お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

父が植えた樹木の花

 主が不在となった田舎で1泊し、父が10数年以上前から植えた木々を見に生家跡を
   歩いて来た。 今年も、大きくなった 「垂れ桜のお花見をしよう」 と話していた。
まだ花の付かない桜は寒々とした感じで、風に揺れていた。  (まだだな・・・) と
        近づいてみると、蕾の先がピンク色に色づき始めていた。
     ヒュウガミズキは今が満開で、優しい黄色を枝いっぱいに付けている。  

    DSC05957_01_20130317012820.jpg    DSC05958_01.jpg    DSC05941_01.jpg
       垂れ桜           蕾も膨らみ・・         ヒュウガミズキ

 大きく伸びた蝋梅には咲き残りの花が残り、レンギョウやウンナンオウバイ?の
花も少しづつ開き始めた。 桜が満開になる頃には、石垣からこれらの黄色い絨毯が
               大きく広がる事だろう。  

    DSC05943_01.jpg    DSC05970_01.jpg    DSC05952_01.jpg
      蝋梅         ウンナンオウバイ?          レンギョウ

     華やかな赤系統のお花も春を感じ、次々と咲き始めているようだ。
 大きな花をつけた椿は、私が持ち込んだもの。 「綺麗じゃのう・・・」 と目を細めて
       いた姿が懐かしい。 サザンカたちも今が一番賑やかそうだ。
 フワフワの毛で覆われたシデコブシもその姿を現して来た。 1週間後が見頃かな?    

    DSC05959_01.jpg    DSC05963_01.jpg    DSC05950_01.jpg
        ボケ           椿の仲間          シデコブシ

  オトメツバキは、祖父が植えたもので、父が採り木をし増やしたものが我家でも
次々と花を咲かせている。 完熟バナナの香りのするカラタネオガタマは、蕾をつけて
                5月のその時を待っている。
    
    DSC05983_01.jpg    DSC05972_01.jpg    DSC05962_01.jpg
       サザンカ          オトメツバキ      カラタネオガタマ

 マユミも新芽を伸ばして来た。 ホウノキなどは私の友人から頂き、父と一緒に植えて、
    開花を楽しみにしていたが、残念ながらまだ花を見る事は出来なかった。
                 きっと、今年辺りは?・・・

 数種の梅は、毎年父が梅干を作ってくれたもの。 梅ジュース・梅ジャム・梅味噌・・・
           毎年送って貰っては、色々な味を楽しんだ。
    その花は今が一番の見頃となっていた。 特に緑系の花の美しさは格別!  

    DSC05974_01_20130317014654.jpg    DSC05966_01.jpg    DSC05978_01.jpg
        マユミ              梅              梅

            果物の仲間は、サル・シカなどにより、壊滅状態。

木々の足元では、タチツボスミレ・オオイヌノフグリ・ホトケノザなどが賑わっています。

             ここに来れば・・・父の存在が感じられます。


 

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

 あるじが去っても その手塩にかけた草木は
年々歳々変わらずに新しい息吹を感じさせてくれ、
想いを誘われます・・・。

俄歩人  | URL | 2013/03/17 (Sun) 18:11 [編集]


No title

     我歩人さま

 温かいお言葉をありがとうございます。
今回は辛い田舎行きとなりましたが、年に何度か出向き色々話をして
ここ数年は父ととても濃い時間を過ごす事が出来ました。
毎年季節になると花開く木々を目にする度に、いい想いが甦って来そうです。
お花が好きだった父を胸に温めつつ、これからのお花を楽しみます。

キレンゲショウマ | URL | 2013/03/17 (Sun) 20:13 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)