久しぶりの積雪です!

    2月2日、朝目が覚めると一面の銀世界が広がっていました。
わ~凄い!何年ぶりの積雪でしょう? 子供たちが幼い頃は、年に1~2度は
        雪が積もり庭や近くの広場で遊んだものです。

DSC03485_20180208013759880.jpg  DSC03490.jpg

   雪はホンの2~3㎝で、お昼過ぎには大方溶けてしまいましたが・・・

        DSC03486_20180208013758623.jpg

       「そうだ! 今日は金曜日、チビたち遊びに来ないかなあ~」
        と言う事で、夜に迎えに行き翌日は雪遊びとなりました。

 午前中に観察会が行われ、午後からはそのまま残って遊ばせて頂きます。
集合時間が迫っているというのに、チビたちは駐車場の雪で遊び始めました。

                 「お~い、行くよ~」

DSC03497_201802080137573e2.jpg  DSC03499.jpg

 この時期、おまけに標高1000m弱の地にはお花は見られません。 
      それでも地衣類・コケ・シダ・冬芽の観察が出来ます。
     コブシの花芽や葉芽は温かなお布団に包まれています。

DSC03502.jpg  DSC03504.jpg

1年生の男の子は地衣類に興味を持ったようで、色々なところで探しています。
     チビたちは雪に興奮し、まるで子犬のようなはしゃぎようです。

DSC03505.jpg  DSC03506_20180208015129b70.jpg

        観察会を終えた後は、ソリ遊びをすることにしました。
 Yはソリを片手に何度も登っては滑り、また登っています。 お兄ちゃんのKは
           少し滑った後・・・もういいようです。

DSC03508.jpg  DSC03509.jpg

広場では豆まきの催しがありました。 並んでまめを受け取るのですが、Kは
   まったく興味が無いようで、誘っても 「いや、いい」 というばかり。
   Y・相方と3人で豆まき用のマメを頂き、まもなく鬼の登場です。

        DSC03516_20180208183658b4b.jpg
 
 Yは嬉しそうに豆まきをし、終ってからも鬼さんの前から暫く離れません。

DSC03524.jpg  DSC03525.jpg

 さ~て、外の雪で遊ぼうか・・・と帰ります。  がっ、それからが長い・・・
     雪の斜面をよじ登ったり滑ったり・・・楽しそうです。   

        DSC03530.jpg

    踏み跡の無い新雪へ入り、寝っ転がったり、足跡を付けたり・・・
     それはそれは楽しそう・・・ コンナ雪余り見かけないものね!

DSC03536.jpg  DSC03534_20180208183800d13.jpg

                 雪の上で大の字になり・・・・・

        DSC03543.jpg

             起きた後には・・・ こんな雪形がありました。

DSC03537.jpg  DSC03544.jpg

     出口近くの階段も二人で転がり・・・ もう止めようもありません。

DSC03546_20180208184437ad0.jpg  DSC03547_20180208184436b29.jpg

    さあ帰ろう・・・と言ってから、とても長い時間園内に滞在しました。

少し車を走らせ、雪遊びをします。 いつのまにか雪合戦が始まり一汗掻きます。

DSC03549.jpg  DSC03548.jpg

   富士山も何だかにこにこ顔? 冬芽や葉痕も見られます。

DSC03555_20180208184535b66.jpg  DSC03553_20180208184434241.jpg

Kが 「かまくらを作ろう」 と言い出し、皆で雪を集め1時間以上かけて小さな
             かまくらが出来上がりました。 

雪山を作り、中の雪を掻き出すのはなかなか大変。 傘や手足を使い交代で
             穴掘りをした結果、やっと・・・

DSC03558.jpg  DSC03562_20180208184533470.jpg

  ちょっと小さすぎたようですが、どうにか入ることが出来ました??

        DSC03563_20180208184532947.jpg

          さ~て、そろそろ帰ろうよ。 


雪を被った越前岳

 ほぼ50年ぶりの大寒波到来! やっと冬タイヤに換えて貰い、何処の山が
いいかな?・・・ いつも一人で歩く毛無山は、今年は山友と歩く予定ですので、
     久しぶりに十里木から越前岳へ登ることにしました。

雲の間から光がこぼれ緑・ピンク色の彩雲が現れましたが、薄い彩雲は何故か
   写真に写っていない・・  現れては消え、また現れ・・・

        DSC03166.jpg

 ひと登りして展望台までやって来ました。 眼下にはこどもの国や十里木
  ゴルフ場が広がっています。 その奥にある富士山は雲の中です。

   DSC03173.jpg

凍ってもいず、適度に踏まれた雪はとても良い状態です。 木々のドライフラワー
            を確認しながらゆっくりと登ります。

  ここに設置されたライブカメラは、点検中でした。 雪が降った為?

DSC03177_201801272004024a2.jpg  DSC03176_20180127200402c3c.jpg

さらに登ると、毛無山山塊も雪に覆われていました。 残念ながら南アルプスは
          望めませんが、前衛の山並みは見えています。

DSC03180.jpg  DSC03187_201801272004544e5.jpg

馬の背見晴台からの眺めはとてもいいです。 頂上へは行かなくとも、ここまで
    歩きを楽しみ、景色を眺め帰られる方も結構いらっしゃいます。

直下でお目に掛かったご夫妻も 「馬の背でラーメンを食べて帰ってるんですよ」
    と話されていて、近い将来の我家の姿を思い描きました。

   DSC03184.jpg

馬の背では単独の男性の方も休んでおられ、やはり本日はここまでとのこと。
私の方は出発が遅いので、ゆっくりはしておられません。 挨拶をし出発です。

DSC03189.jpg  DSC03196.jpg

少し横道にそれ、別コースを歩くことにしました。 静かな森の中です。
  多くはありませんが、どなたかのトレースを使わせて頂きます。

雪の中からコケが顔を覗かせていました。 ピョンピョンパッ!の足跡は
   ウサギさんです。 小さな足跡はリスか何かでしょうか?
          動物の痕跡が所々残っていました。

DSC03207.jpg  DSC03201_201801272010188ef.jpg

 針葉樹・広葉樹、さらにこの辺りはアセビがやたら多くなってきました。
   雪も深くなってきたのでスノーシューを付けて登っていきます。

DSC03198.jpg  DSC03215_20180127201016dc2.jpg

     キョロキョロしながらさらに登ると、ブナが多くなって来ました。
アシタカブナと呼ばれるようですが、何処が違うのだろう? わかりません。

  富士山麓は多くは地衣類に覆われていますが、ここでは色が濃い!
地衣類というより、コケが多く付いているようです。 全体に黒っぽい感じです。

        DSC03210_201801272010167be.jpg

 これはコケシノブの仲間でしょうか? 乾燥気味に樹木に付いていました。
ブナ・ヒコサンヒメシャラ・ツツジの仲間も多いようですので、お花の時期に
              また足を運ぶことにしましょう。

DSC03227_20180127201408cab.jpg  DSC03212_20180127201409067.jpg

ツルアジサイのドライフラワーが雪の中に落ちていました。 この辺りは
       イワガラミよりツルアジサイが多いようですね。

 うわっ、ブナの木にコブがいっぱいです。 これは病気なのでしょうか? 

DSC03233.jpg  DSC03235_20180127201407eaf.jpg

 途中で見た頂上付近は、霧氷が見られましたがこの時間になってはあまり
    期待できませんね。 でも、少しだけ残っていて何だか嬉しい・・・

        DSC03240.jpg

   途中、3組の方々に出逢い少しお話ししてやっと頂上に到着です。
直下でお昼を済ませた先客の単独男性に挨拶をし、まずは景色を楽しみます。
駿河湾も輝いています。 呼子岳へのトレースはありません。いいなあ・・
               でも・・・う~~、寒い!! 

DSC03244.jpg  DSC03248.jpg

      葉が落ちて、上部だけですが富士山もよく見えています。
           やはり雪を被った富士山は素敵ですね! 

        DSC03255.jpg

                     ふ~っ・・・

        DSC03256_201801272217457e2.jpg

   おっと、霧氷はどうだろう? 裾野方面の木々にはまだ残っていました。
                    よかった、よかった・・・

        DSC03257_20180127235446dbc.jpg

           春になったらあちらへも足を伸ばそう・・・

遅めの昼を済ませ、コーヒーで温まりほ~っとしますがすぐに寒さが襲ってきます。
      食べたリンゴが冷たく、口の周りが凍えるようです。

         長居は無用! 元来た道を下っていきます。

        DSC03262.jpg

一方向にだけ雪が残っている木々に目をやり、時折景色を楽しみザックザック!

DSC03279.jpg  DSC03268.jpg

   途中から足元を軽アイゼンに換えて軽快に?下って行きます。
たくさん実の付いていただろうツルウメモドキ・アブラチャンに目を留めます。

DSC03284_20180127235444a13.jpg  DSC03296.jpg

         ほぼ下りてきました。 あと一息で駐車場です。 
       あっ、シカの足跡です。 斜面を登っていったようですね。 

DSC03289_2018012723554030c.jpg  DSC03298_2018012723553987f.jpg

     展望台からは左側に入り、行きとは別コースを帰ります。

              DSC03301.jpg

              さ~て、我家へ向かうことに致しましょう。

野鳥観察会

 少し戻ってしまいますが・・20日浮島周辺で野鳥観察会が行われました。
   今年は、2時間コース・4時間コースに別れて観察をします。
野鳥の知識は皆無ですが、ちょっと違うコースも歩きたくて、4時間コースに
      参加します。 25名のうち5名で、さ~出発です。

講師のKさんに続くと、いつものように藪をこぎ蔓を跨ぎ、まるで探検隊です。
       我々が動くとパ~ッと鳥たちが飛び立ちました。

DSC03072_2018012512133419c.jpg  DSC03071_20180125121334852.jpg

 沼川沿いではたくさんの水鳥が羽を休め、また泳いでいました。

DSC03074.jpg  DSC03079_2018012512133180e.jpg
       オオバン

            こちらにいるのはカワウのようです。 
   川沿いの土手では、トウカイタンポポが蕾を付けていました。 

DSC03084_201801251213238ce.jpg  DSC03076_20180127002855509.jpg


    電線に留まり鋭い目で物色中のチョウゲンボウ?もいますよ。

        DSC03091 (2)

            こちらはダイサギだったかな? 

        DSC03094.jpg

  お行儀良く泳いで幾何学模様の水面を作っているのが面白い!

        DSC03099.jpg

 カラスウリが、カラカラになりながらもまだしっかりとくっついています。

忙しそうにアッチヘコッチへと飛び回っているのはスズメです。 双眼鏡を覗き
  込みながら 「オッ、ニュウナイもいるねえ~」  私「ニュウナイ?」
「ソウ、ニュウナイスズメだよ」 私「へ~っ」 皆さん詳しい方ばかりでした。

DSC03102_2018012512342926e.jpg  DSC03101_20180125123428495.jpg
    カラスウリ             早咲きの桜

 川沿いには早咲きの桜が見られます。 早咲きと言ってもまだまだ・・
 と思っていたら・・ナント!まだ少ないのですが、咲き始めていました。

       ホトケノザも陽当たりの良い場所では、満開でした。

DSC03111_20180125123427661.jpg  DSC03103_201801251234284b8.jpg

アレッ、この白い実は何だろう? ナンキンハゼにしては大きすぎるし・・中身が
    3つに割れてもいません。 恐らくセンダンかと思うのですが・・・
 それにしても綺麗で立派な実です。 クラフトにも利用できそうです。

DSC03113_20180125123426ac2.jpg  DSC03085.jpg

       水面ギリギリで飛んでいるのはコサギかな?
 行きには蕾だったタンポポも、帰りにはたくさん花開いていました。
この時期の子は殆ど国産ですが・・・最近はちょっと怪しい子もいます。 

DSC03120_20180125123505c7a.jpg  DSC03090_20180125121419852.jpg

  そしてこちらの強そうな子は、ノスリだとか・・・なかなか格好いい!
    
        DSC03121 (2)

       眼光鋭く・・・と思っていたら餌を見つけたのか急降下!
         成果の程は・・・確認できませんでした。

        DSC03122_20180125123504b04.jpg

  他にもキセキレイ・カワセミ・ツグミ・・・たくさんの野鳥に出逢い
4時間余りの観察会を終えました。 野鳥も少しは覚えたいなあ~・・・

     そうそう、ハイイロチュウヒが見えるかも?との事でしたが

  (看板は出ていませんでしたが?) 残念ながら本日はお休みでした。 



今年初のノンビリ山歩き

     新しい年に入って20日余り、まだ山歩きは出来ずにいました。
もうそろそろ始動しなければ・・・と、山梨県山中湖村と静岡県小山町の県境
三国峠から三国山・楢木山・大洞山・アザミ平・立山を経由し須走浅間神社
             まで歩くゆるゆるコースです。

この季節、カワラタケの仲間でしょうか? カラカラのキノコが目につきます。

DSC02911_201801232340211c1.jpg  DSC02913_20180123234021df2.jpg

アブラチャンやブナの落ち葉を踏みながら登ると、まもなく三国山に到着です。

DSC02916.jpg  DSC02919_20180123234019998.jpg

 ここからは緩やかな尾根歩きが続きます。 このコース久しぶりの歩きです。
お花は無いけれど、山歩きは楽しい。 ただ、本日は全国的に晴れ予報なのに
太陽は姿を見せてくれません。 それどころか小さな雨粒が落ち始めました。

DSC02924_20180123234313527.jpg  DSC02925.jpg

でもまあ、大雨になることは無いでしょう。 お喋りをしながら久しぶりの歩きを
       楽しみます。 この辺りはブナが豊作だったようですね。
落ちていた実を確認すると・・・みんな中身が空っぽです。 シイナばかり・・・

 美味しい実はここの主が食べてシイナのみ残ったのだといいのですが・・・

DSC02936.jpg  DSC02930_201801232340573d2.jpg

   ホントにゆったりとした森の中です。 小さな樹木ばかりですが・・・

   DSC02945_20180123234055a2c.jpg

 横縞模様があるので、このオレンジ色の木はヒコサンヒメシャラのようです。

DSC02950_20180123234648504.jpg  DSC02948_20180123234647bae.jpg

大きく曲がったブナの木もあります。  森の中で目立つのはコケばかりです。
  コケやシダも少しは覚えられるといいのですが難しい・・・ 

DSC02949_20180123234646821.jpg  DSC02957.jpg

         これはハイゴケ??  う~ん・・・

DSC02958.jpg  DSC02961_201801232347400c3.jpg

  楢木山を越え、大洞山を目指します。 森の中がガスってきました。
篭坂峠から登り、ほぼ逆コースを歩かれている若い男性とすれ違いました。
         この日出逢ったのはこの方だけでした。

DSC02964_20180123234740742.jpg  DSC02959_201801232347390c7.jpg

相変わらずガスの中歩きです。 ここかな?と思ったさらに次のピークが大洞山
でした。 さらに進みます。 以前はお花畑が広がっていたアザミ平も数年前
       訪ねると、とても寂しい光景となっていました。

その後歩いていませんが、今度はお花の季節に同じコースを歩いてみよう・・

DSC02965_20180123234738f49.jpg  DSC02973.jpg

 アザミ平・・・篭坂峠への道は何度か歩いていますが、ここからのコースは
 初めてです。 初めての道はこの季節でもちょっとワクワクドキドキです。 

DSC02984_20180123235640442.jpg  DSC02985.jpg

  足元には落葉樹の葉っぱがいっぱい! 斜面の変化で育っている樹木の
 違いが感じられるのも興味深い。 大きな木に出逢うと思わずニッコリです。

DSC02988_201801232356387a5.jpg  DSC02993_20180123235638d5b.jpg

     オシャグジデンダでしょうか? 丸まった様子が可愛い~。
          ソーラスもしっかりと付いています。

DSC03005_20180124000017e08.jpg  DSC03001_20180124000019fe9.jpg

 枝先にはツルアジサイが登っているようで、ドライフラワーが残っています。

DSC03013_20180124000018580.jpg  DSC03002_20180124000018179.jpg

                      キノコやコケの仲間・・・

DSC03014_2018012401380153b.jpg  DSC03021.jpg

                 コケに混じって地衣類も見られます。 

DSC03027_20180124013759f25.jpg  DSC03029_201801240137589e3.jpg

   これはオオバヤシャブシでしょうか? この仲間もまだ判らずにいます。

DSC03045_2018012401375816e.jpg  DSC03019_201801240133592e4.jpg

  春に向けての準備中の子は、恐らくダンコウバイ。 早く逢いたいね!

DSC03048.jpg  DSC03062_20180124013848198.jpg

   木々の様子も変わり、グングン下って・・・ もう少しで終点です。
  でもちょっと気をつけていると・・・ へ~、コンナ所にもいたのね?
  春早めに見られるツノハシバミの花は、そろそろ準備段階です。

   最近目に付くようになったご当地マンホール、ここ小山町では
               金太郎さんの登場です。

DSC03064_20180124013847536.jpg  DSC03065_20180124013846c7a.jpg
        ツノハシバミ              ご当地マンホール

           ゆったりと楽しめた歩きでした。
 
     でも、もう少し天気が良いと良かったなあ・・・ 


年末年始の孫たち

        年末年始は、子供・孫たちで大賑わいの我家です。
写真も撮れない状況ですが、カメラを確認すると少しだけ記録が残っていました。
お正月・5月の連休は我家に、8月は四国の実家で過ごすのが定番になっています。

           全員集合で13名、楽しいけれど大変だ~・・・

              今年の夏はどうなるかなあ?・・・

      昨年末は、孫たちとチリメンの布でお手玉を作ることにしました。
熱中しているのは3年生のMです。 なかなか器用で一昨年はマフラーを上手に
作っていました。そして従兄弟のYの分もチクチクと針を動かし作ってくれました。

DSC02445_20180116105842536.jpg  DSC02451_20180116105841c3e.jpg

    2年生のKとIは、とても仲良し。 こんな光景を良く目にするのです。

                    DSC02504.jpg 

           1週間後、KとYが2泊3日でやって来ました。
 七草摘みのお付き合い、そしてチョッピリ砂金掘りにでも出掛けましょう。

   河原で煮込みラーメンで腹ごしらえをして、基地作りをし遊びます。

DSC02626_2018011610330315f.jpg  DSC02625_201801161058393f1.jpg

              
        DSC02628.jpg

   先日の誕生日にお父さんから貰ったというスケボーに嵌っているKです。
           隙を見つけては嬉しそうに乗っています。

        DSC02634.jpg

 もう時間が無くなっちゃうよ!  移動して、孫たちは初砂金掘りに挑みます。
   パンニング姿を撮るはずが・・・もうすっかり忘れてしまっていました。
  3回ほどパンニングをして、本日は終了です。 今度はモットゆったりね!

           成果は?・・・・・   Kは3粒、Yは1粒でした。 

           DSC02635 (2)

 翌日の7日は浮島公園で、羽子板作りと七草がゆの試食が行われました。
 自作の羽子板で、当日仲良くなったお友達と飽きず羽根突きをして
                  遊んでいました。

            まずは七草摘みとそのお勉強。

洋風・塩味2種の七草がゆ・小豆がゆとヤブツル小豆がゆ・副菜数種・
         デザートを味わって観察会の終了です。 
   本日は120名の参加者で、6つの鍋はあっという間に空っぽです。

DSC02643_2018011611085036f.jpg  DSC02644_20180116110849fbd.jpg

             終了後も二人は駆け回って遊んでおりました。

        DSC02651_201801161108490e9.jpg

    この日もカワセミがたっぷりとその美しい姿を見せてくれました。
 
        DSC02657.jpg

                          また遊ぼうね!

       
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
プロフィール

キレンゲショウマ

Author:キレンゲショウマ
お花を見ながらノンビリ山歩きが好き!鉱物・砂金が好き!ボンヤリ寝っ転がって空を見上げるのが好き!ワクワクするのがだ~い好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる