お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

勢子辻から越前岳へ

 もう10年近く前になるでしょうか?仲間に連れられて勢子辻から越前岳の直下に
出るコースを歩きました。 もう1度歩きたいと思いながらもかなり荒れていそうなので、
        躊躇していました。 (でもやっぱり歩いてみたい・・・)

        その思いが高じ、28日に行って来ました。
勢子辻のバス停から入り、途中の広場に車を止めて、いよいよ出発です! 
      暫く林道歩きをした後、ササ藪に覆われた登山道に入ります。 

    DSC06723_01.jpg    DSC06731_01.jpg    DSC06733_01.jpg
  ここから出発       2つ目林道から山道へ     長いヒノキ林の歩き

 入口こそ笹が覆っているものの、何の心配もなく歩けます。 ヒノキ林の中ですので
 植物は殆ど見られず、僅かにスミレの種類が3種程、ノコンギクの咲き終わりが残
 っているのみです。 標高1000mを越える頃、ウラジロモミの林に変わりました。
   少し展望があったので眺めていると・・・我家はあの辺りかなあ?・・・
 30倍のカメラで写していたのですが、近くの施設や近くの家並みが確認できました。
針葉樹林を抜ける頃、ゆったりとした尾根歩きに変わりました。 前方には越前岳が
             木々の間から顔を覗かせています。 

    DSC06743_01_20121129134041.jpg    DSC06759_01.jpg    DSC06762_01.jpg
      山からの展望        アセビ         越前岳

  なだらかな尾根歩きはとても気持ちがいいものです。 いつの間にやら広葉樹の
  林になっていました。ツツジの仲間も多いので、5月にはまた歩いてみようかな?
       林床にはツルシキミの花や実がたくさん見られます。 

    DSC06765_01.jpg    DSC06778_01.jpg    DSC06772_01.jpg
      広葉樹の林       歩いて来た道        ツルシキミ

越前岳の尾根に近づくと急斜面に変わりました。 斜面にはロープが張られています。
  60m余りの高度差を一気に上げて行きます。 もう少しかな? と思っていたら・・・
 見慣れた景色が待っていました。 合流地点から頂上まではホンのひと登りです。  

    DSC06789_01.jpg    DSC06794_01.jpg    DSC06784_01.jpg
     実際は急斜面        愛鷹の溶岩        ブナ

勢子辻から2時間で到着です。 単独と3名の男性の方達がお昼をとっていました。
まだ11時前ですので、もう少し進みます。 コーヒーを飲んだ後、出発しました。
葉っぱが落ちて前方左手には鋸岳の峰が望めます。 いつ見てもいい山です。 
   高場所の分岐に人影が見えました。 ならば・・・と、鋸岳を眺めながら
            少し時間をつぶしましょう。

    DSC06806_01.jpg    DSC06817_01_20121203031026.jpg    DSC06827_01_20121203031026.jpg
     越前岳頂上       鋸岳方面        高場所分岐

 分岐の手前で男女3名の若者とすれ違いました。 呼子岳までピストンだそうです。
      分岐でお昼にし、鋸岳に別れを告げてから・・・・・初めてのコース、
呼子岳手前から派生する尾根の「高場所」経由を行きます。 急斜面を一気に下りた
 あとは、なだらか~な歩きになります。 こちらの道もしっかりしています。
             あっさりと高場所に着きました。 

    DSC06831_01_20121203031025.jpg     DSC06834_01_20121203032012.jpg    DSC06849_01.jpg

    アセビやヒノキのちょっと変形した木を楽しみながら下って行きます。
  千束との分岐がある筈ですから、それを見落とさないようにしなくては・・・

 「あっ、この葉っぱは・・・タテヤマギクのようです。」 だいぶ下りて来ました。
     先の見通しもついたので、クラフト用にヒノキの実を拾います。

    DSC06852_01.jpg    DSC06862_01.jpg    DSC06864_01.jpg
      アセビ      千束・勢子辻の分岐      タテヤマギク

 心配していた道は、普通の登山道でした。 下りた所は、富士市で管理している
   「ヒノキの森」へと繋がっていました。 あと少しで出発点に到着です。

   (アレ?、誰か居る) 「もしかして・・・greenさん?」 「お~、やっぱりネ!」

          思わずバッタリはこれで3回目???  
 

    DSC06869_01_20121203032440.jpg    DSC06884_01.jpg    DSC06891_01.jpg
     キッコウハグマ   ヒノキの森(ここに出て来ます)   クロモジ 
   
            季節を変えてまた歩いてみよう・・・  


 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

越前岳

今から三十数年前、20歳の大晦日
紅白歌合戦を見てから歩き始め 越前岳に登りました。
その時登ったのが勢子辻口でした。
震えながら日の出を待ちましたが、眺望が悪くて残念でした。
十里木で蕎麦を食べてバスで帰りました。
若かったから出来たんでしょうね^^

ツワブキ | URL | 2012/12/04 (Tue) 20:44 [編集]


          ツワブキさま

  若いっていいですね。 でも最後の急斜面を夜中に歩くのは大変だった
事でしょう。 「震えながら日の出を待つ」 竜ケ岳でそんな思いをした
のは3年前でした。 初日の出に向かって思わず手をかざしました。
(ちっとも暖かくはありませんでしたがそうせずにはいられず・・・)

 震える体にお蕎麦の温かさが染みわたったことでしょうね。

 コメントをありがとうございました。

キレンゲショウマ | URL | 2012/12/04 (Tue) 22:05 [編集]


越前岳

初めてコメントさせて頂きます。
時々ブログ拝見させていただいておりますが、なかなか出会えない花を見せていただいて、わたしたちもいつか見てみたいものと思っています。
越前岳にはわたしたちも数年前の年末に十里木高原から登りましたが、その時は吹雪で大変寒かったことを覚えています。
これからもよろしくお願いいたします。

ピテカン&カッパ | URL | 2012/12/12 (Wed) 22:54 [編集]


         ピテカン&カッパさま

 初めまして!
嬉しいコメントをありがとうございました。
私も貴ブログをお気に入りに入れて楽しませて戴いていました。

 せっかく越前岳へいらしたのに生憎の天気だったようで残念でしたね。
でも懲りずにまたお出掛け下さいね。
西臼塚・富士山麓・・・どこかですれ違っているかも知れませんね~。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
 

キレンゲショウマ | URL | 2012/12/14 (Fri) 00:05 [編集]


来年連れてって下さい。

こんにちは。
御無沙汰しております。遅くなりましたが丹沢の山の節は有り難うございました。

勢子辻からの越前岳を一度登った事がありますが、その日はとても良い天気で富士山も良く見えていましたが、カメラのバッテリー切れで頂上に着く頃には写真が撮れなかったのでした^^;
来年行く時にはご一緒させて下さい。愛鷹山も大きな山塊ですから彼方此方のコースがあって良いですね。

フクシア | URL | 2012/12/23 (Sun) 16:05 [編集]


           フクシアさま

 こんばんは!
お陰さまで今年は丹沢や道志方面を案内して頂き、とても楽しく、色々なお花に
出会えました。

 地図を眺めながら (このコースフクシアさんと歩いてみたいな・・・) と
思う山がいくつも出て来ます。
愛鷹の峰もまたその内の一つです。 来年もどうぞよろしくお願い致します。
お返事が遅くなり、ごめんなさい。 どうぞ良いお年をお迎え下さい。

キレンゲショウマ | URL | 2012/12/25 (Tue) 21:56 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)