お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

苗場山へ  その1

2013/07/14 20:15 ジャンル: Category:山歩き・歩き
TB(0) | CM(1) [Edit]

  以前、秋山郷を訪ねた折りに (いつか苗場山と鳥甲山へ登りたい・・・) と
  思っていました。 そして今回・・・・・ フクシアさんと (←クリック) 苗場山へ
向かう事が出来ました。 ちょっとハードな、大赤沢から頂上を巡り、小松原湿原を
   経由し、風穴へ下り大赤沢まで車道歩きと言う変化のあるコースです。
 歩き始めて細い山道へ入るまでの道標が少なく、何度か確認しながら進みます。
    エゾアジサイ・キツリフネ・ウツボグサ・オニシモツケなどが迎えてくれます。

    DSC00048_20130714023011.jpg    DSC00068.jpg    DSC00097.jpg
       エゾアジサイ          クロヅル            案内標識

 暑い日差しが照りつける中、赤茶けた石の沢を左手に見ながら進むと、小さな
標識があり、やっと登りの始まりです。 沢山のミズタビラコ・ヤグルマソウに別れを
告げると、林内では、ウリノキが沢山見られます。 う~、それにしても・・あ・つ・い! 

    DSC00113.jpg    DSC00117.jpg    DSC00120.jpg
        沢の流れ          ミズタビラコ            ウリノキ

  細い山道をグングン登って行きます。 水を補給しながら・・・汗ダクダクです。
  足元ではミゾホオズキやコナスビが顔を出し、湿った林内は沢山のシダの林です。
  一旦車道に出て、少し下った所から緩やかな登りですが、思っていたより長く、
 登山道を見過ごしてしまったかと少々心配しましたが、やがて見えて来て 「ホッ!」

本格的な山登りが始まりました。 急斜面をそこそこ順調に(私たちとしては・・ですが)
 登ります。 高度が上がって来ると、赤い肌の色々な姿をした巨木が迎えてくれます。
  見上げると葉っぱがヒノキに似ています。 多分クロベではないでしょうか?
 それにしても面白い形をしています。 その根は登山道に大きく伸び、下の土砂は
        流されたのか、空洞状になっている所が多くあります。

         我々の行く先々でトンボが飛び交っていました。

    DSC00169.jpg    DSC00196.jpg    DSC00178.jpg
    赤 い 肌 の ク ロ ベ の 巨 木 群            空を舞うトンボ

 草本の花はまだこの辺りでは少ないのですが、ムラサキヤシオツツジが咲き残り、
  ベニサラサドウダンは今を盛りと咲き誇っていました。 可愛いお花たちです。

    DSC00222.jpg    DSC00273.jpg    DSC00290.jpg
        ヤマシグレ      ムラサキヤシオツツジ     ベニサラサドウダン

    出だしの暑さに少々参ったのか、思いのほか距離が稼げない気がします。
 それでもこれらの木々たちに応援して貰いながら、また、小さな3合目・4合目の
          案内板に力を貰いながら登って行きます。
 何時の間にやら沢山のトクワカソウ?の葉っぱも見られなくなっていました。      

    DSC00284.jpg    DSC00338_20130714024423.jpg    DSC00369.jpg
                         天狗の庭           イワナシ

  道を塞ぐ倒木も多く、大柄なフクシアさんは乗り越え、チビの私は潜り・・・・・
歩くうちに、随分登って来ました。 段々お花も多くなり、それに連れて足も軽くなって
きました。 シャクナゲ・コイワカガミ・アカモノ・ツマトリソウ・コフタバラン・・・ 

    DSC00370.jpg    DSC00385.jpg    DSC00392.jpg
       コイワカガミ         ゴゼンタチバナ          ツルツゲ

  九合目を越え、あとひと頑張りで頂上です。 途中、所々に雪渓が残り、ガリガリと
      掘って口の中に入れました。 「つめた~い、美味しい!」
          
            そして~・・・  やっと頂上に到着です! 

    DSC00354.jpg    DSC00428.jpg    DSC00393.jpg
       雪渓を行く         チングルマ          苗場山頂上 

          珍しく記念写真を撮って貰った後は小屋へ急ぎます。
      挨拶をすると、「今日は10人だからどこでもいいですよ!」 との事。
   「何処から登ったの?」「大赤沢からです。明日は小松原湿原経由で・・・・・」と
     フクシアさんが答えると「余り人の歩かない、マニアックなコースですね」 

            空いている2階にたった二人で陣取りました。

    DSC00402.jpg    DSC00406.jpg    DSC00410.jpg
        山小屋の中から         湿原           幻想的な・・・

  ザックを置いたあと、高層湿原を歩きます。 ガスが流れ、少しづつ姿を変えて行く
その様はなかなか幻想的です。 ヒメシャクナゲ・コイワカガミ・チングルマ・ワタスゲ・・
         少し肌寒く感じる中を、ゆったりと楽しみました。 

            (帰りは?・・・その2へ続きます)

              (今回歩いたコースです。)   

   苗場山

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/07/17 10:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

エコライフ
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム