お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

K太の山登り日記  No.1

 孫のK太はもうすぐ3歳3ケ月になります。 山好きなじい・ばあは何時連れ出そうか?
            何処を歩こうか・・・ずっと考えていました。
 4月からは幼稚園が始まります。 K太ママも3歳1ケ月直後から山歩きを始めました。

 K太の家から近い竜爪山・ママが小さい頃歩いた金時山・浜石岳・パノラマ台?・・・
16日、丁度こちらへ来ると言うので、精進湖畔のパノラマ台へ行く事に決めました。
(パパさんは用事があり)K太・弟のYはママの背で・じい・ばあの5人で歩き始めます。

    DSC06062_01_20130317190723.jpg    DSC06063_01_20130317190723.jpg    DSC06065_01.jpg
      登山道入口         登山開始          山道を歩くK 

 石ころや棒を拾って歩くのはいつもの事です。 この日もいつもより大きな木の枝を
見つけ、それを杖に登って行きます。 割と歩きやすい山道ですが、所々狭い場所も
あり、気をつけながら・・・葉っぱの落ちた木々は見通しも良く、見上げると真っ青な
                    空です。  

    DSC06089_01.jpg    DSC06082_01.jpg    DSC06080_01.jpg
     背中でご機嫌のY      小さな足で歩きます       青空いっぱい

出発はとても遅く、お昼近くになってしまいました。 少しおやつを入れてお腹を紛らわし
  1時間ほど歩いて、パノラマ平で少し遅い昼食をとりました。 小さく握ったお結びを
「おいしいねえ」 と言いながら2個半ほど食べました。 ピクニック大好きなK太です。
        時々、ベランダでお結びを食べては喜んでいるようです。

 さあ、出発です! でも枯葉いっぱいの山道に、「おちばのプールだ」 と遊びの方が
  勝ってしまい、なかなか進めません。 ガサガサと落葉を蹴散らしながら歩きます。
落葉をかき集めてじいじに掛けています。 (次はママだ・・・)思わず顔がほころびます。

    DSC06083_01.jpg    DSC06091_01_20130317202713.jpg    DSC06104_01.jpg
       お昼です          落葉が楽しい      何やら企んでいます 

 落葉の他にも、栗のイガ・ブナの殻斗や実・松ぼっくりなどがいっぱい落ちています。
         蛾の仲間でしょうか? 生き物も動き出していました。  

    DSC06090_01.jpg    DSC06095_01.jpg    DSC06164_01.jpg
      ブナの殻と実         蛾の仲間?       本日の拾いもの   

 三方分山への分岐を過ぎるとパノラマ台はもうすぐ。 疲れたのか 「じいじ抱っこ」
と言いますが、「お山は自分で歩かなきゃいけないよ」 と言うと納得し、石の上で
   「ちょっとお休みしゅる」と休憩をとりながら、自分の足で歩いて登ります。
      雪の残っている道では雪玉をじいじにぶつけては喜んでいます。
      2時間ほど掛かり、もうすぐ目的地に到着です。 頑張ったね!

正面には富士山、右手には本栖湖や竜ケ岳、目を移すと樹海・三つ峠・釈迦ケ岳・・・
    この時間になると、南アルプス方面は、ボンヤリとしか見えません

    DSC06110_01.jpg    DSC06113_01.jpg    DSC06121_01_20130317213655.jpg
     頂上手前で・・・        雪遊び         パノラマ台

 「みんなであまおうカルピスで乾杯しよう!」 と言うと照れてひとり先に飲み始め
  ました。 「ホラ、湖が見えるよ」 と言うと 「みてあ~げない」 とK太語炸裂。

    DSC06130_01.jpg    DSC06137_01.jpg    DSC06154_01.jpg
     皆で乾杯        パノラマ台からの展望      パノラマ平でひと休み

        時々休憩をとりながら、下りは1時間ほどで無事下山です。
     Yは背中でたっぷり睡眠をとり、ご機嫌です。 (K太良く頑張ったね)
   少しドキドキしながら 「K太、また山登りする?」 と聞くと 「うん!」 

           DSC06152_01.jpg       DSC06161_01.jpg
           背中で楽チンY            バンザ~イ!       
   
           その後は展望風呂で汗を流し、家へ向かいます。

 さ~て、次はどこの山に登ろうか?  車中、隣には爆睡中のK太の姿がありました。 

        

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)