お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

箱根を歩く

            6月7日、ウィークデー観察会で、箱根を訪ねました。
 精進池からお玉ケ池周辺を石仏などを見学しながら、ゆったり観察しようというもの。
   双子山の裾野にある精進池周辺には、鎌倉時代の石仏群が広がっています。
まずは精進湖からトンネルを抜けて六道地蔵へ向かいます。 3m余りの地蔵菩薩が
   迎えてくれました。 大きな岩に掘り出された磨崖仏に手を合わせます。
八百比丘尼の墓・応長地蔵・二十五菩薩など石仏をまわった後は、池周辺を散策し、
            お玉ケ池へのハイキングコースを進みます。 
  
    六道地蔵前で    DSC04292_01.jpg    二十五菩薩    
    六道地蔵へ向かう      六道地蔵         二十五菩薩

    足元にはナガエノコナスビ・ヤマサギゴケなどが目を楽しませてくれます。
この時期はウツギの仲間が良く目につきます。 コゴメウツギはバラ科、ニシキウツギや
ツクバネウツギはスイカズラ科、ミツバウツギはミツバウツギ科、ウツギはユキノシタ科と
      それぞれ別の科に属するのですが、いま丁度見頃です。 

    ナガエノコナスビ    コゴメウツギ    ミツバウツギ
     ナガエノコナスビ      コゴメウツギ         ミツバウツギ

 タチツボスミレもそうですが、山に咲くお花は色の濃い綺麗なものが多いように思います。
      ハルシオンも濃いピンクが緑の中で、いっそう美しく見えました。
       30~40分ゆっくり下り道を行くと、もうすぐお玉ケ池です。  

    DSC04230_01.jpg    DSC04316_01_20120611231354.jpg    DSC04178_01.jpg
      ハルシオン         ハイキングコース       ツクバネウツギ

   サワギク・トチバニンジンなども咲き始め、池周辺ではショウブの仲間とヌマトラノオ
 が一面に広がっていました。 コツブヌマハリイもツンツン伸びた先にお花をつけています。
    
    DSC04183_01_20120611231352.jpg    DSC04229_01.jpg    DSC04327_01.jpg
     周辺地図         サワギク         お玉ケ池にて

  カンアオイの仲間も2種類の群生が見られますが、こちらはオトメアオイかな?
        この仲間はいくら眺めてもさっぱりわかりません。
下見時に初めて見たコバノフユイチゴ(マルバフユイチゴ)ですが、当日はウッカリ
                 見過ごしてしまいました。 

    DSC04209_01.jpg    DSC04216_01.jpg    DSC04234_01_20120611232012.jpg
      コツブヌマハリイ      オトメアオイ?     コバノフユイチゴ 

    精進池周辺にはサンショウバラの並木になっていますので、もう少しすれば
         見事なサンショウバラを目にする事が出来るでしょう。

             季節を変えて、また訪ねたい箱根でした。 


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)