お気楽主婦のひとり言&自然の中へ飛び出そう!

ラン、その後・・・

        まだ暫くは、ランラン・・・蘭が賑やかな季節が続きます。

そんな中、出会ったリパリスの仲間です。 場所はまったく・・・バラバラですが。
 一番よく目にするクモキリソウです。 この仲間は皆面白い形をしています。

DSC08268_20170714093322f02.jpg  DSC08269_20170714093321752.jpg
                クモキリソウ

     そして、比較的新しく名付けられたシテンクモキリです。 
写真では少し見にくいですが、唇弁の奥中央に紫黒っぽい色が付いています。 
     それにより、紫点(シテン)クモキリとのこと。

シテンクモキリ1  シテンクモキリ2
                シテンクモキリ

    クモキリソウと似ているようでも、やっぱり顔つきが全然違いますね。

シテンクモキリ4  シテンクモキリ3
                シテンクモキリ

  今年は新しい場所での嬉しい出会いがありました。 大好きなジガバチソウ。
 どうすればこんな複雑な花が出来るのでしょう? それにしても面白い・・・

ジガハチソウ1  ジガバチソウ2
                   ジガバチソウ

ジガバチソウ5  ジガバチソウ4
                   ジガバチソウ

ふと目線を上げると・・・うわっ、クモイジガバチ?  興奮マックスです!

逢いたい逢いたい・・・と思っていたクモイジガバチ! 大喜びしましたが・・・

残念~! 単に木に着生していただけのジガバチソウのようです。 ・・・ハ~ッ。

      またその内逢えるよ・・・と自分に言い聞かせます。 

         ジガバチソウ3
                 木に着生したジガバチソウ

  昨年まで見ていたジガバチソウが、すっかり見当たらなくなって・・・・・

   場所を間違えたのかなあ~・・・とウロウロするも見つからず。 

     やっと探し出した2~3株。 誰かに連れて行かれたのかな~?

         ジガバチソウに

   冬に見つけたドライフラワーとバルブ。 花が咲いてるかな? 

 行ってみると、予想以上に素敵な子が輝くように花を咲かせていました。

             よく頑張ってくれました。

フガクスズムシ1  フガクスズムシ3
                  フガクスズムシ

         見上げると・・・あそこにもいる。 ここにも・・・

 たくさんのフガクさんが住んでいました。 双眼鏡を覗くとずっと上にも・・
  
フガクスズムシ5  フガクスズムシ4
                  フガクスズムシ

  足元には、落下したと思われるフガクさんが、居心地が良いとでもいう風に
           しっかりと4兄姉で住んでいました。

     変な人に見つからないように、ず~~~っと花を咲かせ続けてね。

       フガクスズムシ2
                地面から出ていたフガクスズムシ


        今年もセイタカスズムシソウに逢いに行けませんでした。
               来シーズンこそは・・・・・です。

   あと一種のリパリスの仲間・・・・・ 久しぶりに逢いに行きたいです。

       見られたら、この続きにアップすることにします。 

        ********** 追記 **********

1週間程前に、「ず~っと花を咲かせてね」 と応援していた、地上で頑張っている
   フガクスズムシですが・・・ 行ってみると、跡形も無く消えていました。

              と思っていたら・・・・・
      
どうも、別の場所に移植されたようです。 周辺を歩いていると、こんな所に?
   と少し違和感を感じました。 ここも探した筈。 でも無かったよな~?

     上の写真と比べてみると・・・・・どうやら同じもののようです。

        DSC08376_2017072221320873f.jpg

 だらっと広がり左右が逆ですが・・・ でも、その後の様子が見たかったなあ~。

       フガクスズムシソウは、地上では育たないのだろうか?

        

PageTop

ランの季節がやって来ました  その3

アップが遅れ遅れになってしまっていますが・・・これから旬になる子もいます。
もうお花は終えている子たちですが、出逢った時は最高のコンディションでした。

  こんなに愛らしいお花もいるのですね? 白花さんもいましたよ。

DSC09469_20170630025156395.jpg  DSC09439_20170630030214310.jpg
                     カモメラン

お行儀良く並んで咲く姿も可愛く、花色の濃い子薄い子があり、目を引きます。

DSC09461_2017063002515692c.jpg  DSC00102_20170630025846b0b.jpg
                 カモメラン

  もう咲く頃かな?とちょっと覗いてみると・・・ あっ、咲き始めてる! 
昨年、沢山見られた赤い軸の子は、今年は2株だけ。 ちょっと寂しい・・・
       これからもっと元気になりそうな子たちです。

DSC09148_20170630032026ded.jpg  DSC09159_20170630032025a10.jpg
                 コクラン

        この林には、結構な株数が見られます。 これからだね!

DSC09140_201706300320253dc.jpg  DSC09158_20170630032024419.jpg
                  コクラン

  昨年、偶然であったバルブ。 きっとフガクスズムシソウに違いない・・・
  森に入ってみると・・・まだ蕾でしたが、しっかりと咲いてくれそうです。
      双眼鏡で覗くと・・・この周辺、結構人気スポットらしいヨ!

DSC09665_20170630033132b38.jpg  DSC09673_20170630033131d24.jpg
                フガクスズムシソウ

   以前見られた場所からは、殆ど消えてしまったシテンクモキリ。
 でも、別な場所でこれから咲くだろう子に出会って、ちょっぴりホッ!・・・

DSC09895_20170630033130ec9.jpg  DSC09901_2017063003312916d.jpg
                 シテンクモキリ

       あっ、こんな所にホザキイチヨウランがいました。
     私が出会った中で、一番低い標高で生きている子たちです。

DSC09760_20170630033200e23.jpg  DSC09887_20170630033128e64.jpg
                 ホザキイチヨウラン

          出会ったときは、まだまだこんな状態。 
     来シーズンはしっかり開いた姿に出会いたいものです。

DSC00147_20170630031058ab6.jpg  DSC00146_20170630031059696.jpg
                キバナアツモリソウ

     今年初の出会いは、いつもの場所ではありませんでした。
  3~4株あったのですが、1株は、動物に茎から囓られていました。
            この子たちを食べないでよ・・・ 

DSC09410_20170630034106867.jpg  DSC09411_20170630034105e34.jpg
                  キバナノショウキラン

  そして、久しぶりに出会ったアオチドリです。 とっても新鮮な子たちでした。

DSC09413_2017063000084830c.jpg  DSC09422_201706300008476b3.jpg
                   アオチドリ

      昨年は大きな花束状態だったツチアケビも今年はおとなしめ・・・
        とは言うものの、この空間に40~50株は見られます。

DSC09114_20170630102343c15.jpg  DSC09117_201706301023426af.jpg
                 ツチアケビ

  昨年ドライフラワーを見つけていたのですが、「咲き始めたよ~」 と教えて
    頂き、ちょっと覗いてきました。 なかなか良い株が見られました。

DSC09201.jpg  DSC09198_20170630100526094.jpg
                     ツチアケビ

   昨年、緑色の子が見られたヒトツボクロ、ドキドキしながら行ってみると・・・
      アレ?普通の子に戻った?? 確かここだったと思うけど・・・・・
          まあ、とりあえず・・・逢えただけで嬉しいものです。

DSC09242_201706301005238be.jpg  DSC09239_2017063010052432c.jpg
                   ヒトツボクロ

   年々小さく寂しくなっていくジガバチソウですが、今年もどうにか花を咲かせて
  くれました。 なかなか素敵なお花です。 周辺を少し歩いていると・・・・・

DSC00536_20170630102226748.jpg  DSC00537_20170630102226623.jpg
                  ジガバチソウ

   こ~んな所に、大きなジガバチソウが住んでいました。 良かった~。
     もしかすると、もう少しいるかもね? でも今日は時間切れです。

DSC00543_20170630102224498.jpg  DSC00542_201706301022256bd.jpg
                 ジガバチソウ


       場所や日にちはバラバラですが、ランの仲間・・・いいですね! 

              また頑張って逢いに行ってきます。


PageTop

ランの季節がやって来ました  その2

  日にちばかりが過ぎていきます。 折角のお花も古くなってしまった・・・ 

                   気を取り直して・・・・・

     6・7月はランのお花が見頃です。 今年も会いに行ってきました。
         小さくて可愛く存在感のあるコアツモリソウです。

DSC08919_2017062407115953a.jpg  DSC09022_20170624071158ee1.jpg
                   コアツモリソウ

 良く目にするタイプの子に混じって、シロバナのコアツモリソウも住んでいました。

DSC09051_2017062407274532f.jpg  DSC09031_2017062407115700a.jpg

          場所が変わると、周辺の雰囲気も少し違ってきます。

        DSC09152.jpg

          シロバナの子は昨年初めてその存在を知りました。

DSC00200_20170624071930025.jpg

    今年初めて知った、その中間型? 少しエンジ色が残っている子です。

              DSC00213_201706240719279a7.jpg

   こちらも同じタイプのようです。 それにしても、ユニークなお花ですネ!

     DSC00205_20170624071928da3.jpg

  今年もそこに居てくれました。 昨年よりちょっぴり増えて嬉しい事です。

DSC09122_201706262350381bb.jpg  DSC09123_201706262350379ed.jpg
                   コフタバラン

   距のないギンランだと思うのですが、花の付き方がちょっと違う・・・
               スリムな感じかな~?

DSC08937_20170626235035733.jpg  DSC08938_20170627000538b3e.jpg
                  距の無いギンラン

  ササバギンランの大売り出し! 沢山見られますが、この時はまだ殆ど蕾。

DSC09242_2017062623503633a.jpg  DSC09065_20170627000536c36.jpg
                   ササバギンラン

 そして、スポットライトを受けて呼び寄せてくれたのは・・・光合成は難しい
       葉っぱです。 そっと摘まんでみると、蕾はありそう・・
              でも、逢いに行けませんでした。 

         DSC09302_201706300002233c3.jpg
                   多分・・ササバギンラン

  そして、2ヶ所で出会ったサカネラン。 こちらも残念ながら、一番見頃は過ぎて
           いたようです。 でも逢えてよかった。 

   DSC08993_20170627000537c87.jpg   DSC09264_20170630001925be6.jpg
                       サカネラン

     イチヨウランも清々しいお花で・・・お気に入りです。

DSC09322_2017062700053210b.jpg  DSC09329_20170630000851f28.jpg
                   イチヨウラン

        こんな・・・苔むした空間が好きな子たちなのです。

DSC09819_20170630023159530.jpg  DSC09826_20170630023158084.jpg
                   イチヨウラン

   細くて見つけにくいかな?と思いきや、以外と目立つ存在の子です。
             あちらにも・・・そしてこちらにも・・・

DSC09346_201706300011039f1.jpg  DSC09338_20170630000850df9.jpg                      
                   ヒメムヨウラン


             その3まで続きそうです。 


PageTop

ランの季節がやって来ました。 その1

 春が遅かった今年も、いつの間にかランの開花の声が聞こえる季節となりました。
   ちょっとウッカリしていましたら、もう一番良い時期は過ぎていたようです。

  でも・・・せっかくですので、まだギリギリ楽しめる子の登場です。 

DSC09731_20170613105120baf.jpg  DSC09733_2017061310511999b.jpg
                 サイハイラン

用事の帰りに立ち寄ったものですから、夕日が森の中へ長く光を伸ばして
       いました。 ちょっと元気がないサイハイランです。

DSC09736_201706131051189d4.jpg  DSC09747_20170613105117c9d.jpg
                 サイハイラン
  
            光が透ける花弁がなかなか良い感じです。

DSC09744_20170613105116d4f.jpg  DSC09742_201706131052470a7.jpg
                 サイハイラン

  ムヨウランの仲間も彼方此方に出てはいるのですが、しっかりとお花を見せて
        くれる子はいませんでした。 この子も今ひとつ・・・

DSC09751_201706131052444b6.jpg  DSC09707_20170613105246dea.jpg
               ムヨウランの仲間

      一番開いていたのはこの子です。 これで精一杯かな??

DSC09703_20170613105245530.jpg  DSC09711_20170613105243785.jpg
               ムヨウランの仲間

  クモキリソウも咲き始めたようです。 タイムアップで、これ以上は探せません。

DSC09757_20170613105652f3b.jpg  DSC09759_20170613105651dca.jpg
                クモキリソウ

     大分前の写真になってしまいますが、今年もエビネに出会えました。
もう終っている・・・と思ったのですが、良い状態の子を見つけ、それならば・・・と
              エビネのはしごをしてしまいました。 

DSC00022_20170613110051c8d.jpg  DSC09952_20170613110052e73.jpg

 確かここにもあった筈ですが・・・見当たりません。 場所を再確認しましたが
やはり間違いないようです。 30株ほどあったエビネは葉っぱ1枚残すことなく
          消えてしまいました。 ガッカリです。  

DSC09966_20170613110049b3f.jpg  DSC09965_201706131100518a9.jpg

      でも、新しく見かけたところもあり、気持ちを切り替えます。
       場所によってすこしづつお花の色も違って、いいですね!

DSC09991_20170613110117958.jpg  DSC00026_201706131101161a5.jpg

             優しい色合いのエビネは可愛いですね。

      DSC09992_201706131100483d5.jpg

          スズムシソウも時々新しい産地が見つかります。

            DSC09618_201706132023431f8.jpg

             ラン科植物はやっぱり魅力的ですね。 


PageTop

ヨウラクランが見頃になりました。

      いつも見る場所のヨウラクランが咲き始めたようです。 
    
今年出逢ったヨウラクランのその後の様子はどうなっているでしょうか?
   天気も良さそうですし・・・相方を誘って様子を見てきました。 

わ~、咲いています。 小さい小さい花なので、開花しているかどうか分かりづらい
      のですが、ルーペで見るとしっかりと開花しているようです。

DSC00127_201705290407566ca.jpg  DSC00140_20170529040755017.jpg

    少し薄い色の子がいたり、濃いめの色の子がいたりで面白い!

DSC00142_201705290407553c3.jpg  DSC00141_20170529040754fe9.jpg

 写している時には気付かなかったのですが、もう種子を持ち始めた子もいます。
       緑色をした子もいるとのことですが、そう簡単には・・・・・

DSC00128_20170529040753f4f.jpg  DSC00150_20170529041037cb5.jpg

  と思っていましたら・・・・・ あっ! ホントにいた! もうビックリです。 

DSC00130_201705290410377eb.jpg  DSC00131_2017052904103602e.jpg

           この周辺ではポツポツ見ることが出来ました。

DSC00166_201705290410341e6.jpg  DSC00157_20170529041035cab.jpg

  別の場所でも同じように咲き始めていました。 伸びやかに育った子や・・・
        コケや地衣類の中でノ~ンビリしている子も・・・

DSC00177_20170529042158e43.jpg  DSC00184_20170529042157556.jpg

            この子は特に明るく、いい色をしています。

DSC00188_20170529042403b16.jpg  DSC00191_20170529042156987.jpg

 垂れ下がって咲く子が多い中、ここでは上向きに開いている子も多かった。

DSC00196_20170529042155d69.jpg  DSC00194.jpg

      大満足の後、ノンビリと相方のお供でウォーキングです。

         ここでは、クモランもポチポチ潜んでおりました。

DSC00242_20170529042401604.jpg  DSC00254_20170529042400764.jpg




  

PageTop