お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

高妻山 その1

     宿を4時半に出発し、今日(24日)は牧場から高妻山を目指します。
 牧場の一角から赤い太陽が昇って来ました。 体操を済ませていよいよ出発です。
      登山道に入りまもなくコケイランが朝の挨拶をしてくれます。 

    DSC05717_01.jpg    DSC05714_01.jpg    DSC05727_01.jpg
      日の出です      戸隠の山並を見ながら・・・   キンギンボク 

        沢沿いの登山道では色々なお花が目を楽しませてくれます。
タチカメバソウの咲き残り・ノビネチドリの小さな株が足元で踏まれそうに咲いていました。      

    DSC05734_01.jpg    DSC05750_01.jpg    DSC05818_01.jpg
     サンカヨウの実     クリンソウと登山者       オオバミゾホオズキ

  避難小屋直下までずっと沢歩きになります。 時にはこんな風に鎖を頼りに登る事も
ありますが、気をつけて少しゆっくり登ります。 でも団体さんとすれ違う時は・・渋滞かな?

    DSC05782_01_20120628175916.jpg    DSC05795_01_20120628175916.jpg    DSC05779_01_20120628175917.jpg

 少し色の濃いツボスミレ・ラショウモンカズラ・ミヤマスミレ・イワカガミ・ズダヤクシュ・・・
             色々なお花が現れて、疲れも感じません。 
  沢から離れてまもなく、一不動避難小屋に到着です。 2時間余りの歩きでした。
 一息ついて、頂上を目指します。 尾根筋に出ると、グンナイフウロが咲いていました。

    DSC05826_01.jpg    DSC05830_01.jpg    DSC05841_01.jpg
    一不動避難小屋       グンナイフウロ       テングクワガタ

高度を上げ尾根を進むと、目の前に目指す高妻山が顔を出しました。ドッシリとしています。
         目を移すと外輪山を有した黒姫山も迫っています。
昔、春山合宿で、ジャンケンに負けツエルトで寝る羽目になりました。雪の重みも知らずに
   寒さにも負けず熟睡し、仲間に呆れられた思い出のある懐かしい山です。 
 切立った岩場では、薄紫色をしたミヤマアズマギクが吹きあがる風に揺れていました。 

    DSC05852_01.jpg    DSC05858_01.jpg    DSC05906_01.jpg
      高妻山         ミヤマアズマギク      ヨツバシオガマ       

 百名山の一つなので人気もあるのでしょう。 ましてや日曜日ですので、結構の登山者が
   いました。 少し日陰の草むらでは、イチヨウランがひっそりと咲いています。
でも・・・ちょっと顔つきが違っています。 あの龍の目のようなホクロ?が見えません。
 なかなか上品なイチヨウランでした。 初めて出会ったムラサキヤシオもいい色です。

    DSC05898_01_20120628184034.jpg    DSC05867_01.jpg    DSC06041_01.jpg
     ムラサキヤシオ        イチヨウラン       ヒメタケシマラン?

  登山道脇には、ツマトリソウ・ゴゼンタチバナ・マイヅルソウ・ミツバオウレンが次から次
     へと顔を出してくれます。 戸隠山の向こうには北アルプスも見えています。
         火打山は30年ほど前にチビ達を連れて登ったのが最後です。   

    DSC05989_01.jpg    DSC05986_01.jpg    DSC05980_01.jpg
 ゴゼンタチバナ&アカモノ       少し雪も残って・・    焼山&火打山

 いくつかのピークを過ぎ、大きく高妻山が迫る頃・・・道の両側では薄紫のお花が
      迎えてくれました。 楽しみにしていたシラネアオイです! 
    
    DSC06269_01.jpg    DSC06053_01.jpg    DSC06063_01.jpg
           シ ラ ネ ア オ イ          イワナシ 

 ツバメオモト・ピンクの筋の入ったコミヤマカタバミ・ヒメイチゲ・ショウジョウバカマ・・・
これらの花に別れを告げ、ダケカンバ・ナナカマド混じりのササ藪の急登を暫く登ると・・・・・

    DSC06073_01.jpg    DSC06118_01.jpg    DSC06017_01.jpg
     ツバメオモト       最後の急登        コケモモ

                 もうすぐ高妻山・・・・・         

      
          

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは

 若き日の回想につながる山域、
とりわけ戸隠連山の最高峰、この高妻山は何処から見ても
姿の良い峰ですね。
頚城山塊から眺めいつも心誘われる鋭鋒なのに
まだ歩いたことがありません。
レポの続きが待たれます。

俄歩人 | URL | 2012/06/29 (Fri) 17:18 [編集]


No title

高妻山、素晴らしい花の連続ですね。 羨ましい限りです。

以前に百名山を登っていた時、5月連休に、妙高、火打、四阿と共に連続(3泊4日)で登りました。一不動避難小屋に泊まりました。 
まだ、残雪がたっぷり有り、花には程遠かったですが、雪山を楽しみました。
雪渓を歩いていて、雪がドサッと割れて、シェルンドに落っこちましたが、違う割れ目から登って、無事でしたが、今、思えば冷や汗ものでした!

アキラッチ | URL | 2012/06/30 (Sat) 05:21 [編集]


No title

         我歩人さま

 出掛けていたり、光回線に伴う設定に時間が掛かったり・・・で、
返事が遅くなって申し訳ありません。

 高妻山、どっしりとしていいお山ですね。
私もずっと登りたいと思いながら果たせないままでした。
少し歩く距離はありますが、周りに咲くお花に力を戴きながら気分よく
歩く事ができました。 誘って戴いた仲間に感謝です!

 隣の乙妻山も気になりながら・・・・・機会があればこちらのピークにも
立ってみたいですねえ。

 我歩人さまですと、この山をどんな歩きをされるのでしょうね?
 

キレンゲショウマ | URL | 2012/07/02 (Mon) 20:46 [編集]


No title

         アキラッチさま

 短期間で100名山を歩かれ、妙高・火打・四阿山から高妻山を駆け抜けた
日程に驚かされたのを思い出しました。 
ここでは怖い思いもされていたのですね。

 次々と出てくるお花に疲れも忘れてしまいました。
今度はお花の時期にお出掛け下さいね。

 富士山もお山開きです。まだ頂上までは解除になっていませんが・・・
今年も登りに帰られますか?

キレンゲショウマ | URL | 2012/07/02 (Mon) 21:08 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)