富士山麓の秋

              富士山周辺も紅葉の季節になりました。
    3日ほど前に丁度見頃だった3合目周辺の車道は、落葉で埋まっています。
  5合目近くでは、カラマツの色づきが確実に進んでいるのが分かりました。
                (上段は10月22日。下段は10月25日)

    DSC05552_01.jpg    DSC05553_01_20121031124606.jpg    DSC05551_01.jpg
    DSC05573_01.jpg    DSC05575_01.jpg    DSC05572_01.jpg

      1700m周辺では、イボタヒョウタンボクの赤い実が目立ちます。
初めて見たのは数年前の事。 気を付けてみると、富士山周辺には結構多い事が
わかりました。 今回も車を止めて観察すると・・・何本も赤い実を付けている木が
            あります。 ヨカッタヨカッタ・・・・・ 

    DSC05582_01_20121031124211.jpg    DSC05588_01.jpg    DSC05598_01_20121031124409.jpg
     イ ボ タ ヒ ョ ウ タ ン ボ ク         ミヤマガマズミ

      標高1000m位の車道を走っていると・・・ 「アレ?何だろう」
      白いキク科の花が目に入りました。 ヒメジョオンでもないし・・・・・
シャープなイメージがあり、白い色も深く、なかなか綺麗なお花です。 帰化種だろうな
 調べてみると、どうやらキダチコンギクのようで、周辺の斜面には咲き終わったものも
ありました。 数年前に整備された道ですので、法面の吹きつけに混じっていたもの
 かも知れません。 初めて目にしたお花でした。 ついでに歩いてみるとリンドウも
たくさん咲いています。 やはりちゃんと歩かなければ可愛い姿は見せてくれませんね。

    DSC05597_01.jpg    DSC05594_01.jpg    DSC05595_01.jpg
      リンドウ            キ ダ チ コ ン ギ ク

           チョッピリ散策を終え、我家へ向かいます。


comment

管理者にだけ表示を許可する

カラマツの林を歩きたくなる季節です

 5合目近くの白嶺を覗かせるカラマツの自然林がいいですね。
この季節、高峰高原・水の塔山周辺の貴重なカラマツの自然林が好きで
よく訪れました。
風雪にゆがみ、たわむ骨太の幹、植林のまっすぐな林とは異なる
造形を好もしく感じています。

 貴ブログで山野草の知識吸収に努めておりますが
やはり難しいものですね。
もっと足元を見つめる目を養わなければと思います。

               我歩人さま 

 田舎へ行っていましてコメントのお礼がすっかり遅くなってしまい申し訳
ありませんでした。 ブログもお休みしている間に富士山の景色もすっかり
変わってしまい、山は冬の様を呈して来ました。 
今は1000m~1200mが紅葉の見頃のようです。 
宝永火口縁から見る逆光のカラマツが素晴らしいと聞きながら今年も
逃してしまったようです。

 高峰温泉や周辺は私も大好きな所です。
寒風に耐え抜いたカラマツ・すっくと立ち上がったカラマツ・・・・・それぞれの
魅力がありますね。 諏訪の杖突峠への途中のカラマツ林も懐かしいです。

 お花の季節も終わり寂しい気がしますが、それぞれの季節を楽しめるように
なりたいものですね。色々な人との出会いで新しいお花に気づく・・・
そんな思いの多かった年になりました。  コメントをありがとうございました。      
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる