お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

毛無山塊ひたすら・・・歩く その2

                    その1より・・・ 

    地蔵峠でお地蔵様に手を合わせ、いつもとは反対の方向へ向かいます。
   ここの標識には長者ケ岳への案内はありません。  ちょっと心配・・・ 

 峠から30分余り歩いた先からは初めての道です。 でも結構歩いた跡も見られ、
道も整備されています。残念ながら展望は効かないものの、直射日光は届かないので
この時期にしては快適な尾根歩きです。途中僅かに南アルプス方面が望まれました。

    DSC08377_01_20120804111814.jpg    DSC08376_01.jpg    DSC08388_01.jpg
      地蔵峠        峠の案内板         南アルプスの景色

50分ほどで、雪見岳に到着しました。 ここからの下山道があると言うので、笹を分け
 入ると、微かな踏み跡があります。 次はここも歩きたいな・・・と思いながら先を
急ぎます。 花は少ないものの、足元にオトギリソウがポツンと顔を出していました。

    DSC08393_01.jpg    DSC08396_01.jpg    DSC08394_01.jpg
       雪見岳         下山道         オトギリソウの仲間

  道の両側にはなかなか見応えのある大きな木があります。 カエデの仲間だったり、
ヒメシャラ・ブナ・ミズナラ・・・・・巨木のブナに沢山のイワギボウシが着生しています。
マツノハマンネングサも多いので、お花の時期には樹上のお花畑?になるでしょうか・・・
    
    DSC08400_01.jpg    DSC08420_01.jpg    DSC08413_01.jpg
       着生の多いブナ     シモツケソウなど       ヤマボウシ

    1600m余りしかない尾根にオオシラビソと思われる木が目に入りました。
 ホントかな~? ヤニブクロを潰すと、ヤニが流れ落ちました。 間違いなさそう・・
途中に「湯の奥林道」への案内板がありました。 猪の頭からトンネルを抜け、下部へと
続く林道へ下りられるようです。 そう言えば、トンネル脇に登り道があり、ずっと
 気になっていました。 きっとそこへ繋がってるな・・・・・ 謎が解けました。

ちょっとドッキリする名前の「熊森山」 そこはゆったりと休める平地が広がっていました。
     「雲守山」 の記載もありました。 どんないわれがあるんだろう?

    DSC08407_01.jpg    DSC08408_01.jpg    DSC08430_01.jpg
     オオシラビソ?      この奥が熊森山      熊森山(雲守山) 

 幾種類かのキノコ・粘菌の類・キンレイカ・地味なランの仲間・立派なアカマツ・・・
      色々なものに目を楽しませて貰いながら、湧水峠に到着です。
ここから湯の奥林道への案内もありました。 どの辺に繋がっているのでしょう?

    DSC08450_01.jpg    DSC08447_01.jpg    DSC08436_01.jpg
    タマゴダケ      粘菌?         オオバナオオヤマサギソウ?

 登山道の脇は、ヤマイワカガミの葉っぱで埋まっています。 これまでにも見られまし
 たが、この辺りが一番多いようです。 5月には白い花が迎えてくれる事でしょう。
 足元に紅葉した葉っぱが落ちています。 見上げると、一部紅葉が見られました。
どの木もミネカエデのようです。 なんだろうな? 疑問が湧きますが・・・・・
             分かりません! マ、いいや・・・

    DSC08467_01.jpg    DSC08475_01.jpg    DSC08481_01.jpg
     湧水峠          ヤマイワカガミ        ミネカエデ

 田代幹線112号鉄塔のある開けた場所へ出ました。 目の前で、花盛りのツチアケビが
迎えてくれました。 既に12時を過ぎていますが、出来れば長者ケ岳まで・・・・・

    DSC08490_01.jpg    DSC08493_01_20120805102542.jpg    DSC08496_01.jpg
    東電鉄塔と巡視小屋      ツチアケビ        ツチアケビ

     快適な歩きで、大木のヒメシャラ・イヌブナなどに目をやりつつ進みます。
   細い小さな木に 「天狗岳」の案内があります。 ここにもあった 「天狗岳」
    
    DSC08516_01.jpg    DSC08517_01.jpg    DSC08532_01.jpg
     ヒメシャラ        イヌブナ         天狗岳

       田代幹線114号案内柱に、 「右へ数メートル下って分岐」  
  「 小田貫湖湿原←  長者ケ岳→ 」 の書き込みがあり、安心して進みます。
 鉄塔から1時間ほど歩いた場所に案内板がありましたが、一体ここはどこでしょう?
クサアジサイ・この先に咲き始めるヤマジオウの葉っぱを目に留めながら長者ケ岳を
    目指します。 あと少しかなあ・・・・・ きっとこの上が頂上です! 
        13時50分に到着です。 歩き始めて7時間弱でした。
   頂上でゆっくりお昼をとり、天子ケ岳への少し下った所まで足をのばします。
 40分ほど休んだ後、登山道を下ります。 さて、車のある麓までどうやって帰ろう?

    DSC08535_01.jpg    DSC08557_01.jpg    DSC08565_01.jpg
     小田貫湖への分岐上      ?峠         長者ケ岳山頂

 相方に電話をし、明るい内に着けそうなので自力で駐車場まで歩く事にしました。

          途中には小田貫湖湿原があります。   (つづく)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

気合いの入った縦走でしたね

 こんにちは
この季節には不向きかも・・・と想っていた往きかう人の少ない
尾根歩き、愛鷹山塊とはまた異なった風情を感じ取ることができました。
山野草や樹木に対する豊かな知識があればこそのレポ、
楽しませていただきました。
(下山後の車の回収、大変だったのでは)

俄歩人  | URL | 2012/08/05 (Sun) 16:37 [編集]


No title

        我歩人さま

 毎日暑い日が続きますね。
いつの季節に歩こうか・・・と思っていましたが、余り自信もなかったので
日の長い今がいいと思い出掛けて来ました。
よく整備され、何の不安もなく歩ける道になっていました。
尾根線から下る道も何本かあり、それらも一度は歩いてみたいと思っています。
ヤマイワカガミが見事に咲きそうですので、その頃も良さそうです。

 車の回収は思ったより歩行距離がありましたが、最後まで歩くと言った手前、
頑張るしかなく・・・・・でも湧水を飲んだりしながら山裾を楽しんで来ました。

キレンゲショウマ | URL | 2012/08/06 (Mon) 11:16 [編集]


No title

こんにちわ。
連日の暑さににも負けず歩いていますね。

このルートを一度歩いていますが、ヤマイワカガミの葉が多かったのを覚えています。一人で歩かれたのですよね?凄いパワーですね!

フクシア | URL | 2012/08/22 (Wed) 11:29 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)