越前岳~高場所~千束へ

  浮島から (今年はまだ登ってないなあ・・・) と眺めていた愛鷹の峰です。

8日、裾野の山神社から越前岳~高場所~千束までを歩こう・・・と相方に山神社まで
   送って貰いました。 一人の時は、いつも出発が遅くなってしまいます。 

  スギ林の中を登って行きます。 お花は少なく、フタリシズカだけが元気です。
     それでも少しづつ登ると、ポツポツと咲いている花も出て来ました。 
             この時期ムグラの仲間は元気です。 
色々な種類があるのですが、ここで見られるのは、どうやらヤマムグラのようです。

    DSC07490_01_20130608232938.jpg    DSC07492_01_20130608232937.jpg    DSC07500_01.jpg
       スギの植林         ヒメウワバミソウ         ヤマムグラ

 サワハコベも少し見られます。 ギンリョウソウもやっと咲きだしたと言う所でしょうか?
一汗かく頃に、愛鷹山荘へ到着です。 まだ中を見た事がないので、ちょっと様子を・・・
 寝具なども設置され、「5月3日異常ありませんでした」と伝言板に記されていました。

    DSC07511_01_20130608232936.jpg    DSC07518_01.jpg    DSC07523_01.jpg
       サワハコベ           ギンリョウソウ         愛鷹山荘 

山荘から少し登ると、黒岳との分岐の尾根に出ます。 今日は、遅いので黒岳はパス。
緩やかな斜面をゆっくりと登って行きます。 スミレの季節には、ナガバノタチツボ・
     シコク・トウカイ・フモト・タチツボ・マルバなどが見られそうです。

 少しガスって来ました。 鋸岳は見えるだろうか? ちょっと心配になりました。
ガレ場へ着くと・・・スッキリとは行きませんが、どうにかギザギザの姿を見せてくれ
 ました。 (良かった・・・) 遠くにホウノキ・ミズキの白い花が見えています。        

    DSC07528_01.jpg    DSC07542_01_20130608233259.jpg    DSC07550_01_20130608233258.jpg
       富士見峠              鋸岳           ホウノキの花 

 途中、オレンジ色をしたヤマツツジも見えていたのですが、高度が少し上がって来ると
ベニドウダン(チチブドウダン)やツクバネウツギ・少し花期の終えたアシタカツツジが
たくさん見られるようになりました。 アシタカツツジ、5月の終わりから6月の始めが
   見頃だったでしょうね? 登山道から少し覗きこむと・・沢山の株が見えます。  

    DSC07544_01.jpg    DSC07564_01.jpg    DSC07573_01_20130609010639.jpg
   紅満天星(ベニドウダン)        ア  シ  タ  カ  ツ  ツ  ジ

       今日は土曜日、十里木・山神社の駐車場とも満車でした。
  いつもは人と会う事は少ないのですが、さすが休日ですね。 何組かの方と
   すれ違いました。 越前岳近くになって、少し雨が降り出しました。
木々のトンネルの中なので、少し位の雨ならへっちゃらです。 頂上には大勢の人が
      休んでいました。 軽く昼食を済ませ、呼子方面へ下ります。 
      ガスで展望は利きません。 雨具の下だけ履いて出発です。
 下り始めると段々雨足が強くなり始めたので、上も身に着け、少し先を急ぎます。

    DSC07577_01_20130609013356.jpg    DSC07582_01.jpg    DSC07558_01.jpg
      ジンバイソウ          越前岳頂上      ベニバナノツクバネウツギ 

  この分じゃ勢子辻方面に下りるしかないかな? などと思っていたら、雨も上がり
     薄日が差して来ました。 呼子岳手前で、高場所方面へ向かいます。
        鋸岳方面を覗きますが、残念ながら全てガスの中です。

    DSC07551_01_20130609010642.jpg    DSC07613_01_20130609015243.jpg    DSC07611_01_20130609015244.jpg
      ツクバネウツギ       ベニバナヒメイワカガミ      ノギラン

 この辺りで見られるのはアシタカブナでしょうか? 今年はブナの実付きがいいように
      思われますが、しっかりと充実した実になってくれるのでしょうか?
ゆったりとした下りなので、高度はなかなか下がりません。 高場所に到着しました。
                
    DSC07604_01_20130609015243.jpg    DSC07622_01_20130609015242.jpg    DSC07627_01_20130609015241.jpg
       ブナの実           イワユキノシタ          高場所

  ヒノキ林の中を行くと、勢子辻への分岐です。 春にはここから勢子辻への道を
   辿りました。 今日はそのまま直進し、千束へ進みます。 初めての道です。
          分岐を過ぎてまもなく踏み跡が薄くなりました。

    DSC07630_01_20130609020638.jpg    DSC07633_01_20130609020637.jpg    DSC07637_01.jpg
      タンナサワフタギ?      変形育ちのヒノキ       勢子辻への分岐

  歩きやすい空間を探しながら下って行きます。 方向としては合っているけど・・・
   GPSで確認しながら修正しますが、倒木が多く笹に阻まれ藪こぎの連続です。
藪を泳ぎながら1本目の林道に出ました。 林道を行き来し道らしいものを探しますが
   それらしいものは見つからず、隙間を縫って次の林道までまたもや藪こぎ。 

    DSC07640_01_20130609020634.jpg    DSC07644_01_20130609020633.jpg    DSC07648_01_20130609021643.jpg
         道 は 塞 が り 障 害 だ ら け        ヤマハタザオ

  まだかあ・・・と少々うんざりして来た頃、目の前に1本のコアジサイが優しい色で
   迎えてくれました。 ホッ!   余り遅くなっては心配なので少し遠回り
            にはなりますが、林道へ早目に出る事にしました。
   ヤレヤレ、やっと普通の道を歩けます。 本来出る筈の入口を確認し見慣れた
                   車道に出ました。

    DSC07659_01.jpg    DSC07657_01_01.jpg    DSC07671_01.jpg
     またしても藪こぎ         コアジサイ         本来下りる筈の道

         大分下っているので、自宅までこのまま帰られそうです。
  野イチゴを摘んで口に入れながら、丸火自然公園の中を通り、テクテクと歩きます。
途中、セリバヒエンソウの紫色にホッとしたり、オオバウマノスズクサのまだ小さな実を
        見つけて喜んだり、一人でも飽きる事はありません。  

    DSC07679_01_20130609021641.jpg    DSC07683_01_20130609022311.jpg    DSC07711_01.jpg
     セリバヒエンソウ     オオバウマノスズクサの実      ナルコユリ

          暗くなる前に我家に到着です。  ヤレヤレ・・・
 
   でもあの千束から高場所への登山道は、まだ生きているのでしょうか?


comment

管理者にだけ表示を許可する

  こんにちわ
いつもお世話になっていますI市のTS子です
人生初コメント書き込みです。
おかしい所がありましたら ごめんなさい
 
すごいですねー!
藪こぎされたって書いてありましたけど こんなすごい事されていたんですねー

いつも楽しく読ませていただいています。
花の写真もとても楽しみです
6月1日私達の事がでてくる所は嬉しいですね
これからのブログも楽しみにしています。

どんぐり山さま

 こちらこそお世話になっています。
とても素敵なハンドルネームですね。 優しく温かい雰囲気のTさんに
ピッタリです。

 人生初のコメントをこのブログに下さり、感激です。
有難うございました。

今回は、ちゃんと下調べもせず、登山口があると言うだけで踏み入って
しまいました。
久しぶりの藪こぎでしたが、なかなか楽しかったですよ。
やはりここはもう歩かれていないようです。
お花も無いし、もう行く事は無いと思うのですが・・・・・

 1日にご一緒した散策、楽しかったですね!
またよろしくお願い致します。 
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる