お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

小学校時代の仲間と白馬岳  その4

         いよいよ今日は大雪渓を下り、仲間との山行を終えます。
3時過ぎに出発されている方もいたようです。 私達もご来光を拝む為に、部屋を出ました。
  前も後ろも頂上を目指す人が続いています。 明るくなり始めたので、レリーフの
            ある辺りで日の出を迎える事にしました。
  周囲が赤く染まり始め、暫くすると太陽がポッカリと浮かび上がりました。

    DSC09696_01.jpg    DSC09697_01_20120820220925.jpg    DSC09701_01.jpg
   もうすぐ日の出       ご来光        富士山も見えます

  小屋に戻り食事をした後、下山に掛かりました。 ヤッパリお花がいっぱいで
あちらこちらへと目をやり、カメラを向けます。 ミヤマオダマキもクルマユリも可愛い!
 振返ると斜面はお花畑。 遅くまで雪の残っている部分では、やっと苗が芽生えた
ばかり。 この先咲くお花は、この後登って来られる人達の目と心を癒してくれるのね。
            自然が持つ心憎い演出のように感じました。

    DSC09718_01.jpg    DSC09732_01.jpg    DSC09733_01.jpg
     イワヒバリ       ミヤマオダマキ       クルマユリ

 トウダイグサの仲間かな?と思ったら、ハクサンサイコのようです。 この子にもお初!
        シロウマアサツキにも初めての出逢いです。 
   その名も葱平(ねぶかっぴら)に咲いていて、正に・・・と言う所でしょうか。

    DSC09740_01_20120820223434.jpg    DSC09751_01_20120820223946.jpg    DSC09755_01_20120820223945.jpg
     テガタチドリ       ハクサンサイコ       シロウマアサツキ

    いよいよ大雪渓に掛かります。 今年は雪も多く残っているようです。
  朝早い時間ですので、まだ登って来る人は少ないようです。 アイゼンを着けて
    慎重に下りますが・・・おっと、転んでしまいました。 
    DSC09747_01_20120820223946.jpg    DSC09769_01.jpg    DSC09746_01.jpg
     振返ると・・・     大雪渓を下る      対岸へ・・・

  急にザザザーッと対岸の沢で小さな崩れがありました。 注意しないと・・・と
 少し気を引き締めます。 だいぶ下って来ました。 大雪渓ももう少しで終了です。
          5枚目のパネルを持って、写真を撮って貰いました。  

    DSC09772_01_20120820224400.jpg    DSC09780_01_20120820224359.jpg    DSC09774_01_20120820224359.jpg
     大雪渓を振返る      時折り小石がパラパラ    3人揃って・・・

    雪渓を終えて、進むと白馬尻小屋に到着です。 そうそう、見覚えがあります!
    20数年前に相方の友達・我家のチビ達と大雪渓を登った時を思い出しました。
              (その時の様子は、こちらで・・・

    DSC09787_01.jpg    DSC09793_01.jpg    DSC09820_01.jpg
     白馬尻小屋     オオレイジンソウ      タマガワホトトギス

        お花も高山植物から、山地帯の植物へと変化して来ました。 
 駐車場まではあと少しです。 到着してすぐに車のある栂池の駐車場へタクシーで
             移動します。 昼食はお蕎麦です。

    DSC09809_01.jpg    DSC09812_01.jpg    DSC09811_01.jpg
     アカバナ(白花)    ヤマホタルブクロ     ミゾホオズキ  
    
    お気に入りの 浅間温泉 「枇杷の湯」 で汗を流して山行を終えました。
 1ケ月前に訪ねた時に工事をしていましたが、丁度この日から露天のヒノキ風呂が
        新しくなり、軽喫茶コーナーが出来ていました。 

        カラカラの喉に冷たいかき氷が染みわたりました。 

  今頃はきっと大木のサルスベリにピンクのお花をいっぱい咲かせている頃でしょう!

  木曽で1泊し、今回来れなかった仲間を含めまた山へ行こうと約束し、名古屋で
                 別れを告げました。

    Sさん・Sちゃん大変お世話になりました。  また次回・・・・・ネ!

                (長々とお付き合い頂き有難うございました)

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

花と雪の稜線

 こんにちは 
 かってご家族で歩かれた想い出の峰、そしてまた想い出多きお仲間との
花の山旅・・・、心弾むトーンが伝わってきました。
こういう日を持てることが また明日への活力となるのでしょう。

 昔、栂池平までマイカーで入れた時代に妻を連れて
栂池ヒュッテから同じルートを猿倉まで歩いたことを想い出しながら
拝見しました。

俄歩人  | URL | 2012/08/22 (Wed) 16:00 [編集]


No title

キレンゲショウマさん、こんばんは。
天気もよく、花もたくさん見られ、大満足の山行だったのでは
ないでしょうか。
今年は雪が多く残っていると聞いていましたが、大雪渓は
雪たっぷりですね。
白馬の花の時期に行きたくなりました。

たけちP | URL | 2012/08/22 (Wed) 21:37 [編集]


No title

        我歩人さま

 こんにちは!
我歩人さんはほんとに色々な所を歩かれ、様々な思い出があるのですね。
栂池もやはり車の乗り入れをしていた時代があったのですね。
自分も車で入りながら・・・なのですが、将来「富士山も昔はここまで車で・・」
という時代が来るといいなと、思います。

 仲間との昔話を楽しみながらの山行は、当時の知らない話等も聞けて
笑いの多い数日でした。 心の中から力が出てくる・・・そんな体験を多く
持てるといつまでも元気でいられますね。
ありがとうございました。

キレンゲショウマ | URL | 2012/08/24 (Fri) 11:32 [編集]


No title

        たけちPさま

 白馬でお花三昧を楽しんで来ました。
人が多いからなあ・・・と思っていたのですが、やはり魅力的な場所・時期に
人が集まるのは自然の流れなのでしょうね?
静かな山歩きと両方の思いを楽しめるようにできればいいですね。

 白馬も今年は雪の残りが多いように話されていました。
そう言えば富士山も(殆ど無いのですが・・)少し多い感じがしました。

八ケ岳のお花も素晴らしいですが、白馬へも是非お勧めです。
八ケ岳周辺のお山の話、いつも楽しませて戴いています。
コメントをありがとうございました。

キレンゲショウマ | URL | 2012/08/24 (Fri) 11:44 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)