
いろんなことを教えてもらって、
キレンゲショウマさんのお孫さんはとても幸せですね、
彼の人生の基盤は、彼の将来にきっと多大な影響を与えてくれるのですね、
とっても羨ましいです^^

キレンゲショウマさんのブログは、花盛りになりましたね、
もうこんなに咲き出しているんですね。
こちらもきっと咲き出しているのでしょうが、
寒いし、悪天候ですしと何かと理由をつけて、家にこもっています、駄目ですね~~~、
お花の名前も1年たってすっかり忘れていますし・・・、
キレンゲショウマさんのブログで勉強をしなおさせていただきますね!

ぼやっち | URL | 2012/04/05 (Thu) 22:16 [編集]


NoTitle

 こんばんは!
私は今でも昔の中の湯に憧れています。
相方は2度ほど宿泊したのですが、私は今回が初めてでした。
宿の方もいい人たちで、チビをかまってくれ喜んでいました。

卜伝の湯、苔が浮いていましたか? 熱いなあ・・・と思ったのと
薄暗かったので、気がつきませんでした。
まあ余り気にしない方ですので・・・まいいか、
それにしても・・・俄歩人さんは色んな秘湯をホントによくご存じですね。

キレンゲショウマ | URL | 2012/04/06 (Fri) 01:04 [編集]


NoTitle

 ぼやっちさん、こんばんは!
大丈夫かと、ちょっとドキドキものでした。
大丈夫だった事に味をしめ、また何か仕掛けようと思っています。 
ただ単に、じいばあの好きな事に、孫を巻き込み、自分たちが楽しんで
いるだけなのです。

 桜も開花し始め、野の花も目覚めて来ました。
諏訪よりもちょっぴり早い春を楽しんでいます。
そちらの春はまとまって豪華に!ですね。
あと少しの辛抱でしょうか? お花は覚えてまた忘れて・・・の繰り返しですね。 
私も同じですが、それでいいと思っています。
みんな残っていたら頭がパンクしてしまいます。??
それから・・・私のブログ内は間違いも多いので要注意ですよ!

キレンゲショウマ | URL | 2012/04/06 (Fri) 01:15 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)