今年初の富士山

    夏山もそろそろ終盤で、富士山も閉山がさほど遠い時期ではなくなっている。
      それなのに、まだ登っていなかった。 「よし、23日に行って来よう!」 
           
    「きっと家で目覚めたら7時とか8時になりそうだから・・」 と言い残し、 
深夜1時過ぎに富士宮登山口に向かった。 珍しく、なかなか寝付かれないが2時間
    余り仮眠した後、5時少し前に登山口の500m程下から歩き始めた。
目覚めた時は星も多く見え、まちの灯りがチラチラしていたが、山の朝はグングン進む。

  東の空が焼けて来た。 残念ながら、こちらからはご来光を楽しむ事は出来ない。
         それでも赤く染まる様はなかなか美しい。

    DSC00687_01.jpg    DSC00697_01.jpg    DSC00700_01.jpg

 6合目を過ぎ、そのまま登って行くと、誰かが前で写真を撮っていた。 目をやると・・・
   前方に影富士が望めた。 昨年はお鉢巡りの途中、大沢上部で見られた。
     ゆっくりだが、休みを少なく登って行くと、「うわ~・・・」
   宝永山からパ~ッと光が広がった。 自分の影が長く引いている。

    DSC00705_01.jpg    DSC00709_01_20120828021305.jpg    DSC00711_01.jpg

  眼下には、富士山の側火山が見られ、その奥には愛鷹の峰がドンと座っている。
   さらに奥には、伊豆半島の山々や、伊豆大島・利島?辺りまで目に入って来る。
すぐ下には、宝永の第2火口が綺麗な曲線を描いている。 七合を過ぎ、元祖七合目。

    DSC00715_01_20120828234846.jpg    DSC00719_01.jpg    DSC00727_01.jpg
     愛鷹連峰        宝永第2火口      元祖七合目

   八合目に向かって歩いていると、いきなり 「ドーン」 という音が聞こえた。
 「えっ、こんなに早く?」 演習の砲弾の音だった。 (う~ん・・・複雑な思い・・・)
富士山は上部に来ると植物が殆ど育っていないが、九合目小屋の手前にはイワツメクサ 
      が可愛く花を咲かせていた。 (段々近くなって来たぞ・・)

    DSC00730_01.jpg    DSC00745_01.jpg    DSC00746_01.jpg
     演習風景         イワツメクサ       九合目小屋

     途中、朝食用の鳴門金時とコーヒーを喉に入れながら、登って行った。
 九合目上部の雪も今年は少し多いようだ。 九合五尺を過ぎれば、あと30分ほどだが、
  元気の良かった若者も、いつの間にか静かに・・・休みを多くとりながら登っている。
      ゆったりと絵筆を走らせている熟年男性もいます。 いいですねえ~。
   
    DSC00758_01.jpg    DSC00761_01.jpg    DSC00766_01_20120829003614.jpg
      雪渓        九合五尺の小屋      絵を描く男性

 このガレ場を登れば、そこは頂上です。 ずっと前後して登っていた若者4人組も
到着しました。 スーツ姿(こだわりだったようです)のお兄さんも余裕で到着! 

    DSC00778_01_20120829003613.jpg    DSC00787_01.jpg    DSC00791_01_20120829003613.jpg
    あと少し・・・       バンザ~イ!      頂上浅間神社 

                     (とりあえずここまで・・・ 続く)    

   

comment

管理者にだけ表示を許可する

エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる