今年の山の恵みは??

   もうすっかり秋ですね! 残暑を飛び越えて、いきなり秋に突入!

     この所、山に向かうと、秋の恵みが目に付くようになりました。
 今年は豊作かな? たわわに実ったサルナシやヤマブドウを見つけました。

  ブドウの仲間で、葉っぱの裏に毛が無いのは、このサンカクヅルです。
数年前に見かけ、富士山麓にあるのを知りました。 それ程美味しくは無いの
        ですが、自然の味の酸っぱさを感じます。

DSC09187_201709230952487b3.jpg  DSC09186_201709230952494f4.jpg
                     サンカクヅル

     手前に見える細長い葉っぱは、ヤマノイモの葉っぱのようです。

          DSC09184_2017092309525081c.jpg
                    サンカクヅル

     里でも見られ、一番多く目にするのは、このエビヅルです。
 熟すのも早いようですね。 まだ青いものもありますが、もう食べられ
      そうです。 少し摘まんでみると・・・もう一息かな?

DSC09466_201709261155504ff.jpg  DSC09464_201709261155491ee.jpg
                     エビヅル

               この酸っぱさも自然の味ですね!

DSC09468_201709261155489e7.jpg  DSC09470_20170926115547213.jpg
                      エビヅル

  葉っぱは多く見かけますが、実が付いたものに出逢うのはなかなか難しい。
    付いたとしても、まばらな感じの子が多いのはヤマブドウです。

 そんな中、こんなにたわわに実ったヤマブドウもありました。 凄い凄い~
           まるで植栽された商品のブドウのようです。
       熟した頃来たいねえ~・・・などと話していたのですが・・・

DSC09658_20170923093840f05.jpg  DSC09659_20170923093840faf.jpg
                      ヤマブドウ

    まだまだ熟していない筈の頃、寄ってみると・・・アレレ???
 まだ青いはずのブドウが、全く見つかりません。 おかしいなあ・・・
こんな時期に持ち帰ってもどうしようも無いはずなのに・・・ ガッカリです。

        それにしても凄いでしょ?  粒も大きく揃っていました。

          DSC09660_201709230938394bd.jpg
                       ヤマブドウ

       サルナシも今年は沢山実が付いているようです。
 こんなたわわに実っている姿を所々で見ていますので、少しは食することが
   出来そうです。 横に切るとキウイそっくりで、何回見ても感動です。

DSC09176_20170926120140af4.jpg  DSC09177_20170926120139d89.jpg
                    サルナシ

  ホラ、こんなに付いています。 それも目線ですのでチビの私でも充分
  手が届きます。 あと1週間から10日くらいで食べ頃になるでしょうか?

        柔らかく美味しくなるのはもう少し先かなあ?・・・

DSC09181_20170926120137b8f.jpg  DSC09179_20170926120138392.jpg
                    サルナシ

   サルナシをもう少し細長くしたような実を付けるのは、ミヤママタタビです。
今年はまだ確認をしていません。 これもサルナシと同様とても美味しい山からの
   贈り物です。 はい!動物からお裾分けして貰う気持ちで頂きます。

        秋は木の実探しも・・・ 楽しみな季節となってきました。 




富士山麓のお花たち  その1

 富士山麓車道脇には、枯れ笹に絡まるように沢山のジイソブの姿が見られます。

  今年は彼方此方で数は圧倒的に少ないバアソブとの出逢いがありました。
       それより1ヶ月前後遅れて、いまジイソブの花盛りです。

DSC01268_201709172238003e9.jpg  DSC01270_2017091722375914a.jpg
                   ジイソブ

         バアソブに比べ、少しお花が大型ですね! 
       このタイプのお花は愛嬌があっていい感じです。

        DSC01271_20170917223758d82.jpg
                   ジイソブ

 久しぶりに訪ねてみると・・・ イヌショウマが丁度見頃になっていました。

DSC01284_20170917223757557.jpg  DSC01275_20170917223757395.jpg
                  イヌショウマ  

 イヌショウマの隣には、サラシナショウマがあと少しで開花しそうです。
同じ頃咲く、と思っていたのですが、僅かにイヌショウマが早いのですね! 

葉っぱも違い、花柄があるのがサラシナショウマ、花柄無しはイヌショウマです。           

DSC01280_2017091722390569c.jpg  DSC01278_2017091722390450a.jpg
     サラシナショウマ                タイアザミ

 クモ毛があって、総苞片は曲がらないのは、アズマヤマアザミのようですが、
          アザミの仲間も地域性もあり、難しい・・・

       イヌトウバナも一面に広がると、なかなか綺麗ですね。

DSC01312.jpg  DSC01276.jpg
  アズマヤマアザミ               イヌトウバナ

    ナガバノウナギツカミなどが咲き始めると、やっぱり秋ですね!
 フシグロセンノウもそろそろ店じまいのようですが、まだまだ綺麗どころ。

   DSC01286_20170917223902deb.jpg   DSC01293_20170917224745641.jpg  DSC01294_201709172247435d8.jpg
  ナガバノウナギツカミ        フシグロセンノウ          モミジガサ

   真っ赤な実のトチバニンジンは薄暗い森の中ではよく目立ちます。
中に、黒い目玉風なのが付いていて、これはソウシシヨウニンジンと言うのだそうです。

DSC01305.jpg  DSC01291_20170917224746c5e.jpg
       トチバニンジン                ソウシシヨウニンジン

キバナアキギリも良く咲いていました。 それにしても面白い形をしているなあ・・

DSC01316.jpg  DSC01317_20170917224914510.jpg
                    キバナアキギリ

  なかなか愛らしいマネキグサです。 ここでは余りにも陽が入らないためか、
  葉っぱは沢山あるものの、開花しているのは思ったより少ない感じです。

DSC01298_20170917224918e0f.jpg  DSC01302_20170917224917112.jpg
                      マネキグサ

            いつまでもこの姿、見続けたいものです。

       DSC01306_20170917224916682.jpg
                      マネキグサ

     あっ、今見えたのは・・・ピンク色をしたツリフネソウです。 
     下りてみると、ヤッパリね! なかなか可愛いお花です。          

DSC01319.jpg  DSC01321_20170917235542b9b.jpg
                   ピンク色をしたツリフネソウ

   普通のツリフネソウと並んで咲いています。 何処が違うのだろう?
葉柄が有るのと無いの? いや、両方有るなあ・・・ 葉柄の付いている場所に
      よるものかも知れないし・・・ 今度じっくり確かめてみよう。

DSC01326_20170917235542d82.jpg  DSC01328_2017091723554099c.jpg
   普通のツリフネソウ&ピンクのツリフネソウ

  そしてこちらは・・・ 剣山の麓で8月に出逢ったハガクレツリフネです。
このネーミング、最高だと思います。 どんな人が名前を付けたのだろう?
      葉っぱの下に隠れるように花が咲いています。

DSC00494_201709172359088af.jpg  DSC00493_20170917235907255.jpg
                 ハガクレツリフネ(8月、剣山の麓)



富士山の花  移り変わり その4

  さらに少し時間が経ちました。 少し枯れた感はあるものの、草紅葉っぽく
                     なってきました。

DSC01215_2017091721071390b.jpg  DSC01214_201709172107141c3.jpg
                  紅葉ずる

            車道の脇にはお花畑の斜面が広がっています。
     シロヨメナかな?と思われるお花や、ヤマハハコ中心のお花畑も・・・
      写真には撮り損ねましたが、ハナイカリ一面のお花畑も・・・

DSC01217_201709172107125ea.jpg  DSC01219_20170917210711e8d.jpg
                広葉樹下のお花畑

        DSC01226_201709172108070ec.jpg

               アザミも良く咲いてきました。

        DSC01228_2017091721080575c.jpg
                   車道脇のお花畑
  
        DSC01228_2017091721080575c.jpg
                  ちょっと覗くと・・・お花畑

   少し標高を下げると、針葉樹下にはメタカラコウが行儀良く並んでいました。

DSC01233.jpg  DSC01230_20170917210803f19.jpg
                      メタカラコウ

     森の中は気持ちが良いですね! 苔むした木々も目に付きます。
      うわ~、しっとりと良い感じの樹です。 近づいてみると・・・
    着生したミヤマダイモンジソウのお花盛りでした。 すご~い、綺麗です!

  DSC01241_201709172109125c7.jpg  DSC01245.jpg
                    苔むしたイタヤカエデ

              フワフワのコケの上で気持ちよさそう・・・

   DSC01243_20170917211506c1c.jpg   DSC01242_20170917210910ed4.jpg   DSC01248_20170917211506573.jpg
                   ミヤマダイモンジソウ

        テンニンソウの群生は何処でも見かける景色です。

DSC01239_201709172109127af.jpg  DSC01235_2017091721091389a.jpg
        テンニンソウ               マムシグサの仲間

  こちらはヤマハッカのようです。 もうこんなに季節が進んでいるのですね?

DSC01253_20170917213426735.jpg  DSC01254.jpg
                         ヤマハッカ

 最後に・・・楽しみにしていたイボタヒョウタンボクには、余り実が付いていない。
          久しぶりにいい子に逢いたかったのになあ・・・

        DSC01263_20170917213424c7a.jpg
                    イボタヒョウタンボクの実


富士山の花 移り変わり  その3

8月28日、前回から1週間後です。 今回は、須走口登山道脇のお花も含みます。

           フジアザミも良く咲いてきました。

DSC08657.jpg  DSC08656.jpg
      ノコンギク?               フジアザミ

イワツメクサもまだ咲き残っていました。 須走口では結構見られるムラサキモメンヅル。

   DSC08658_20170917154813143.jpg   DSC08659_201709171548128c4.jpg   DSC08660_20170917154811638.jpg
  イワツメクサ    ムラサキモメンヅル     タイアザミ?

            クサボタンも薄紫の花を咲かせています。

         DSC08662.jpg
                   クサボタン

   富士宮口、右も左も・・・車道をズッと飾っているヒヨドリバナです。 

DSC08709_20170917154922776.jpg  DSC08703_2017091715492324c.jpg
   ミヤマオトコヨモギ           ヒヨドリバナ

  途中、ガスが巻いたり、小雨も落ちていましたが、五合目まで来ると
    こんな青空が広がっていました。 気持ちいいね~・・

        DSC08707_201709171549210a5.jpg

             頂上には少し雲が掛かっています。

        DSC08708_20170917154920947.jpg
                   頂上を望む

  草むらの色とりどりのお花は自然な感じです。 イワシモツケ・・お花は?

DSC08713_2017091715544518b.jpg  DSC08711_20170917155444fa5.jpg
                               イワシモツケ

         1週間前と同じ花が、今もまだまだ咲いています。

DSC08712_2017091715544215a.jpg  DSC08714_20170917155443dd5.jpg
 ミヤマアキノキリンソウ           トモエシオガマ 

                 もう少しお花が楽しめそうかな?         

DSC08717_20170917161621fdc.jpg  DSC08718_20170917161623d5b.jpg
      タイツリオウギ              ヒメシャジン

DSC08720_201709171616228f3.jpg  DSC08727_201709171616202c7.jpg
  ミヤマシャジン               イワオウギ            

       DSC08723_20170917161619615.jpg
                 ヤマトリカブト?

   カラマツにも新しいマツボックリが付いていました。 紅葉はもう少し先・・・
     フジハタザオは早く咲くので、もう種子をしっかり付けています。

DSC08724.jpg  DSC08715.jpg
     カラマツ                 フジハタザオ

                     こんな景色や・・・・・

       DSC08735.jpg
                  ヤマハハコを中心に

                   こんなお花に見送られ・・・

       DSC08737_201709171618213c4.jpg
                  キオンを中心に

少し下ってくると、マルバダケブキが花盛り、そこに集まってくるアサギマダラに

               「 こんにちは! 」 

DSC08683.jpg  DSC08687.jpg
                  マルバダケブキ

   何頭いるかな? マツノハマンネングサは残り花でしたか・・・ 

DSC08680_201709171622583e0.jpg  DSC08695_20170917162257517.jpg
        マルバダケブキ               マツノハマンネングサ

   林床には、ツルシロカネソウがまだポツポツと咲き残っていました。

DSC08673.jpg  DSC08666_20170917162429306.jpg
    ミヤマタニタデ              ツルシロカネソウ

   アオベンケイは残念ながら、まだ蕾み。 もう咲いているでしょうね?

DSC08690_20170917162428602.jpg  DSC08697.jpg
         アオベンケイ              オシャグジデンダ

   確かこの辺・・・ 探したのですが、フタバの子が見つかりません。
消えちゃったのかな? ガッカリして歩いていると、ちょっと違った場所で
     慰めてくれるように、1本咲き残ってくれました。

             「 ありがとう! 」 

DSC08699_20170917162426c3b.jpg  DSC08700_2017091716242600d.jpg
                     タカネフタバラン

            この続きの様子、あと何回見られるかな?



富士山の花 移り変わり その2  

    富士山のお花、前回より3週間ほど経過した8月21日の様子です。
   オレンジ色のクルマユリに変わって、紫色の花が際立っていました。

大好きなシャジンの仲間です。 富士山には、ミヤマシャジンとヒメシャジンが
       住んでいます。 両者は萼片の違いで区別できます。

DSC09899_20170917132842cc4.jpg  DSC09900_20170917132841e7d.jpg
           ミヤマシャジン(花柱が少し出ている・萼片は全縁)

  萼片に鋸歯があるのは、ヒメシャジンです。 どっちが多いのだろう?
         まだちゃんと調べたことはありません。

DSC09919_20170917132839f5c.jpg  DSC09916_201709171328409c8.jpg
              ヒメシャジン(萼片に鋸歯あり)

 車窓からでも沢山見られます。 駐車場の石垣でも枝を伸ばしています。

        DSC09970_20170917132838a21.jpg
                ミヤマシャジン

 シモツケもまだ咲き残り、新鮮なトモエシオガマが多く咲き始めていました。

DSC09890_20170917132953d6f.jpg  DSC09912_20170917133309d3e.jpg
    シモツケ               トモエシオガマ

    ミヤマアキノキリンソウも、駐車場や遊歩道で多く見かけます。

    富士宮口でのムラサキモメンヅルの個体数は多くありません。
         全国的にも珍しいお花ではないでしょうか?

DSC09905_20170917133311345.jpg  DSC09895_20170917132952baa.jpg
  ミヤマアキノキリンソウ             ムラサキモメンヅル

  高山型のイタドリの仲間も多いです。 似たものにオンタデがあります。
         今回、写していませんでした。 

DSC09896_2017091713295493d.jpg  DSC09894_201709171329550ab.jpg
                 フジイタドリ(オノエイタドリ) 

      タイツリオウギとイワオウギも紛らわしいお花たちです。
萼の部分や、葉っぱで違いを見ることが出来ますが、何と言っても果実です。
       タイツリオウギは、ぷっくりした豆果がひとつ。 

DSC09904_201709171329526f5.jpg  DSC09911_20170917133312f3c.jpg
                    タイツリオウギ

   それに引き替え、イワオウギは3~5に括れた豆果が付きます。

        DSC09958_20170917141913fce.jpg
                    イワオウギ

黄色いお花のキオンもよく目立ってきました。 キオンは花が茎の先に横広がり
   に付き、アキノキリンソウの仲間は、散房状または総状に付きます。

DSC09897.jpg  DSC09905_20170917133311345.jpg
       キオン                ミヤマアキノキリンソウ

        DSC09954_2017091715284665c.jpg
                       キオン

     車道脇では、これらのお花が入り交じって草原を飾っています。

DSC09927_20170917133918a24.jpg  DSC09922_201709171339177fa.jpg
      ミヤマアキノキリンソウ・ミヤマシャジン?・トモエシオガマ・ハナイカリなど

  イネ科に混じり、タカネアオヤギソウも点々と見られます。 地味な色なので
           そう目立つことはないのですが・・・

DSC09936_201709171339166ee.jpg  DSC09934_201709171339156b5.jpg
                 タカネアオヤギソウ

  ミヤマオトコヨモギもなかなか渋いのですが、目にしてくれる人は少ない??

DSC09946_2017091713404739a.jpg  DSC09932_20170917133915c48.jpg
  ミヤマオトコヨモギ                 トモエシオガマ

ヒゴタイの仲間は多くて難しいのですが、これはヤハズヒゴタイでいいのかな?

DSC09962_201709171340456fa.jpg  DSC09962_201709171345223ca.jpg
                 ヤハズヒゴタイ

  富士山のヤマホタルブクロは、厳しい環境にあり背丈が小さい・・・
         その割に大きな花を付けるのです。

DSC09944_20170917134046b3c.jpg  DSC09963_2017091713452373e.jpg
                ヤマホタルブクロ

ここに来て、ヤマハハコの白が目立ってきました。 斜面いっぱい白くなるのですが、
               今年はナンカ寂しい気がします。

          シャジンの仲間と一緒に頑張っています! 

        DSC09976_2017091713452262e.jpg
                ヤマハハコ&シャジンの仲間

   草丈が伸び、周りに負けないように、さらに背を伸ばして光を受けます。
富士山のお花たちは忙しい・・・短い期間で芽を上げ、花を咲かせ、虫たちの力を
      借りて、種子を付け寒い冬を乗り切るのですから・・・・・

  私のようにまったり、ノンビリしていては、子孫を残すことは絶対無理!!

        DSC09940_20170917134046919.jpg
               キオン・イタドリ・アザミの仲間

        車道沿いの広葉樹の下は、ちょっとしたお花畑です。
            (コフウロは少し下ってからのお花です)

DSC09986_20170917135511fa0.jpg  DSC09988_2017091713551256f.jpg
        シロヨメナ?キオンなど             コフウロ

   これはヤマトリカブトでしょうか? この仲間も・・・頭が痛い。
 でも、シャキッとした濃い青紫はとっても良い色です。 形も面白い・・

DSC09983_20170917135513fe2.jpg  DSC09981_2017091713551422f.jpg
                     ヤマトリカブト?

      道路っぱたで、何やらつついているのは・・・わからん??

        DSC09948_20170917134520c11.jpg
                       誰?


エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる