お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

野山を歩き、川の中をジャブジャブ、そんな中から何かを見つけられると楽しいな・・・

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キンラン・ギンランが満開です!

 近くに咲くキンランやギンランですが、昨年より少し遅れて満開になってきました。
   いつも楽しみにしている集団の子らは、コナラの木陰に守られています。

  イチ・ニ・・・数えてみると、11株から花を咲かせている豪勢な子らです。
   すぐ脇には、苗が育っていますので、来年は12株咲くのでしょうか?

       DSC08243_2017051400022070a.jpg
                  大株のキンラン

          陽の光に誘われて、大きく開いています。
      
DSC08248_2017051400021891d.jpg  DSC08245_20170514000220ed1.jpg

                  凛とした姿は気品さえ感じます。

           DSC08251_2017051400021945f.jpg

  毎年地主さんの手が入り、草刈りが行われ伸びやかに育つキンランたちです。
   夏にはカブトムシやクワガタが遊び、時折網を持った子供達に出会います。

        こういう景色、いつまでも・・・と願わずにはいられません。

       DSC07587_20170514001128c50.jpg

          そうそう、ここではギンランも多くなってきましたよ。
7~8㎝位しかないような子や、まるでササバギンラン?と思わせるような子まで色々。

DSC08236_20170514002530bfc.jpg  DSC08269_20170514002531fe4.jpg

   1つ2つ花を付けた子達が散らばっています。 「アッ、ここにも・・・」

       数えてみると、ギンランは50株近くありそうです。 

キンランはその倍くらいでしょうか? まだまだこの辺りは、自然豊かです。 

DSC08241_20170514003211564.jpg  DSC08238.jpg

    ササバギンラン風に花付きが良く、伸びやかに育つギンランです。
    しっかりと花を開いている子もいます。 それぞれですねえ~・・・

DSC07611_20170514002532687.jpg  DSC07610_20170514002533e6f.jpg

| 植物 | 2017-05-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒトツバタゴが満開でした!おまけのクゲヌマランも・・

  5月の連休は、いつものように孫達も集まり、大賑わいの我が家です。
お泊まり延長のK&Y兄弟を送った後、 「なんじゃもんじゃ」 はどうだろう?と
        相方と訪ねてみました。 数年ぶりのことです。

わ~、凄い! 子供達が遊ぶ広場を抜けてなんじゃもんじゃ広場?に来ると・・・
      見事に咲き誇っているではありませんか! 

DSC07468_2017050902075885c.jpg  DSC07466_20170509020757542.jpg

        どの木をとっても、咲いたばかりのようでみんな新鮮です。
 花を嗅ぐとそれ程感じないのですが、木の下に来ると香りが下りてきます。

DSC07467.jpg  DSC07471_20170509020755f91.jpg

  花時計の丘を中心に、ずら~っと 「なんじゃもんじゃ」 が植えられています。
  案内には 「日本では、木曽川流域と対馬にだけ自生する」 とありました。

   DSC07463_20170509020754b4b.jpg

        ずず~っと見回すと・・・・・ホント、ため息が洩れました。

   DSC07464_20170509020845640.jpg

         ノ~ンビリ、フワッといい時間です。 

DSC07478.jpg  DSC07488.jpg

  木により、葉っぱの存在が感じられたり、真っ白な雪洞のように見えたり・・・
               ほんっと・・・いいですねえ~・・・

        DSC07483_201705090208438d4.jpg

公園の管理をされている方にお伺いしたところ、100本近く植えられているそうです。
   なかなかこれだけのものを見られる公園はないのではないでしょうか?

        DSC07489.jpg

    あと数日は楽しめるのではないでしょうか?  良かった良かった・・・・・

   *****************************

    場所と日にちは違いますが、クゲヌマランがやっと見頃になってきました。
      昨年は100本余り見られましたが・・・・・ 恐らく今年もそれに近い?
  まだ咲き始めでしたので、10センチあるかないかの子も多かったです。(4月末)

        DSC06985_20170509023740fe4.jpg
  
 昨年に比べ少し小さい子が多いようです。ギンランのように距がありません。
         (距の無いギンランもあるようですが・・・)

DSC06984.jpg  DSC06986_201705090237383ea.jpg

             ギンランよりお花が開いています。

DSC06989_20170509023737060.jpg  DSC06988.jpg

用事があり大急ぎで撮ったので、ピンぼけ激しいです。 (丁寧でも変わりませんが・・・)

DSC06996.jpg  DSC06990_20170509023836e19.jpg

   次に来たときに、ちゃんと撮ろう! と思いつつ、今年は行かれないかも?

        DSC06997.jpg

   そして、その近くに咲いていたキンランです。 なかなかいい株です。
      何でこんなところで咲くのでしょう? 不思議だなあ?・・

DSC06998.jpg  DSC06999.jpg

                とっても綺麗なキンランでした!




| 植物 | 2017-05-08 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

色々な場所で、色々なお花・・・

        色々なところで色々なお花に出会いました。
      がっ! なかなかまとまらず、こちらで顔出しです。
 
 散策の帰り道、スミレの群生に気づきました。 車から降りてみると・・・・・
綺麗だね~・・・何だろう? 近づくと・・・アレ? どうやら交雑種のようです。

  葉っぱはシコクスミレ、花はナガバノスミレサイシンに似ています。
交雑は花が賑やかそうらしいのですが、ホントだね! とっても美人さんです。

DSC06760_20170503024009bd5.jpg  DSC06757_20170503024010cb3.jpg
                 ナガバノシコクスミレ

        せっかくなのでもう少し近づくと・・・・・ いいですね~ 
 この子たちの元の子は何処にいるだろう? 周辺には見当たりません。

   ガサガサと林に入るとナガバノスミレサイシンが見つかりました。
道の反対側にはシコクスミレやナガバノスミレサイシン・エイザンスミレの住処が
 ありました。 アリさんが頑張って100m余りの距離、エライオソームを
               運んだのですね?

DSC06768_2017050302400258c.jpg  DSC06766_2017050302400307e.jpg
                  ナガバノシコクスミレ

       こちらは、もっと低地で見られたシロバナハンショウヅルです。
 かなり太くなっていた蔓が道端整理で切られていました。 うわ~・・・と
思っていましたら、植物の生命力は凄いですね。 いくつか蔓が伸び、ちゃんと花を
  付けていました。 少し地味で・・・でも存在感のあるこの花が好きです。

DSC05467.jpg  DSC05478_20170503024440b62.jpg
                 シロバナハンショウヅル

     次の子たちは、だいぶ前にお隣の県で出会った子たちです。
 住まいの近くでは見ることの出来ないジュウニヒトエです。 まだまだ咲き始め
          でしたが、ここでは比較的多く見られます。

DSC04653.jpg  DSC04691.jpg
      ジュウニヒトエ              コタチツボスミレ

そして、コシノコバイモにも出会えました。 4種のコバイモに出会っていますので
           あと半分ですね。 機会があればいつかその内・・・

DSC04776.jpg  DSC04764.jpg
                   コシノコバイモ

    エゾアオイスミレも素敵なスミレです。 今年も会えてよかった・・・・・

        DSC04729_2017050302421204e.jpg
                   エゾアオイスミレ

 ウスバサイシンも地元では見られません。 シャキッとしてて良い姿ですね!
       
        DSC04895.jpg
                  ウスバサイシン

ここまで葉っぱの黒っぽい子には出会っていません。 光を吸収しそうですね。

        DSC04736_201705031046333d1.jpg
                タチツボスミレ(葉黒)

  ヒメニラは、一つの茎に一つの花が咲くと思っていたら、ここでは1~6個までの
 お花が見られます。 所変われば・・・・・(まだ早かったので開花株は少なかった)

        DSC04747_201705031046322f0.jpg
                    ヒメニラ

 もう無くなってしまったかと心配していたヒトツボクロですが、ちゃんと残っていました。
         今年はここの子にも会いに行かなくては・・・・・

        DSC05609_20170503110330307.jpg
                  ヒトツボクロ

             今年も色々なお花に出会えると良いなあ・・・ 


| 植物 | 2017-05-03 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士山麓にも春が来た!

 今年のお花は遅いなあ・・・と言いつつも、すこしづつ季節が移ろっています。
   今年初めてお花を見るために少し標高のある地を訪ねてみました。
   用事を済ませてからですので、いつものように遅い出発です。 

その上・・・さらに寄り道をしながらですので、目的地には何時着けるのやら??

   ちょっと途中の林を覗いてみることにしました。 何か咲いてるかな~?
 我が家近くではもうとっくに終わってしまったナガバノスミレサイシンですが、
 少し標高を増すだけで、ここでは最盛期。 たくさんのお花が咲いていました。

DSC06531.jpg  DSC06530.jpg
               ナガバノスミレサイシン

 同じエリアには、カントウミヤマカタバミも斜面に多く咲いています。 ただ残念
  な事に、花を閉じている子が殆どです。 エイザンスミレもポツポツと・・・

DSC06528_20170502002926d66.jpg  DSC06541.jpg
  エイザンスミレ              カントウミヤマカタバミ

  これから咲くのでしょうか? ツクバネソウも所々で賑わっています。

DSC06543.jpg  DSC06545.jpg
       ツクバネソウ               スルガテンナンショウ

       まだまだこれからの子たちも、葉っぱを広げています。

DSC06550.jpg  DSC06534_20170502003044bf5.jpg
   トチバニンジン                  キバナアキギリ

      わ~、こんなにたくさんあるんだね。 かなりの数です。
数カ所で同じ光景が・・・トンボソウの咲く頃には是非お花に出会いたいものです。

       DSC06552.jpg
                 トンボソウ

             定番のニリンソウもここでは咲き始め・・・

DSC06556.jpg  DSC06553.jpg
          ニリンソウ                  セントウソウ

 やっと目的地に近いところまで到着です。 まだ早いかな~・・・ ちょっと心配。

      いましたいました! 黄色が鮮やかな、コガネネコノメソウです。

DSC06597_20170502003916af1.jpg  DSC06609.jpg
             コガネネコノメソウ    &ヒメニラ

                  イワボタンの仲間もいました。

DSC06565.jpg  DSC06713_20170502022230ed5.jpg
        ヨゴレネコノメ?               イワボタン

  ヤマエンゴサクの花色はとても素敵です。 新鮮で、丁度いい感じです。

DSC06594.jpg  DSC06577_20170502022231e7a.jpg
                 ヤマエンゴサク

         その隣ではジロボウエンゴサクも咲いていました。

DSC06596.jpg  DSC06582_20170502022353959.jpg
   ジロボウエンゴサク               トリカブト

   ミヤマハコベはよ~く探したら、やっと咲き始めた子が見つかりました。
           これからたくさん見られそうです。 

DSC06606_201705020223521a0.jpg  DSC06601.jpg
    ヒメニラ                      ミヤマハコベ 
              
DSC06614.jpg  DSC06579.jpg
   シロカネソウ                   バイケイソウ

       シロカネソウやトウゴクサバノオも咲き始めていました。
     ただ残念なことに、トウゴクサバノオは花を閉じた子ばかりです。

DSC06626.jpg  DSC06625.jpg
   シロカネソウ                 トウゴクサバノオ
  
DSC06624_20170502023756735.jpg  DSC06620.jpg
        トウゴクサバノオ            シコクスミレ

 エイザンスミレに混じってヒナスミレの優しいピンクの色が目に入りました。
                 いつ見ても可愛いスミレです。

DSC06627.jpg  DSC06637.jpg
                      ヒナスミレ

         う~ん、またまた頭を悩ますネコノメソウの仲間です。
  対生だけは確認しましたが、他のチェックを怠りました。 次回の宿題です。

DSC06669.jpg  DSC06695.jpg
         何ネコノメ?              ミヤマエンレイソウ

      グレー色の毛がいっぱい落ちていました。 頭骨も・・・・・
  カモシカかな?と思いましたが、黒っぽいシカもいるらしいので?です。

       DSC06676_20170502023934afe.jpg
                 シカ or カモシカの毛と骨

          ムカゴネコノメソウは富士山麓で多く見かけます。

DSC06717_20170502025112d6f.jpg  DSC06702_20170502025113418.jpg
    エイザンスミレ                 ムカゴネコノメソウ

 ヤマウツボもまだ小さいながらまとまって出ています。 もう少しすると
               もっと目立ってきますね!

DSC06725.jpg  DSC06726_20170502025316788.jpg
                   ヤマウツボ

      シャキッとしたシコクスミレはいつ見ても心地良いものです。
   近くにはナガバノスミレサイシンもいますので、比較的多く見られる
          ナガバノシコクスミレも咲いていました。

DSC06738.jpg  DSC06745_20170502025314fe7.jpg
     シコクスミレ                ナガバノシコクスミレ

 葉っぱはシコクスミレを縦に引っ張って伸ばした感じです。 お花はシコクスミレ似
      だったり、ナガバノスミレサイシン似だったり、それぞれです。 

DSC06746.jpg  DSC06749.jpg
                    ナガバノシコクスミレ

     まだまだ・・・と思っていたタチガシワにも出会え、よかったよかった・・・


DSC06788.jpg  DSC06789_20170502030201188.jpg
   
 山にも春が来ているのがわかり安心です。 では・・そろそろ帰ることにしましょう!


| 植物 | 2017-05-02 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

山間部のお花たち

   4月25日、久しぶりに調査も兼ねて自然の残る山間部を歩いてきました。
ホンの一部しか歩いていません。 もっともっと時間をかけて歩きたい場所です。

  車を止めて出発の準備をしていると、ガサガサ・・という音が聞こえました。
  んっ?と目をやると・・・ナント、カモシカの赤ちゃんのお出迎えでした。 

ジッとこちらを見ていますが、殆ど動きません。 よく見る子たちより、かなり小さい
 ので子供ですね。 暫く写真を撮らせて貰いました。 6~7m程の距離です。

     まだまだ見つめられていますが・・・そろそろ出発しましょう!

DSC06330.jpg  DSC06329.jpg
                   カモシカの子供

    しっとりとした沢沿いの道には、ツルカノコソウが沢山咲いていました。
             これから咲く子もあちらこちらに・・・

DSC06341_20170501214225154.jpg  DSC06338.jpg
                   ツルカノコソウ

    マルバスミレはそろそろ終盤でしたが、それでもまだ花を付けていました。
  ツボスミレは丁度良い具合の花盛り  コミヤマスミレは、もう少し先ですね!

DSC06346.jpg  DSC06376_20170501215305a0e.jpg
        ツボスミレ               コミヤマスミレ

   ミヤマキケマンやキランソウ似のタチキランソウも少しだけ見られました。

DSC06355_20170501214835ec3.jpg  DSC06348.jpg
   ミヤマキケマン                   タチキランソウ

  ウワバミソウがあると思ったら、少し進むとヒメウワバミソウに変わっていました。
  ランヨウアオイも咲き始めで、綺麗な個体が点々と咲いていて、嬉しい事です。

DSC06375_20170501215303284.jpg  DSC06357_201705012148347f6.jpg
        ヒメウワバミソウ              ランヨウアオイ

あっ、このネコノメソウは何だろう? 検索表を持ってきていません。 う~ん・・
 よく見て帰りました。 葉っぱは互生です、となると・・・ツルネコノメソウか
 タチネコノメソウです。 走出枝を持たないようですので、タチネコノメソウ?
        自信はありませんが・・・まあそう言うことで・・・ 

DSC06358.jpg  DSC06369_20170501214832142.jpg
   ランヨウアオイ                    タチネコノメソウ?

DSC06371_2017050122071852b.jpg  DSC06373_20170501215305dde.jpg
        タチネコノメソウ?           ジロボウエンゴサク

      こういう環境ですので、シダの仲間も沢山見られました。
余りたくさんは覚えられないので、すこしづつお友達になっていくことにします。

          リョウメンシダは、すぐにわかりそうです。

DSC06381.jpg  DSC06342_2017050121530249d.jpg
  ヤマハタザオ?                  リョウメンシダ

  この子は誰だろう? 調べてみると・・・どうやらヒロハイヌワラビのようです。
     (と思いますが、自分の判断なので・・・・・  ハハ・・・)

DSC06360_201705012220316cd.jpg  DSC06359.jpg
                  ヒロハイヌワラビ?

    ジュウモンジシダは初めて覚えたシダです。 (ワラビ・ゼンマイ以外で・・・)
       丁度いま新芽が出ていることが多く、とても可愛く綺麗です。 

          ちょっと触ると痛く感じるのは、カンスゲのようです。

DSC06337.jpg  DSC06351.jpg
  ジュウモンジシダ                    カンスゲ

   こんな風にノ~ンビリと、そよ風にあたりながらの散策は、心地良いものですね!

       DSC06362.jpg
                   ミズキの若葉と青い空

   車まで帰り・・・・・ 暫く走ってからカモシカさんはあの後どうしただろう?

 と思い出しましたが、後の祭りでした。 全く呑気な自分だと呆れつつ・・・・・ 



 

| 植物 | 2017-05-01 | comments:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT