お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

田舎で出会ったお花たち

   話が古い上に、少し前後しますが、徳島の田舎で西日本でしか見られない
             お花に出会う事が出来ました。

会いたい会いたいと思いながらまだ叶わなかったアワコバイモです。 咲き終わりを
   見つけてよ~く目を凝らしていると・・・見えて来ました。 ホラ! 
 もう少ししっかりした子に会いたかったのですが・・・またそう言う機会も来るでしょう。

薄みどりのお花は 「ヒョウタンボクの仲間」 だと思うのですが・・・ 調べてみると
「ウスバヒョウタンボク」 と言う名前らしい。 これも今の住まいでは見られないお花!

ナント、シコクカッコソウ! 毛むくじゃらの葉っぱや茎ですが、お花はピンクで可愛い!
 自然の中で見たのは初めてです。 何時までも残って欲しいなあ~  

    アワコバイモ    ウスバヒョウタンボク    シコクカッコソウ1
      アワコバイモ        ウスバヒョウタンボク      シコクカッコソウ

   この花何だろう? ウマノミツバと近いかな?・・・ ペラペラと図鑑をめくると・・・
「アッ、ありました」 フキヤミツバです。 岡山県の吹屋で発見された所から付いた
  名前のようですが、ナンカ言葉の響きが素敵です! いい名前付けて貰ったネ。

シランは昔からこの川沿いにたくさん見られたもので、私にとってとても思い出深い
        花なのです。 今年は白花も見られました。
まだ咲き始めなので、後で写そう・・・と思いながら、写すチャンスが無く帰って来ました。

    フキヤミツバ    DSC09823_01.jpg    DSC09831_01.jpg
      フキヤミツバ            シラン           シラン紅白?

  ユキモチソウもこの仲間ではチャーミングなお花のナンバー1ではないでしょうか?
   出会うと思わずニッコリしてしまいます。 田舎では普通に見られるのですが、
             これも絶滅危惧Ⅱ類になっています。
  ムサシアブミは田舎へ行くと毎日行っている温泉?の庭に植えられていました。
ここの宿泊施設(ブルーヴィラ穴吹)内はいつも綺麗なお花が贅沢に飾られています。
       行くたびに、何が生けられているのか楽しみです。 
職員の方のお母様が丹精込められているようで、父もとても楽しみにしていました。

    DSC00045_01.jpg    DSC_0081_01.jpg    DSC_0060_01.jpg
      ユキモチソウ          ムサシアブミ         施設内の花 

        実家でも父が植えていた木々のお花が色々咲いていました。
 自慢の枝垂れ桜は、大きな葉っぱになっていましたが・・・ バナナの香りのする
         カラタネオガタマ・ツツジやツバキの仲間・・・

    DSC00030_01.jpg    DSC00031_01.jpg    DSC00023_01.jpg
     カラタネオガタマ        ツバキの仲間          黄金ツツジ

              ヤマブキ・シャクナゲ・ハナズオウ・・・

       お~っと、布団を干そうとしたら下敷き用のござにヤモリ君! 

     今はパパ・ママになった子供たちが幼い頃に大受けしたヤモリ君ですが、
            あれから何代目のヤモリ君でしょうか??

    DSC00032_01.jpg    DSC00056_01.jpg    DSC09837_01_20130511233604.jpg
     ツツジの仲間       

      主もいなくなり寂しくなってしまいましたが・・・・・ 
   
               田舎の空気はいつ訪ねてもいいものです。 
    

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは

 珍しい山野草の数々、よく気がつかれ、
情熱とセンスを感じます。
野暮天にはとても勉強になります。

俄歩人  | URL | 2013/05/12 (Sun) 12:45 [編集]


徳島よいとこ

俄歩人様の仰るように、珍しい花の数々、ありがとうございます。
ユキモチソウ、本当にチャーミングですね。何とか一度逢いたいと願っている花です。
他の花も見たことがないものがほとんどですがキレンゲショウマさんも「花が私を呼んでいる」という具合なんでしょうかねえ。

ところで、「主もいなくなり」とありましたが、もしやお父様がお亡くなりになられたとかいうことでしょうか。
私のはやとちりならよいのですが。

ミゾ | URL | 2013/05/12 (Sun) 21:46 [編集]


こんばんわ。

カッコソウは鳴神山で見たことがありますが、シコクカッコソウは見たことがありません。・・というか、四国には行ったことがありませんe-351
四国にもいろいろ固有のお花があるようですね。
ぜひ一度訪れてみたいな~なんて・・

それにしてもお花の名前良くご存知ですね!
勉強させていただいています。

ピテカン&カッパ | URL | 2013/05/12 (Sun) 22:33 [編集]


       俄歩人さま

 いい季節になり、田舎でもちょっとした時間で、新しい場所を歩いて来ました。 
場所が変われば、違ったお花も見られる・・・と言うだけで、情熱・センスなどと
言われると赤面してしまいます。
でも、新しいお花との出会いはとても嬉しいものですね。

 俄歩人さんの自然に対峙する姿勢には、いつもながら感心させられています。
コメントのお礼が遅くなりごめんなさい。

キレンゲショウマ | URL | 2013/05/14 (Tue) 00:53 [編集]


       ミゾさま

 場所が変われば、お花も変わったものが見られるだけですよ。
たまたま今回は予期せぬものにも出会えラッキーでした。ユキモチソウ、可愛いですね。
ミゾさまご夫妻にも是非出会って戴きたいお花です。「花が私を呼んでいる・・・」
早くそんな風になりたいものです。

 先日は、父の四十九日法要で田舎へ行っておりました。
ある程度の年とは言え、予期せぬ早い旅立ちにまだ信じられない気持ちです。
でも実家に着くと現実をつきつけられ、寂しくなります。
ここ数年は一緒に結構濃い時間が過ごせたので、良かった・・と自分に言い聞かせています。
ありがとうございました。

キレンゲショウマ | URL | 2013/05/14 (Tue) 01:07 [編集]


       ピテカン&カッパさま

 鳴神山、色々なお花が見られるいいお山のようですね。四国もなかなか
いい所です。 機会があれば是非お二人で訪ねて下さいね。 
東日本では見られないお花や固有種も結構あるようです。
私も少しづつ歩いて色々なお花に出会いたいと思っています。

お花の名前は、調べるのに少し慣れて来た・・と言うだけで、まだまだです。 

キレンゲショウマ | URL | 2013/05/14 (Tue) 01:16 [編集]


お父様のこと、多分ブログに記されていたのでしょうが横着してつぶさに見ていなかったということですねえ。申し訳ない。

でも「ここ数年は一緒に結構濃い時間が過ごせた」とのお話し、心が温まります。
供養というのは自分の心の中に在るその人の魂を大切に保つことだと考えています。生前に「濃い時間を共にする」とここそ何ものにも優る供養だと思いますよ。
良いお話をありがとう。

ミゾ | URL | 2013/05/14 (Tue) 08:37 [編集]


        ミゾさま

 温かいお言葉を有難うございました。
父の事は、それらしい書き方をしていませんでしたので、気付かれないのは
もっともな事です。

 ミゾさまの供養と言う言葉の中の深い意味合いをしっかりと心にかみしめ、
受け止める事ができました。 ありがとうございました。
心の中にはいつも温かく優しい父の眼差しがあります。 幸せな事ですね。

      

キレンゲショウマ | URL | 2013/05/16 (Thu) 20:46 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)